投稿者: 津田まさき

カワセミ

カワセミは私たち人間にとっても身近な鳥で、人間の生活圏で観察できます。スズメやカラスと違って、鮮やかな体を持つカワセミは愛好家の間でも人気がある鳥です。
そんなカワセミが、実は宝石のヒスイと深い関わりがあることをご存じですか?鮮やかな青色の体ですが、実は青くないということをご存じですか?
本記事ではカワセミのさらなる魅力に迫ってみたいと思います。

モグラ

モグラは土を掘り、地中で生活する動物です。その珍しい習性から知名度は高く、知らない人は少ないと思います。
しかし、生涯のほとんどを地中で過ごすため、見たことがない人も多いはず。そのためか、「土を掘る」という習性以外で、モグラの生態はあまり知られていません。
そこで今回は知られざるモグラの生態を一緒に見ていきましょう。動物界の大工さんであるモグラ、実は私たち人間の知らないところで激しい合戦が行われているのです。

スズメ

日本でもっとも身近な鳥と言えば、スズメを想像する人も多いのではないでしょうか。スズメはカラスやハトと並んで、日本で多く生息する鳥類です。小柄なその体はとても愛くるしく、「かわいい」と感じる人もいるでしょう。
しかし、これだけ身近な鳥であるにもかかわらず、一般的に知られていないことがたくさんあります。
今回は身近な鳥、スズメの知られざる生態を見ていきましょう。

ハリネズミ

ハリネズミは、全身ハリに覆われてうかつに触ることも恐ろしい見た目でありながら、キュートな顔と小柄な体つきで「かわいい」と人気があります。
手足が短く、くるっと丸まった姿は愛くるしく、ペットとして飼われることも多くなりました。しかし、犬や猫ほど一般的ではなく、野生の姿を見ることも多くありません。
ペットとしてのハリネズミだけではなく、野生動物としてのハリネズミの生態も見ていきましょう。

エイ

エイと言えば、魚らしくない体と羽ばたくような泳ぎ方を想像する人が多いのではないでしょうか。
その優雅な姿は水族館でも人気があり、食い入るように見る子どももいるほど。大きな姿は見る人に感動を与えますが、実は10cm程度の小さなエイがいることをご存じでしょうか。
実はエイの種類は非常に豊富で、一般的に知られてないことはたくさんあります。たくさんの不思議を持つエイの生態を少しずつ見ていきましょう。

ヤモリ

日本でもっとも身近な爬虫類と言えば、ヤモリが挙げられます。昔から日本に生息し、窓の外側に張り付く姿にビックリしたことがある人も多いのではないでしょうか。
「爬虫類」というだけで苦手意識を持つ人は多いですが、クリッとした目と小柄な体から「かわいい」と人気があることも事実です。
しかし、身近でありながらも一般的にヤモリの生態はあまり知らない人がほとんど。そこでヤモリの生態や、ちょっとした疑問を見ていきましょう。

タツノオトシゴ

「魚」と聞いて思い浮かべる形は平べったくて、流線型のあの「魚」でしょう。そして、その形状とはまったく違う魚として、タツノオトシゴが存在します。
タツノオトシゴは、名前から竜を連想できるため、子どもから人気がある種類です。
「魚」と言われてもなかなかピンとこないタツノオトシゴの生態を一緒に見ていきましょう。

ライチョウ

ライチョウは、高山帯に生息する鳥で、日本では特別天然記念物に指定されています。
個体数が少なく、街中で見かけないので、一般的になじみ深くありません。しかし、特徴的な姿は昔から登山者に愛されています。
本記事では、あまり知られていないライチョウの生態や特徴を解説しています。一緒にライチョウの魅力に触れてみましょう。

マントヒヒ

マントヒヒは日本に生息しておらず、あまり馴染みのないサルと言えるでしょう。そのため動物園では珍しさからそこそこの人気があり、足を止めて見る観光客も多く見られます。
ちょっと滑稽な顔の形をしていますが、見た目に反して気性が荒い性格です。
一般的にはあまり知られていないマントヒヒの生態。どんな生物なのか一緒に見ていきましょう。

ニワトリ

現代人にとってもっとも身近な鳥はニワトリと言えるでしょう。
スズメやカラスのほうが身近だ、という意見もあるかもしれません。たしかに街中ではニワトリよりスズメやカラスのほうがよく見かけるでしょう。
しかし食生活を考えてみてください。玉子に鶏肉、ニワトリの恩恵がない日のほうが少ないのではないでしょうか。
ニワトリが身近であるにもかかわらず、ほとんどの人はニワトリの生態を知りません。そこで今回はニワトリの生態について、一緒に学んでいきましょう。