カテゴリー: は行

ファットテイルジャービル

ファットテイルジャービルは太い尾が特徴であり、手のひらサイズの小ささが可愛らしいネズミ種の動物です。
ファットテイルジャービルは近年、ペットとしても販売されるようになり、おとなしい性格であるために飼育しやすい動物でもあります。
今回はファットテイルジャービルの生息地や特徴などの生態を始め、ファットテイルジャービルの様々な魅力についてご紹介していきます。

ホッキョクオオカミ

ホッキョクオオカミは、白く長い毛が神秘的な美しいオオカミです。
その名の通り、北極圏(ほっきょくけん)を中心に生息しています。
とても寒い雪国の環境の中、見事な狩りで大きな獣(けもの)を仕留める姿は大迫力です。そんなホッキョクオオカミの生態について解説していきます。

フェネック

フェネックはイヌ科の中でも最も身体が小さく、毛や体の構造が生息域に適しており、特徴的な大きな耳とキツネのような愛くるしい顔立ち、巣穴を掘るのが得意な動物です。
フェネックは野生や動物園だけではなく、ペットとしても近年人気になってきており、エキゾチックアニマルとしてペットショップで販売されるようになりました。
今回はフェネックの生息地や特徴などの生態を始め、フェネックの様々な魅力についてご紹介していきます。

ホッキョクウサギ

ウサギと言えば、長い耳とまるっとした姿が愛らしい小型の動物です。ウサギの種類は豊富で、少し変わった特徴をもつ種類もいます。ホッキョクウサギもその一種。
長い耳とまるっとした姿は変わりませんが、驚くのは立ち上がったときの長い脚。いっときは「コレジャナイ感」として話題になりました。ホッキョクウサギならではの愛らしさがクセになってしまいそうですね。
日本では馴染みのないホッキョクウサギ。その生態をみていきましょう!

フンボルトペンギン

突然ですがここで問題です。「日本で最も飼育数が多いペンギンといえばなんでしょう?」
正解は「フンボルトペンギン」です!フンボルトペンギンは日本全国さまざまな場所で飼育されている鳥なので、一度は見た事ある方も多いのではないでしょうか。そのせいか、日本はフンボルトペンギン大国と呼ばれているんですって。
ですがその一方、世界でフンボルトペンギンの生息数は年々減少しています。一体なぜ数を減らしてしまったのでしょう?
あれこれ隠れているフンボルトペンギンの秘密について、早速覗いてみませんか?

ハリモグラ

ハリモグラって知っていますか?
ハリネズミに、名前も姿も似ているけれど、ネズミともモグラとも違う、卵を産む珍しい哺乳類(ほにゅうるい)です。
珍獣とか生きた化石とも呼ばれるハリモグラには、不思議なことがいっぱいあるんですよ。ハリモグラの不思議を探しに行こう。

フレミッシュジャイアント

皆さんは「フレミッシュジャイアント」というウサギを知っていますか?世界には大きさも色もさまざまなウサギが存在していますが、フレミッシュジャイアントは最も大きなウサギのひとつとして数えられています。
基本的にウサギは、一度の出産で8匹前後の赤ちゃんを産みますが、フレミッシュジャイアントはなんと、一度に18匹もの赤ちゃんを出産した記録が残っているんだとか。
そんなビッグウサギの秘密について、早速覗いてみましょう!

ハレクイン

唯一無二のユニークな模様をもつちょっと変わったウサギといえば?そう、「ハレクイン」です!
日本で見かける機会はほとんどないため、もしこのウサギをご存知でしたら、なかなかのウサギ通といえるでしょう。
初めて名前を聞いたという方も、ハレクインファンの方も改めて一緒に秘密を探ってみませんか?

フィヨルドランドペンギン

皆さんは「森の妖精」と呼ばれているペンギンをご存知ですか?
ペンギンといえば氷上の上で暮らしている光景を思い浮かべるものの、今回このページでご紹介する「フィヨルドランドペンギン」は、珍しいことに森の中でひっそりと暮らしている鳥なんです。
そのためミステリアスな部分も多く、まだ解明されていない部分も多いんだとか。
森の妖精と呼ばれる彼らは普段どんな暮らしをしているのでしょうか?早速、覗いてみましょう!

ホッキョクギツネ

あなたはホッキョクギツネという、全身の毛が真っ白で耳が小さいキツネを知っていますか?
その名前の通り北極圏周辺に生息するホッキョクギツネは、日本の動物園ではあまり見かけることのない動物です。
そのため「初めて名前を聞いた」、「実際に見たことがない」という人も多いかもしれません。
ホッキョクギツネを知っている人も知らない人も、この記事で彼らにどんな特徴や秘密があるのか一緒に見ていきましょう!