このページは、分類に基づいて動物を探すことができます。

Ads

哺乳類(ほにゅうるい)

気温が変わる場所でも一定の体温を保ち、赤ちゃんはお母さんのお腹で守られ、産まれたら母乳で大きくなる動物の仲間といえば?そう!哺乳類です!
それ以外にも陸上や海面の上で肺呼吸をしたり、2心房2心室という4つの部屋で構成された心臓を持っているのも、哺乳類にみられる特徴といえます。でも中には鳥のように卵で産まれてくるもの、外の気温によって体温が変わってしまう哺乳類もいるんですよ!ビックリしますよね。
そんな私たちヒトの仲間、そして身近な生き物でもある哺乳類の世界について、楽しみながら秘密を覗いてみませんか?

アイアイ

アイアイ

あなたはアイアイという、マダガスカル島だけに生息する原始的なサルの仲間を知っていますか? 有名な童謡「アイアイ」で歌われているので、名前だけは知っているという人が多いのではないでしょうか。 アイアイは童謡で歌われているかわいらしいイメージとは裏腹に、実は生息地では悪魔の化身と恐れられている動物でもあります。 この記事でアイアイにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
アザラシ

アザラシ

ある時はテレビのニュースで話題になり、またある時はアニメのモデルにもなったかわいいアザラシです! 水族館でもよく見かけるので知名度も人気も高いアザラシですが、人間との関わりも深いって知っていましたか? そんなアザラシの生態や暮らしぶりを見ていきましょう!
アシカ

アシカ

あなたはアシカという、とっても賢い海生哺乳類(かいせいほにゅうるい)を知っていますか? 多くの水族館で飼育されていてショーに出演することも多いので、1度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。 身近な存在であるアシカですが、実は昔日本にも生息していたこと、その体には海で生活するためのたくさんの秘密が隠されていることなど、意外と知られていないことが多い動物でもあります。 この記事でアシカにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘア

タビーのしま模様がきれいな、日本でも人気のあるアメリカン・ショートヘアです! ネコに詳しくなくても、名前は聞いたことある!という人も多いはず。 人気があるのは知っているけど、性格や歴史までは分からないなぁ・・・そんな風に思った方もいるのではないでしょうか? では一緒に、アメショともよばれているネコの魅力をのぞいてみましょう!
アメリカンカール

アメリカンカール

くるんとカールした耳がチャームポイントのアメリカンカールです! 実は「ネコのピーター・パン」ともよばれているんですよ。 ペットショップなどで見かけることは少ないため知る人ぞ知る品種ともいえますが、このページをきっかけにアメリカンカールについて興味をもってもらえたら嬉しいです!
アメリカンファジーロップ

アメリカンファジーロップ

皆さんはアメリカンファジーロップという名前を聞いたことがありますか? アメリカというと、他のウサギみたいに体が大きくてたくましそうなイメージを思い浮かべる方も多いはず。 でもこのアメリカンファジーロップは、小さな体にふわふわした毛と垂れ耳という・・・とてもかわいらしい見た目をした動物なんですよ。 通称アメファジともよばれるウサギの世界について、ひみつを探ってみませんか?
アライグマ

アライグマ

アニメのモデルにもなった、見た目もかわいらしいアライグマです! ですが、かわいい顔の裏側にはあまり予想できないような性格だったり、 私たち人間との関わり方も色々と複雑なところがあるようです。 このページを見てアライグマとの付き合い方を考えるきっかけにしてみませんか?
アラスカンマラミュート

アラスカンマラミュート

は、シベリアンハスキーを思い浮かべたのではないでしょうか。 しかし、今回ピックアップしたいのは「アラスカンマラミュート」です。外見もよく似ているのですが、名前もなんだか似ていますね。 日本ではシベリアンハスキーほどの知名度はありませんが、魅力いっぱいのアラスカンマラミュート。どんな犬なのか一緒に見ていきましょう!
アリクイ

アリクイ

アリクイといえば、長い舌を器用に使ってアリを食べているイメージがありますね。アリのような小さなエサで満腹になれるのか不思議に感じませんか? 特にオオアリクイは体が大きいので、少しの量では足らないと思います。1日にどれくらいの量のアリを食べるのか想像してみましょう。 実は、オオアリクイは1日に3万匹ほどのシロアリを食べます! アリクイはあまり有名な動物ではないので、生態について知らない人も多いのではないでしょうか? アリクイについて詳しく知るために一緒に探ってみましょう!
アルパカ

アルパカ

あなたはアルパカという、もこもこしたやわらかい毛が特徴的な動物を知っていますか? 動物園や牧場で飼育されていることも多いため、実際に見たことがある人も多いことでしょう。 アルパカはヒツジに似ていますが実はラクダの仲間で、なんと数千年も前から人間と一緒に生活してきたという長い歴史を持つ動物です。 この記事でアルパカにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
アルマジロ

アルマジロ

アルマジロといえば、体を丸めて身を守るイメージがある動物ですね。 敵に襲われても反撃(はんげき)することなく、動かずに丸まって攻撃を耐えます。可愛らしい姿をしているので守ってあげたい気持ちになりますね。 実は、アルマジロはペットとして飼育することができます。小さな足でチョコチョコと小走りで歩き回る姿を見ると、虜(とりこ)になってしまいますよ。 アルマジロについて詳しく探ってみましょう!
イタチ

イタチ

に、ふさふさで触ってみたくなりますね。 しかし、そんな見た目に反して、イタチがとても凶暴なことを知っていますか?今回は知られざるイタチの生態を見つつ、ちょっとした疑問を解決していきましょう!
イッカク

イッカク

あなたはイッカクという、とても長くて不思議なツノを持つクジラの仲間を知っていますか? イッカクはその立派なツノから、伝説の生き物・ユニコーンのモデルではないかと考えられている動物です。 しかし飼育することが難しく、実物を見るためには生息地である北極海に行かなければならない動物でもあります。 この記事でイッカクにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
イヌ

イヌ

あなたは「太古の昔から人間と協力しながら一緒に暮らしている動物は?」と聞かれたら、何と答えますか? この質問の答えは…そう、私たちにとって非常に身近な動物である「イヌ」です。 イヌの姿は街を歩いている時はもちろん、テレビやSNSなどのメディアでもよく見かけますが、意外とその歴史や背景について詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。 この記事でイヌにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
イノシシ

イノシシ

ニュースやネットでも話題になることが多く、私たちの身近で暮らしている野生動物といえば・・・そう、イノシシです! 皆さんはイノシシと聞いてどんなことを思い浮かべますか? 恐らく「凶暴で怖そうだし、出会ったら襲われそう。」と悪いイメージをもっている人が多いと思います。 確かにイノシシに襲われてケガをしてしまった事例もあるのですが、イノシシには意外な性格が隠れているって知っていましたか? イノシシのひみつを知ることで、今まで見えてこなかったイノシシの世界に興味がわくかも知れませんね!
イリオモテヤマネコ

イリオモテヤマネコ

あなたはイリオモテヤマネコという、沖縄県の西表島(いりおもてじま)だけに生息している珍しいヤマネコを知っていますか? イリオモテヤマネコは生息数が少なく、絶滅の恐れがあることから絶滅危惧種と国の特別天然記念物に指定されています。 そんなイリオモテヤマネコは実は発見されてから50年ほどしかたっていない、いまだに謎が多い動物でもあります。 この記事でイリオモテヤマネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
イルカ

イルカ

水族館ショーで目玉のひとつにもなっている、大人気のイルカです! 水中を泳ぎまわる姿は美しく、ボール遊びをする姿はかわいいですよね。 穏やかそうに見える性格のイルカなのですが、実は凄いパワーの持ち主だってことを知っていましたか? あなたの知らなかったイルカの世界、のぞいてみましょう!
イングリッシュスポット

イングリッシュスポット

皆さんは「イングリッシュスポット」というウサギを知っていますか?学校で見かけるパンダウサギにも少し似ていますが、こちらはまた別の品種です。 日本で見かけることはあまり無いので、初めて名前を聞いた!という方も多いはず。 では一体、イングリッシュスポットとはどんなウサギなのか?早速このページで確認してみましょう!
イングリッシュロップ

イングリッシュロップ

ビックリするほど大きく垂れ下がった耳が特徴的なウサギといえば?そう!イングリッシュロップです。 耳も大きいですが体も大きく、歴史上最も古い垂れ耳ウサギといわれています。日本ではあまり見かけることがないので、初めて名前を聞いたという方もいるのではないでしょうか? 垂れ耳小型ウサギの元祖とも呼ばれているイングリッシュロップについて、詳しく探ってみませんか!
インパラ

インパラ

あなたはインパラという、アフリカに生息している草食動物を知っていますか? インパラは中型のレイヨウの1種で、飛ぶように軽やかに走ることで知られています。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、実際に見たことがあるという人は少ないのではないでしょうか。 この記事でインパラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ウォンバット

ウォンバット

愛嬌たっぷりの顔がキュート!ちょっと不思議な動物のウォンバットです! 日本で飼育している動物園は数少ないため、初めて名前を聞いた!という人もいるのではないでしょうか? のんびり&ゆったりと暮らしていそうなウォンバットですが、実はちょっと意外な性格が隠されているのです。 そんなウォンバットの不思議な世界をのぞいてみませんか?
ウサギ

ウサギ

最近はペットとして子どもからはもちろん、大人からも人気があるウサギです!見た目や仕草がとっても可愛いと有名ですよね。 動物園の触れ合いコーナーや、街中にあるウサギカフェで気軽に会える、私たちにとって身近な動物のひとつといえるでしょう。 でも、実はそんな可愛い姿からは想像しにくい、意外な一面もあるって知ってましたか? そんなウサギの性格や意外な秘密を、早速覗いてみましょう!
ウシ

ウシ

あなたは「ウシってどんな特徴がある動物なの?」と聞かれたら、どんな説明をしますか? ウシはとても有名な動物なので、牧場や動物園などでその姿を見たことがある人も多いことでしょう。 しかしあらためて考えてみるとウシにはどんな種類がいるのか、なぜ草を食べてあんなに大きくなれるのかなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? それでは意外と知らないウシの特徴や秘密について、こっそりと覗いていきましょう!
ウマ

ウマ

馬って目がとっても優しいし、走っている姿はかっこいいし、見ているとワクワクしますよね。馬は動物園などで、乗馬体験をしたりさわったりできる場所も多く、身近な動物でもあります。 でも、まだまだ、馬について知らないこともいっぱいありそう。馬の体のひみつは?馬の気持ちってボクにもわかる?馬のこといろいろ知って、馬と仲良しになろう!
ウンピョウ

ウンピョウ

ウンピョウはアジアの広い範囲に生息している、中型犬くらいの大きさのネコ科動物です。 日本には生息していないうえ、一部の動物園でしか飼育されていないため実際に見たことがあるという人は少ないことでしょう。 とても長い牙(きば)を持っていることが特徴の彼らは、サーベルタイガーの生き残りかもしれないともいわれている不思議な動物です。 この記事でウンピョウにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
エキゾチック・ショートヘア

エキゾチック・ショートヘア

皆さんはエキゾチック・ショートヘアとういうネコを知っていますか? 名前だけではピンとこなくても、愛嬌たっぷりの顔を見れば「どこかで見たことあるかも!」なんていう風に思い出すかも知れませんね。 それもそのはず、最近はテレビCMなどでペットタレントとして活躍しているネコなんです!その独特の顔立ちから「ブサカワ猫」とよばれていたりします。 ブサカワだけじゃ終わらせない!そんなエキゾチック・ショートヘアのひみつを探ってみませんか?
オオカミ

オオカミ

オオカミはイヌ科の動物の中でも一番大きくて強い、イヌ科の代表ともいえる動物です。 格好良い見た目に加えて他の動物にはない遠吠えする姿など、どこか神秘的な雰囲気を持っているオオカミは、 古くからいろいろなお話やキャラクターのモチーフにされてきました。 オオカミに格好良いというイメージを持っている人も逆に凶暴で怖いというイメージを持っている人も、 オオカミの特徴や歴史を知ると、オオカミに持っているイメージが変わるかもしれません。 それではオオカミにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
オカピ

オカピ

あなたはオカピという、世界三大珍獣(せかいさんだいちんじゅう)の1種を知っていますか? オカピはシマウマのようなしましま模様を持っていますが、実はキリンの仲間という不思議な動物です。 オカピは発見されてから100年ほどしかたっておらず、まだまだわかっていないことがたくさんある面白い動物でもあります。 この記事でオカピにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
オシキャット

オシキャット

ワイルドな外見はまるで野生ネコのよう。日本で見かける機会があまりないため、その名前を知っている方は少ないかも知れませんね。今回このページでご紹介するのは「オシキャット」です! 草むらや森の中で暮らしていそうな雰囲気を想像させるオシキャットですが、実は意外な性格や秘密が隠れているんですよ。そんなオシキャットの詳しい生態について早速覗いてみましょう!
オセロット

オセロット

あなたはオセロットという、美しい模様の毛皮が特徴のアメリカ大陸に生息するヤマネコを知っていますか? オセロットはかつて日本の動物園でも飼育されていましたが、残念ながら令和3年地点の日本では実物を見られません。 彼らは人になつきやすくペットとしての人気が高い反面、野生では数を減らしてしまっていて、いずれ絶滅してしまうのではないかと心配されています。 この記事でオセロットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
オットセイ

オットセイ

あなたはオットセイという、アシカに似た海生哺乳類(かいせいほにゅうるい)を知っていますか? 水族館で飼育されていることもありますが、アシカと似ているのでその存在に気づいていない人もいるかもしれません。 そんなオットセイは日本でも見られる動物ですが、実はとても悲しい歴史を持った動物でもあります。 この記事でオットセイにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
オポッサム

オポッサム

オポッサムという動物を知っていますか? 日本ではなかなか馴染みのないオポッサムは、アメリカ大陸に生息しています。カンガルーのように育児嚢(いくじのう)を持つ動物で、ネズミのような顔を持つ動物です。 イメージがわかない人も多いと思うので、本記事ではオポッサムの生態について詳しく紹介します。ぜひオポッサムの魅力を知ってくださいね!
オランウータン

オランウータン

オランウータンはインドネシアに生息する、私たち人間と同じ霊長類(れいちょうるい)の動物です。 彼らは非常に知能が高く、他の類人猿には見られない面白い特徴を持っていることで知られています。 国内の動物園でも飼育されていますが、あまり派手な動きをしないためじっくり観察したことがある人は少ないかもしれません。 この記事でオランウータンにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
オリエンタル・ショートヘア

オリエンタル・ショートヘア

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:OSH_24-CH_Clamoris_Epeius_(Omar).JPG 丸っこくてモフモフしたネコも良いけど、スレンダーボディでスタイルの良いネコはいかがですか?今回ご紹介するのは「オリエンタル・ショートヘア」です。その外見はまさに、ネコ界のモデル体型!といったところでしょう。少しずつ知名度も上がってきている品種ですが、まだまだ知らないことも多いはず。そんなオリエンタル・ショートヘアのさまざまな謎についてたくさんまとめてみました。早速、覗いてみましょう! ~基本情報~ 原産国 イギリス 体重 オスメス共に3~4kg オリエンタルはサイアミーズを元に、新しく作られたネコです。時代は第二次世界大戦が終わった1950年代。戦争の影響を受けて、ペットのネコやイヌの数は激変してしまいました。当時、人気種のひとつであったサイアミーズも同様です。そんななかブリーダーたちは、再度サイアミーズの数を増やすため、生き残っていたネコに異種交配を行なうこととなりました。 ブリティッシュ・ショートヘアやアビシニアン、ロシアンブルーなどを交配相手に選びましたが、あまり上手くいかず、困っていたある日のこと。サイアミーズ独特のカラーではないものの、姿かたちはサイアミーズにそっくりな子ネコが誕生したのです。 これを機にポインテッド以外のカラーはタビーやホワイト、チョコレートなどに分類され、オリエンタル・ショートヘアと名づけられました。このネコが、現在のオリエンタル・ショートヘアにあたる先祖だと考えられています。ちなみに、チョコレート色をしたネコは後にアメリカへ渡った際、ハバナという品種の原産になったようです。 また、オリエンタル・ショートヘアはときどき、セミロングの被毛を持つネコが産まれる場合があります。最初は純血種として認められなかったものの、最近ではオリエンタル・ロングヘアとして登録されるケースもあるんだとか。 出典:https://unsplash.com/photos/4bSWuiaZTK0 オリエンタル・ショートヘアのQ&A オリエンタル・ショートヘアの名前の由来は? オリエンタルの元になったサイアミーズの体型が「オリエンタルタイプ」なので、そこから名づけられました。 出典:https://pixabay.com/images/id-408696/ オリエンタル・ショートヘアのカラーバリエーションは? ■ボディカラーの種類 ブルー、エボナット(ブラック)、レッド、クリーム、ホワイト、チェスナット、シナモン、ラベンダー、フォーンがあります。 ■模様や配色の種類 ・ソリッドカラー顔や体、脚やしっぽなど体全体が単色 ・タビー全体的にしま模様や斑点(はんてん)模様がある ・シルバー&ゴールデン毛先のみに色がつき、根本は白色もしくは淡い色の構成 ・スモーク&シェーデッドオーバーコートの先端1/2に色がつき、残りの1/2は白色の構成 ・パーティーカラー2色の毛色がランダムに入っている ・キャリコ&バイカラー体の1/2、もしくは1/3が白色で残りは2色以上の毛色構成 ・タビー&ホワイト体の1/2、もしくは1/3が白色で残りはしま模様や斑点模様の構成 ・ポインテッド頭や耳、脚やしっぽなど体の一部に色がついている ・ポインテッド&ホワイト体の一部に色がついていて、白色が混ざっている ■アイカラーの種類 ブルー、グリーン、オッドアイがあります。 ■毛種 オリエンタル・ショートヘアは短毛種(たんもうしゅ)のみです。長毛種(ちょうもうしゅ)もいますがオリエンタル・ロングヘアとして登録されています。 出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/64284/ オリエンタル・ショートヘアの外見はどんな感じ? 縦長でくさび型の頭、アーモンドのような大きい目。小顔ですが先端のとがった大きい耳を持ち、体型はオリエンタル。全体的な骨格が細く、脚としっぽも細いので、ぱっと見は華奢なボディに見えるものの、意外と筋肉質な体をしています。短毛種の被毛はサテンのような光沢があり、長毛種は滑らかでシルクのような手触りです。 出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Fatale de la légende d’ali.jpg オリエンタル・ショートヘアのカラーや模様パターンはたくさんあるって本当? 結論からいうと、本当です。その数300種類以上。これは予想ですが、絶滅の危機にさらされた際、ブリティッシュ・ショートヘアなど、いろいろなネコと交配していった結果、このようにバリエーション豊富になったのかも知れません。 出典:https://pixabay.com/images/id-2471092/ オリエンタル・ショートヘアを購入するにはどれくらいかかるの? オブリーダーやキャッテリーから購入する場合は、20~25万円かかります。購入を検討する際、お気に入りの子が見つかったら一度見学に行くのが良いでしょう。 ペットショップの場合は15~25万円で、場合によってはブリーダーから購入するより若干価格を抑えることができます。ですがなかには、むやみに繁殖させている場合もあるので、繁殖元がはっきりしないお店からの購入は避けた方がいいかも知れません。 さらに、ブリーダーの上段資格である「キャッテリー」から購入する場合、一般ブリーダーよりも高値になることがあります。キャッテリーは、血統書発行団体である「CAF」、「TICA」の認定が必要なので、この資格を持っているブリーダーは信頼度も高く、付加価値がつくといえるでしょう。高値の理由は、信頼の証という訳です。 それ以外にも、値段に幅が出てしまう条件について、何点か紹介します。 ・子ネコであること・血統が優秀であること・珍しいカラーや模様を持っていること 他に条件はありますが、特に上記条件に当てはまると高額になるようです。 出典:https://pixabay.com/images/id-408801/ オリエンタル・ショートヘアの性格や特徴をもっと詳しく知りたい! ①明るくて人懐っこい性格! 基本的にオリエンタル・ショートヘアは社交的で人懐っこく、初対面の人に対して最初は警戒するかも知れませんが、慣れてくれば懐いてくれる性格です。特に飼い主さんには甘えてくることが多く、仕事や勉強中に何をしているのか気になって肩の上に乗ってきたり、おしゃべりをするように鳴いてアピールする、構ってちゃんのようなネコです。四六時中相手をするのは難しいかも知れませんが、時間が許す限り積極的にコミュニケーションを取ってあげると喜びます。 ②運動大好き!活発なネコ 運動能力が高いので、遊ぶことが大好き。スレンダーボディですが、運動不足が原因で肥満になりやすいため、高めのキャットタワーで上下運動をこまめにさせてあげたり、飼い主さんがねこじゃらしで遊んであげるのもオススメです。 ③寂しがり屋なのでひとりは苦手 甘えん坊なオリエンタル・ショートヘアは、ひとりで長時間のお留守番をするのは苦手なようです。そのため、留守が多いお家で飼育するのは難しいといえます。ですが、小さなお子さんや他のペットとの同居は可能なので、そのような点を重視する方には向いている品種です。 ④アレルギーの出にくいネコ オリエンタル・ショートヘアは「ネコアレルギー」が出にくい品種といわれています。このようなネコを「ハイポアレジェニック・キャット」と呼びますが、他にも「ロシアンブルー」や「スフィンクス」などもハイポアレジェニック・キャットの仲間です。オリエンタル・ショートヘアの場合、短毛種のなかでもより毛が短いネコなので、アレルギーの原因物質となる抜け毛が少なく、結果アレルギーが出にくいとのこと。 ですが、アレルギー症状が出るかどうかは個人差があるため、絶対に大丈夫!とはいい切れません。あくまでも「他のネコと比べたらアレルギーが出にくい。」といった感じなので、ネコアレルギーの自覚症状がある方は、飼育する前に一度病院で相談することをオススメします。 出典:https://pixabay.com/images/id-408808/ オリエンタル・ショートヘアのかかりやすい病気ってなに? オリエンタル・ショートヘアのかかりやすい病気は、「アミロイドシーイス」、「糖尿病(とうにょうびょう)」、「知覚過敏症(ちかくかびんしょう)」があります。 ①アミロイドシーイス 「アミロイド」という細長い形をしたたんぱく質が、細胞と細胞の間に沈着し、その結果さまざまな組織や器官の機能を妨げてしまう病気です。このアミロイドは体のあちこちに沈着する可能性がありますが、肝臓沈着は「肝アミロイドイーシス」、腎臓沈着は「腎アミロイドイーシス」と呼ばれます。特に腎アミロイドイーシスの場合、「慢性腎不全」を引き起こす可能性があるため注意が必要です。 急に水をたくさん飲むようになった、食欲が無い、おしっこが多いといった症状がみられたら、早めに動物病院を受診してください。具体的な治療法は症状にもよりますが、対症療法(たいしょうりょうほう)や投薬治療(とうやくちりょう)が主になります。 この病気は遺伝や細菌感染によって発症するケースが多く、遺伝の場合、完全予防するのは難しいようです。ですが、日ごろから感染症にかからないよう体調管理してあげることはできますので、大切なネコのためにもぜひ心掛けてみてくださいね。 ②糖尿病 肥満(ひまん)や運動不足によって発症する可能性が高く、具体的には、急に水をたくさん飲むようになる。おしっこの回数が増える。といった症状があげられます。さらに病気が進行すると、食欲低下や嘔吐下痢の症状が表れることも。 オリエンタル・ショートヘアの場合、もともとスリムな体型をしているので肥満気味になってきたらすぐに目視で分かりますが、遺伝や加齢により糖尿病になってしまうこともあります。先天的な理由が原因で病気を防ぐことは難しいですが、適度な運動と食事管理によって肥満は予防可能です。 飼いネコが太っているかどうかは「ボディ・コンディション・スコア」というものでチェックできますので、時々体重計にのせて確認することをオススメします。 ③知覚過敏症 自分のお腹やしっぽが気になって掻いたり、グルーミングが激しくなる、頻繁に鳴き声をあげるといった症状が表われます。はっきりとした原因は不明ですが、恐らくストレスによる可能性が高く、オリエンタル・ショートヘアやサイアミーズに発症しやすいといわれています。 もし、上記のような症状がみられたらすぐに動物病院を受診してください。治療は投薬治療や行動療法(こうどうりょうほう)が主になります。予防方法は、ネコのストレスになっていそうなものがあれば取り除く、基本的に甘えん坊な性格なのでほったらかしにせず、なるべく飼い主さんがネコとたくさんコミュニケーションを取ってあげることです。 出典:https://pixabay.com/images/id-5210377/ オリエンタル・ショートヘアの寿命は? オリエンタル・ショートヘアの寿命は12~15年といわれています。一般的なネコの寿命は12~16年なので、やや短めといえるでしょう。 出典:https://pixabay.com/images/id-408813/ 参考文献 まるごとわかる猫種大図鑑 監修:CFA公認審査員 早田由貴子 世界中で愛される美しすぎる猫図鑑 監修 今泉忠明 The Cat Fancier’s Association, Inc.https://cfa.org/oriental/ 猫との暮らし大百科https://www.anicom-sompo.co.jp/nekonoshiori/ みんなの猫図鑑https://www.min-nekozukan.com/ Pet Smile news forネコちゃんhttp://psnews.jp/cat/ 子猫のへやhttps://www.konekono-heya.com/sitemap.html ねこちゃんホンポhttps://nekochan.jp/ 公益社団法人 埼玉県獣医師会https://www.saitama-vma.org/topics/猫の遺伝性疾患について/ アイキャッチ画像https://commons.wikimedia.org/wiki/File:OKH-black-tabby-spotted.jpg
オリックス

オリックス

あなたはオリックスという、アフリカやアラビアに生息している草食動物を知っていますか? オリックスは中~大型のレイヨウの1種で、顔に特徴的な模様があること、長くて美しいツノを持っていることで知られています。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、はじめて名前を聞いたという人も多いかもしれません。 この記事でオリックスにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
カバ

カバ

カバといえば大きな口が特徴的ですね。 その大きな口で野菜を丸ごと食べることができます。 水辺で顔を半分出しながら泳いでいるイメージがあります。 おっとりした大人しそうな雰囲気をしていますが、実は凶暴な一面もあるのです。 まだ知らないカバの秘密を探りに行きましょう!
カピバラ

カピバラ

カピバラはのんびりした表情と温泉が好きなことで有名な、げっ歯類(げっしるい)の動物です。 とっても大きな体を持っているカピバラですが、実はモルモットやハムスターと同じ、ネズミの仲間ということを知っていますか? カピバラの体のあちこちにあるとっても面白い特徴を知ると、カピバラを見るのがもっと楽しくなるかもしれません。 世界で一番大きなネズミの仲間、カピバラにはどんな特徴や秘密があるのかこっそりのぞいていきましょう!
カモノハシ

カモノハシ

みなさんはカモノハシという生き物を知っていますか?名前は聞いたことあるけど見たことはない人が多いのではないでしょうか。 カモノハシはオーストラリアにしか生息しておらず、取引を禁じられている動物なので日本の動物園で飼育されていません。そのため馴染みの少ない動物なのかもしれません。 カモノハシは見た目が変わっているだけでなく、珍しい生態もしています。 そのカモノハシについて詳しく探っていきましょう。
カラカル

カラカル

あなたはカラカルという、耳の先に房状(ふさじょう)の毛が生えた野生のネコ科動物を知っていますか? カラカルは特徴的な耳の毛やジャンプ力が優れていることで有名な動物で、日本でも一部の動物園で飼育されています。 そんな彼らは人になつきやすいため王族のウサギ狩りや鳥の猟に使われてきた、という変わった歴史を持っています。 この記事でカラカルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
カワウソ

カワウソ

あなたはカワウソという、とてもかわいらしい顔をしたイタチの仲間を知っていますか? SNSやテレビ番組で見かける機会が多いこと、多くの動物園や水族館で飼育されていることから実際に見たことがある、カワウソが好きだという人も多いのではないでしょうか。 そんなカワウソが、実はほんの少し前までは日本にも生息していたことを知っていますか? この記事でカワウソにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
カンガルー

カンガルー

赤ちゃんが袋から顔を出している姿が可愛らしいカンガルー。 後足で跳ねながら走る姿が特徴的ですね。メスの可愛らしい姿とは対照的に、オスはたくましい筋肉を持っています。 オスの戦う姿はまるでボクシングをしているように見えます。そんなカンガルーについて深く探っていきましょう!
キツネ

キツネ

ふわふわな毛並みで、大きな尻尾が特徴のキツネ。 キツネは昔から人間になじみがあり、日本でもいろんな言い伝えのある動物のひとつです。 一部の地域を除いて、実際のキツネを目にすることは多くありません。 キツネがどんな生態で、どのような秘密があるのか見てみましょう。
キリン

キリン

キリンといえば長い首が特徴的ですね。 その首の長さから世界で一番背が高い動物でもあります。いつも眺めのいい景色が見えているのでしょうね。 そんなキリンには、まだ意外と知らない人が多い秘密が存在します。キリンの秘密について一緒に探っていきましょう。
クジラ

クジラ

地球最大の哺乳類クジラ! 海に住んでいるのに、どうして哺乳類なのでしょうか? そもそも哺乳類とは何か知っていますか? そんなクジラに関する疑問を一緒に見ていきましょう。
クマ

クマ

クマといえばキャラクターのモチーフによく使われている動物ですね。 私たち人間の生活圏の身近に生息している動物でもあります。 そんなクマですが人を襲う凶暴(きょうぼう)な一面も存在しているのです。 その他にもクマには隠された秘密があるのでしょうか。 クマについて詳しく探って行きましょう。
コーニッシュレックス

コーニッシュレックス

いきなりですが、ここでクイズを出します。スラリと伸びた手足&小顔の持ち主。別名、「ネコのグレーハウンド」とも呼ばれている動物は何でしょう? 答えはコーニッシュレックスです!日本で見かける機会は少ないため、初めて名前を聞いた。という方も多いはず。ちなみに、スタイルが良いほか、巻き毛の被毛をまとっているのも特徴なんですよ。 それ以外にも、このページにはコーニッシュレックスに関するたくさんの秘密が隠れています。早速、その秘密を探りに行きませんか?
コアラ

コアラ

木にしがみついてのんびりとした動きをするコアラ。 その可愛らしい姿を見るだけで癒されますよね。 そんなコアラが地面を走ることもあることを知っていますか? まだ隠されているコアラの秘密を、一緒に探っていきましょう!
コウモリ

コウモリ

コウモリといえばバットマンのマークのモデルになった動物ですね。黒い翼(つばさ)を大きく広げながら飛び回ります。 休むときには逆さまになりぶら下がった状態で過ごすことができます。 コウモリは夜行性(やこうせい)で暗闇に溶け込んでしまうので、見かける機会は少ないかもしれません。しかし、意外と私たちの身近に生息しているのです。 コウモリはどんな生態をした生き物なのか探っていきましょう。
コヨーテ

コヨーテ

あなたはコヨーテという、北から中央アメリカにかけて生息するイヌ科の動物を知っていますか? 動物番組やアメリカのアニメ作品などにときおり登場することから、名前は知っているという人もいるかもしれません。 オオカミとキツネの間を思わせる見た目と顔つきのコヨーテはとても適応力(てきおうりょく)があり、野生のイヌ科動物としては珍しく今でもどんどん生息地を広げています。 この記事でコヨーテにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
コラット

コラット

日本でも有名な「ロシアンブルー」、少しむっちり体型の「シャルトリュー」、そして今回ご紹介するのは「コラット」です。 この三種類はあわせて「ブルーキャット御三家」とも呼ばれているんですよ。そんなコラットですが、実ははるか昔から「幸運を招くネコ」として可愛がれてきた歴史があります。 それ以外にも、このページ内ではコラットの秘密についてたくさんまとめてみました。早速、探ってみましょう!
ゴリラ

ゴリラ

黒く大きな体で胸を叩く姿が印象的なゴリラ! 動物園でも人気者のゴリラですが、皆さんはゴリラについてどれくらいのことを知っていますか? 実はゴリラって・・・だったんですよ?知っていましたか? 詳しく知りたい方はQ&Aを見てみてくださいね! それではゴリラについて詳しく見ていきましょう!
サイ

サイ

サイといえば大きな角が特徴的ですね。 動物園でもよく見ることができる動物です。 しかし、近年では密猟(みつりょう)などにより数が減少しています。 サイはどんな生き物なのか、詳しく探っていきましょう。
サイアミーズ

サイアミーズ

皆さんは「シャム猫」を見たことがありますか?実はそのネコ。世界では「サイアミーズ」として知られている品種なんです。不思議なことに、シャム猫と呼んでいるのは日本だけなんだとか。 このページではサイアミーズ、つまりシャム猫についてご紹介していきます。一時は日本でもブームが起きたようですが、歴史や性格など、まだまだ知られていないことも多いはず。 早速、そんなサイアミーズの秘密を探ってみましょう!
サイガ

サイガ

あなたはサイガという、とても特徴的な大きな鼻を持った草食動物を知っていますか? サイガは独自の進化を遂げたことで過酷な環境を何万年も生き抜いてきた、不思議で力強い動物です。 しかし一度見たら忘れられない特徴的な顔をしているにもかかわらず、非常に知名度が低く、知っている人が極端に少ない動物でもあります。 この記事でサイガにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその歴史や暮らしをのぞいていきましょう!
サイベリアン

サイベリアン

ボリューミー&モフモフ毛並みがチャームポイントのサイベリアンです! サイベリアンってなに?とあまり聞いたことがない人も多いはず。 確かにペットショップでもなかなか見ない品種のひとつなのですが、 このページをきっかけにサイベリアンのかわいさを知ってもらえると嬉しいです!
サテンアンゴラ

サテンアンゴラ

皆さんは「サテンアンゴラ」というウサギを知っていますか?正直、日本で見かける機会はあまりないので、初めて聞いた!という方も多いはず。 ここで簡単に説明すると、見た目はフレンチアンゴラとそっくりで、ふわふわの毛玉みたいな体から、顔をひょっこりと覗かせた感じが愛らしいウサギですが、実はフレンチアンゴラとは少し異なる特徴が存在しています。 その違いは一体どこにあるのか?早速秘密を探りに行きましょう!
シマウマ

シマウマ

サファリパークや動物園でおなじみのシマウマ。シマシマ模様(もよう)のシマウマは、たくさんの絵本にも登場しています。 また、シマウマ柄は、さまざまな商品のデザインにも用いられていますよね。とてもおしゃれで優雅に見えるシマウマだけど、実はかなりの暴れん坊! 知ってるようで知らないシマウマのヒミツは、まだまださくさんあるんですよ。シマウマの面白いこと探しに行きましょう。
ジャージーウーリー

ジャージーウーリー

日本ではあまり聞きなれない名前のウサギですが、その姿はひと目見たら忘れられないほどかわいい外見をしているって知っていましたか? 小さな耳と体に、ふわふわした被毛。まさに動くぬいぐるみのようなウサギとよばれています。 そんなジャージーウーリーのまだ見ぬ世界について、早速ご案内しましょう!
ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ

動物園の人気者!赤ちゃんが産まれるとテレビや雑誌で取り上げられることも多く、 ころころ丸っこい外見や、竹をむしゃむしゃ食べている姿がとってもかわいいジャイアントパンダです! そんなジャイアントパンダですが、かわいい見た目の裏には意外な一面もあるんですよ。 かわいいだけじゃない、ジャイアントパンダの魅力をさぐってみませんか?
ジャガー

ジャガー

ジャガーは南アメリカに生息する、唯一のネコ科ヒョウ属の動物です。 大きな体と斑点模様が特徴のジャガーは、その見た目や強さからアメリカのヒョウやトラとも呼ばれることもあります。 見た目が似ていることからヒョウと間違えられやすいジャガーですが、 その秘密を知ると動物園でジャガーを見るのが楽しくなるかもしれません。 それではジャガーにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
ジャガランディ

ジャガランディ

あなたはジャガランディという、イタチやカワウソのような見た目のネコ科動物を知っていますか? 日本の動物園では飼育されていないため、名前も知らなかったという人も多いのではないでしょうか。 南アメリカに生息するジャガランディはイタチとネコの習性をあわせ持つ、なんとも不思議な動物です。 この記事でジャガランディはどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
シャチ

シャチ

愛らしい姿と高い知能で、水族館のショーでも人気のシャチ。しかしシャチの別名や異名は、物騒なものが多い印象です。 海のギャングという異名や、英名では殺し屋クジラ(Killer whale)。学名のオルキヌス・オルカ(Orcinus orca)は、「冥界からの魔物」という意味です。その名に恥じず、野生のシャチは生態系の頂点に立つほど獰猛で恐ろしい種。 相反する要素を兼ね備えるシャチですが、野生ではどのような生態なのでしょうか。シャチの普段の様子を見ていきましょう。
ジャッカル

ジャッカル

あなたはジャッカルという、アフリカやアジアに生息しているイヌ科の野生動物を知っていますか? テレビ番組や漫画などに登場することがあるため、名前は知っているという人は多いことでしょう。 彼らは古代エジプトの神“アヌビス”のモデルとされ、一生を同じペアと添い遂げる愛情深い面を持った動物です。 しかし「獲物を横取りする意地の悪い動物」や「死肉を食べる嫌な動物」といった、悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 この記事でジャッカルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!
ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイル

皆さんは「招き猫」のモデルといわれているネコを知っていますか?実はこのページで紹介するジャパニーズボブテイルがモデルになったといわれているんですよ!最近は洋ネコに人気が集まりがちですが、日本生まれの貴重なネコについて誕生秘話を一緒に探ってみませんか?
シャルトリュー

シャルトリュー

名前がとってもおしゃれなネコといえば?そう、シャルトリューです! とはいっても「シャルトリュー?聞いたことないなぁ。」そう思ってしまう方も多いと思います。 日本ではあまり馴染みのないネコですが、フランスでは「じゃがいもにつまようじを刺したようなネコ」なんて面白可愛く表現されているんですよ。 またロシアンブルー、コラットと並んで「ブルー御三家」とよばれています。 そんなシャルトリューの不思議な秘密やちょっと悲しい歴史を一緒にのぞいてみませんか?
ジュゴン

ジュゴン

ジュゴンといえば、人魚のモデルとなった生き物として有名ですね。名前を知っている人は多いと思いますが、実際に見たことはありますか? ジュゴンは絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に含まれていて、飼育も難しい生き物なのです。そのため、日本では鳥羽水族館でしか見ることができません。 ジュゴンはとても穏やかな性格をしており、つぶらな瞳が可愛らしく魅力的(みりょくてき)です。そんなジュゴンの生態については、知らない人の方が多いのではないでしょうか? この機会に、ジュゴンのことを一緒に調べて詳しくなりましょう!
シロイルカ

シロイルカ

真っ白い体、そしてずんぐりむっくり体型がキュートなシロイルカです! 日本でシロイルカが見られるところは限られているのですが、かわいい仕草に 思わず写真を撮りたくなりますよね!でもその生態について詳しいことは知らないなぁ・・・なんて方もいるはず。 一度シロイルカを見たことがある人も、まだの人も一緒にひみつを見てみませんか?
シロオリックス

シロオリックス

あなたはシロオリックスという、かつてアフリカに生息していた草食動物を知っていますか? シロオリックスはやや湾曲し、後ろ向きに伸びた美しい長いツノが特徴の動物です。 彼らは日本の動物園でも見られますが、実は野生では姿が見られなくなってしまったという悲しい歴史を持つ動物でもあります。 この記事でシロオリックスにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
シンガプーラ

シンガプーラ

皆さんはシンガプーラというネコを知っていますか? 日本であまり見かけることは少ないので、知る人ぞ知るネコ・・・といった感じかも知れませんね。 なんといっても特徴的なのは小さな体つき!その外見から「小さな妖精」なんてよばれることもあるんですよ。 でも小さな体の中にはたくさんの秘密がつまっています。一緒にシンガプーラの誕生秘話をのぞいてみませんか?
スカンク

スカンク

スカンクといえば、オナラが臭い生き物として有名ですね。「スカンク=オナラ」の印象が強く、生態を知らない人が多いのではないでしょうか? 私たちの体に臭いがついてしまうと、洗っても簡単には落ちません。臭いで攻撃されることを知っていると、警戒(けいかい)して余計に近寄れないですよね。 そのため、スカンクについて誤解されていることがあります。それは、スカンクの悪臭(あくしゅう)は正確にはオナラではないということです。オナラではないのなら、悪臭の正体は何なのでしょうか?とても気になりますね。 スカンクはどんな生態をしているのか一緒に探ってみましょう!
スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

近年の一緒に暮らしたいネコランキングで上位を独占している、スコティッシュ・フォールドです! 丸い顔に折れ曲がった耳がかわいい!と有名ですよね。そんなスコティッシュ・フォールドもかわいいだけじゃなく、 色々と大変な一面があるようです。もし今度見かけることがあったら、このページを参考にして観察してもらえると嬉しいです!
スナドリネコ

スナドリネコ

あなたはスナドリネコという、水辺に生息する「漁」が得意なネコ科動物を知っていますか? 日本では限られた場所でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。 しかし「ぼのぼの」というアニメ(漫画)に登場するため、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。 この記事でスナドリネコはどんな動物でどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
スナネコ

スナネコ

別名「砂漠の天使」ともよばれているかわいい動物といえばなんでしょう? そう、スナネコです!2020年には国内で初めての赤ちゃんが誕生したことで話題になりましたね。 そのかわいい姿を見てスナネコに興味を持った人もたくさんいると思います。 ですがスナネコはただかわいいだけではなく、その一方で様々な問題が隠れています。 このページをきっかけに、スナネコに対しての考え方を深めてもらえたら嬉しいです!
スフィンクス

スフィンクス

皆さんは「スフィンクス」というネコを知っていますか?名前を聞いたことがある方も、無い方も、インパクトのある外見を見たら驚くかもしれませんね! 「え!本当にネコなの?」なんて声が聞こえてきそうです。 見た目は好き嫌いがはっきり分かれそうなスフィンクスですが、好きな人にはたまらない品種なんだとか。 では実際、スフィンクスには一体どんな魅力が隠されているのか?早速ご紹介していきましょう!
スローロリス

スローロリス

あなたはスローロリスという、とてもゆったりとした動きの動物を知っていますか? スローロリスはインドやインドシナ半島などの熱帯雨林に生息する、かわいらしい見た目をしたサルの1種です。 彼らは見た目が愛らしいことからペットとしての人気が高く、かつては日本でも多くのスローロリスが飼育されていました。 この記事でそんなスローロリスにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
セイウチ

セイウチ

あなたはセイウチという、とっても大きな体と牙(きば)を持った海に住む哺乳類を知っていますか? 水族館でパフォーマンスをしていることもあるので、実際に目の前で見たことがあるという人もいることでしょう。 見た目と体の大きさから怖い動物だと思われがちなセイウチですが、実はとっても優しくて賢いすてきな動物です。 この記事でセイウチにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
セルカークレックス

セルカークレックス

別名「羊の皮を被ったネコ」とも呼ばれ、トイプードルのような、くるくる巻き毛が特徴のネコといえば?そう、セルカークレックスです! モフモフカール&ちょっと珍しい見た目が特徴的で、飼うなら皆と被りたくないネコが欲しい!と考える人から最近注目を集めています。 他にも巻き毛を持つネコはコーニッシュレックス、デボンレックスがいますが、セルカークレックスは羊ネコといわれるだけあって、巻き毛ネコ種では最もボリューミーな被毛の持ち主です。 ちょっと不思議なセルカークレックスの秘密について、早速覗いてみましょう!
ゾウ

ゾウ

ゾウといえば動物園でも人気のある生き物ですね。 長い鼻を器用に使いこなし、圧倒される大きさの体を持っています。 そして、賢い頭に優れた記憶力も兼ね備えています。 ゾウには他にも優れた部分があるのか探りにいきましょう!
ソマリ

ソマリ

美しい毛色とふわふわのしっぽが可愛いネコといえば?そう!ソマリです! 知る人ぞ知る人気のネコでもありますが、ちょっと悲しいことにソマリ誕生の歴史では「できそこない・・・」なんていう風に思われていたこともあったようです。 最初は不名誉なことをいわていたソマリですが、ちょっとした出来事をきっかけに人気が出るようになったんですよ! そんなソマリのひみつについて、じっくりひも解いてみませんか?
ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラ

皆さんは「ターキッシュアンゴラ」というネコを知っていますか?美しい毛並みと優雅なたたずまい。その姿は、まるでお金持ちの家に出てきそうな雰囲気をまとっています。 ですがペットショップで見かける機会はほとんどないため、初めて聞いた!という方も多いのでは? 少し聞きなれないターキッシュアンゴラですが、その歴史はとても古く、たくさんの秘密が隠されているんですよ。 それでは、そんなターキッシュアンゴラの世界について早速探りに行きましょう!
ターキッシュバン

ターキッシュバン

水が苦手な動物といえば、ネコを思い浮かべる方も多いはず。しかし、なかには水を得意とするネコがいるって知っていましたか?それが「ターキッシュバン」です! 日本で見かけることはほとんどないため、もしブリーダーや知り合いの家で発見したらとてもラッキーといえるでしょう。そんなターキッシュバンの歴史は面白く、いろいろな不思議が隠れているんですよ。 早速その秘密について、一緒に探ってみましょう!
タスマニアデビル

タスマニアデビル

見た目はとってもかわいらしい、オーストラリアで有名なタスマニアデビルです!日本で見ることはあまりないので初めて名前を聞いた!という人もいるかも知れませんね。ですが小さな体には意外&驚きのひみつが隠されているんですよ。このページをきっかけにタスマニアデビルに一度会ってみたくなった!そんな風に思ってもらえたら嬉しいです!
タヌキ

タヌキ

昔話や童話にたくさん登場してくる動物といえば・・・タヌキが有名ですよね!歌や映画など日本は古来よりタヌキとの関わりが続いているのですが、 意外にもタヌキの生態について詳しくは知らないことも多いはず。 そんなタヌキの隠されたひみつについて探ってみませんか?
タン

タン

皆さんは「タン」というウサギを聞いたことがありますか?ちなみに、焼肉が美味しいあの「タン」ではありませんよ。 日本ではあまり見る機会のないウサギなので、知ってる!という方は、なかなかのウサギ通かも知れませんね。このページでは、そんなタンの秘密についてご紹介しています。 タンという名前にはどのような意味があるのか?その秘密も隠れていますよ。早速、覗いてみましょう!
チーター

チーター

チーターは「世界で一番早く走れる生き物」として有名な、ネコ科の動物です。 その最高時速は110Kmにも達するといわれていますが、なぜチーターはそんなに早く走れるのでしょうか。 チーターの体やスピードの秘密を知ると、動物園でチーターを見るのが楽しくなるかもしれません。 それではチーターにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
チンチラ

チンチラ

チンチラは南米のアンデス山脈に生息している、ふわふわの毛と大きなしっぽがかわいいネズミの1種です。 ペットとして飼っている人もいるため、SNSやテレビなどで見かけたことがある人もいることでしょう。 しかしチンチラにはどんな特徴があるのか、飼う時にはどんなところに気を付ける必要があるのかなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でチンチラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
チンパンジー

チンパンジー

チンパンジーは私たち人間と同じ、霊長類(れいちょうるい)の動物です。 彼らは私たちと同じ祖先から生まれ、人間に一番近いことから「進化の隣人」という別名で呼ばれることもあります。 チンパンジーはとても賢く、道具を使うことや人間や仲間の行動を上手にまねることが知られています。 しかしその生態やどんな特徴があるのか考えてみると、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でチンパンジーにはどんな特徴や秘密があるのか、チンパンジーの世界をのぞいていきましょう。
デボンレックス

デボンレックス

ただ可愛いだけじゃなくて、個性的なネコが好きな方にはピッタリの品種かも?今回は、ちょっと不思議な外見をしているデボンレックスをご紹介します。 個性的な外見を持つ品種は他にも存在しますが、デボンレックスもその内のひとつ。セルカークレックスと同様、巻き毛の被毛をまとっていますが、セルカークレックスのようにモフモフした感じでなく、ボリュームは控えめです。 まだまだ日本での知名度は低めのネコですが、実はたくさんの秘密がつまっています。早速その秘密を探りに行きましょう!
ドール

ドール

あなたはドールという、赤茶色の毛が特徴で中型犬くらいの大きさの野生イヌ科動物を知っていますか? ごく一部の動物園でしか飼育されていないことから、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。 ドールはまだわからないことがたくさんあるにもかかわらず、絶滅してしまうのではないかと心配されている動物でもあります。 この記事でドールにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!
トイガー

トイガー

「トイガー??」ネコ好きでもあまり馴染みのない品種のひとつなので、聞いたことも見たこともないという方が多いかも知れません。 それもそのはず、トイガーは最近誕生したばかりの新しい品種なので、日本での知名度はまだまだ低い希少なネコなんですよ! ですがトラにそっくりなその外見は、ひと目見れば忘れることのできないとても印象的なルックスの持ち主です。 あまり知られていないトイガーのひみつについて、じっくり探ってみませんか?
トド

トド

皆さんも一度は水族館で見たことがあるのではないでしょうか?そう!それはトドです! ショーでは芸を披露して私たちを楽しませてくれる、とても面白い動物なのですが・・・その裏では私たち人間と複雑な関係が問題になっているって知っていましたか? このページをきっかけに、トドについてもっと興味をもってくれたら嬉しいです!
トナカイ

トナカイ

クリスマスにサンタクロースを乗せてやってくるトナカイは、世界中の子どもたちの大好きなキャラクター。 でも動物のトナカイのこと、みんなどれだけ知っているかな? 知っているようだけど、考えてみると、知らないこともたくさんありそう。 動物のトナカイのこと、そしてサンタを乗せてくるトナカイのことも、調べてみよう!
トラ

トラ

派手なしましまの模様が特徴的で、別名“密林の王者”とも呼ばれるトラ。 トラは強くて格好いい動物として、人気がある動物のひとつです。 そんなトラですが、実はちょっと狩りが下手という意外な一面があるのを知っていますか? トラにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいてみよう!
ドワーフホト

ドワーフホト

目の周りにあるアイラインがエキゾチックであり、気品あふれるウサギのドワーフホトです! ペットショップで見かけることはほとんどないのでこんなウサギいるんだ!と驚いた人も多いはず。 ちょっとめずらしいドワーフホトについて、ひみつをのぞいてみませんか?
ナマケモノ

ナマケモノ

ナマケモノという不名誉な名前を付けられてしまった「ナマケモノ」 でもちょっと(こんなにでふうにグウタラ暮らしてみたいな・・・)って、うらやましく思うことがありませんか? 「ナマケモノ」は世界で一番、動きの遅い哺乳類。のんびりと木にぶら下がっている姿は、思わず笑顔になってしまう愛らしさです。 一日のほとんどを寝て過ごし、起きていてもじっと動かずに過ごすナマケモノ。でもそれは、ただ「怠(なま)けている」わけではありません。深い理由があるのです。さて、その理由とは?
ニホンザル

ニホンザル

ニホンザルは名前の通り、日本に住んでいる唯一のサルの仲間です。 「桃太郎」や「さるかに合戦」などの昔話にも登場するニホンザルは、日本人にとってはなにかとなじみの深い動物といえるでしょう。 しかし改めて考えてみると、意外とその生態や特徴について知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でニホンザルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にニホンザルの世界をのぞいていきましょう!
ヌー

ヌー

あなたはヌーという、アフリカに生息するウシのような見た目の草食動物を知っていますか? ヌーという動物に関して最も有名なことは、毎年行われている「ヌーの大移動」ではないでしょうか。 巨大なヌーの群れがアフリカの大地を駆け抜け、決死の覚悟で川を渡っていく姿をテレビ番組などで見たことがあるという人もいることでしょう。 この記事でヌーにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ネコ

ネコ

猫カフェブームに火がつき、最近はペットとしての人気が高いネコです!ネコといえば、気まぐれでマイペースな性格が有名ですよね。ペット人気があるのは分かるけど、ネコ本来(ほんらい)の生態(せいたい)については詳しく知らないことも多いはず。 不思議がつまったネコのひみつを一緒に探ってみませんか?
ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

さて、ここでクイズです。別名「森に住む妖精」と呼ばれているネコの名前は何でしょう?正解は「ノルウェージャンフォレストキャット」です! 最近は日本でも人気が上昇中なので、見たことある!という方がいるかも知れませんね。 メインクーンやサイベリアンと同じく、大型ネコ種であるノルウェージャンフォレストキャットの隠された秘密について、早速探ってみませんか?
バーマン

バーマン

皆さんは「バーマン」というネコを知っていますか?どこかのマンガに出てきそうな名前の品種ですが、関係性は全くありません。ですが原産国のミャンマーには、バーマンに関する不思議な言い伝えが存在しているんです。それはまるで、マンガのようなお話なんだとか。 その他このページでは、バーマンについていろいろな特徴をご紹介しています。 一緒に、秘密を覗いてみませんか?
ハイエナ

ハイエナ

あなたはハイエナという、アフリカやアジアに生息している不思議な体型の野生動物を知っていますか? テレビ番組やディズニー映画「ライオンキング」に登場することから、名前や見た目を知っている人も多いことでしょう。 そしてその名前を聞くと「不気味」や「意地悪」といった、悪いイメージを連想する人も多いのではないでしょうか。 ハイエナは本当に不気味で意地悪な動物なのでしょうか?この記事でハイエナにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ハクビシン

ハクビシン

あなたはハクビシンという、主に東南アジアに生息しているジャコウネコの仲間を知っていますか? 動物園で飼育されているほか、日本国内にも生息していることから実際に見たことがあるという人もいることでしょう。 そんなハクビシンは日本ではさまざまな理由から害獣として扱われ、駆除される対象となっている動物でもあります。 この記事でハクビシンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
バビルサ

バビルサ

バビルサはインドネシアの限られた場所にだけ生息するイノシシの1種で、日本の動物園では飼育されていません。 しかし彼らは見たことがない、名前も知らないという人であっても、一度その姿を見たら忘れられないほどのインパクトがある姿をしています。 この記事でバビルサにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ハムスター

ハムスター

小さな体が愛らしく、ごはんをほっぺにつめる姿もキュートなハムスターです! でもハムスターってかわいいだけじゃなく、 意外と力があったりエネルギッシュなところもあるって知っていましたか? そんなハムスターの意外な姿を一緒に見ていきましょう!
ハリネズミ

ハリネズミ

ハリネズミは、全身ハリに覆われてうかつに触ることも恐ろしい見た目でありながら、キュートな顔と小柄な体つきで「かわいい」と人気があります。 手足が短く、くるっと丸まった姿は愛くるしく、ペットとして飼われることも多くなりました。しかし、犬や猫ほど一般的ではなく、野生の姿を見ることも多くありません。 ペットとしてのハリネズミだけではなく、野生動物としてのハリネズミの生態も見ていきましょう。
ハレクイン

ハレクイン

唯一無二のユニークな模様をもつちょっと変わったウサギといえば?そう、「ハレクイン」です! 日本で見かける機会はほとんどないため、もしこのウサギをご存知でしたら、なかなかのウサギ通といえるでしょう。 初めて名前を聞いたという方も、ハレクインファンの方も改めて一緒に秘密を探ってみませんか?
ヒツジ

ヒツジ

約一万年も前から人間に飼われてきた羊は、昔から人間の衣食住に欠かせない動物です。 モコモコのヒツジは、おとなしい、やさしそう、臆病、従順、といったイメージが強いけれど、野生の羊には、そんなイメージを覆す勇壮な種類も! 身近だけれど驚きがいっぱいのヒツジ・ワールドを覗いてみましょう。
ヒマラヤン

ヒマラヤン

皆さんはヒマラヤンというウサギを知っていますか? ちなみに、ネコにもヒマラヤンという品種がいますが、どっちが先にヒマラヤンの名前がついたのかというと、実は「ウサギ」の方なんです! ネコは、ウサギのヒマラヤンに似ていたから名づけられたといわれています。そんな不思議をもつヒマラヤンのひみつについて、詳しく探っていきましょう!
ヒマラヤン

ヒマラヤン

あれ、この動物、色がたぬきっぽい!しかもモフモフしている!いえいえ、それは「ヒマラヤン」という品種のネコです。ちなみに、ウサギにもヒマラヤンとう種類がいますが、見つかったのはウサギの方が先なんだとか。 ペルシャにも似ているけど、ペルシャとは一味違う優雅な雰囲気のヒマラヤン。 そんなヒマラヤンの知られざる秘密について、早速覗いてみませんか?
ピューマ

ピューマ

アメリカ大陸に生息するピューマは、メスのライオンにそっくりな見た目の大型ネコ科動物です。 日本では図鑑や動物園以外ではあまり見かけない動物なので、 もしかしたらはじめて見た!はじめて名前を知った!という人もいるかもしれません。 しかしピューマはすばらしい身体能力を持っていて、とある有名なスポーツ用ブランドの名前の由来にもなっている動物でもあります。この記事でピューマにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ヒョウ

ヒョウ

ヒョウは“ヒョウ柄”と呼ばれる、きれいな斑点模様(はんてんもよう)が特徴的なネコ科の動物です。 同じネコ科の動物であるライオンやトラと同じように強くて格好いいヒョウは、動物園でも人気のある動物のひとつです。 ところでヒョウはなぜあんなに派手な模様をしているのでしょうか? ヒョウにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいてみよう!
ビントロング

ビントロング

あなたはビントロングという、ポップコーンのようなにおいがする不思議な動物を知っていますか? ビントロングはインドや東南アジアに生息する、ジャコウネコと呼ばれる動物の1種です。 そんなビントロングは名前も聞いたことがない…という人がいる一方で、実は隠れたファンが多い動物でもあります。 この記事でビントロングにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
フェレット

フェレット

あなたはフェレットという、にょろにょろした細長い体やぬいぐるみのような顔がかわいい動物を知っていますか? ペットとしての人気が高いので、実際に飼っている人や飼ってみたいと考えている人も多いかもしれません。 意外と知られていませんが、フェレットは紀元前3000年から人間と一緒に暮らしているとても長い歴史を持つ動物です。 この記事でフェレットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
フクロモモンガ

フクロモモンガ

フクロモモンガといえは、ペットとして人気が高まっていますね。つぶらな瞳を持っていて、とても可愛らしい顔をしています。 見た目が似ているモモンガはリスの仲間ですが、フクロモモンガも同じ仲間なのでしょうか? 実は、フクロモモンガはカンガルーやコアラの仲間なのです。これらの動物には、お腹にある袋の中で子育てをするという共通点があります。見た目が似ていても同じ種類の動物だとは限らないのですね。 このように、見た目が似ていても違う動物を生物学では「収斂(しゅうれん)」と呼びます。 フクロモモンガについて一緒に詳しく探ってみましょう!
ブタ

ブタ

ブタはくるんと巻いたしっぽと大きな鼻が特徴的な、誰もが知っているとても有名な動物です。 とても身近な動物であるブタですが、意外と近くで見たことがないという人も多いのではないでしょうか? ブタの秘密を知ると、牧場や動物園でブタに会った時に今までと違う見方ができるかもしれません。 それではブタにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
ブリティッシュ・ショートヘア

ブリティッシュ・ショートヘア

皆さんは「不思議の国のアリス」という物語を知っていますか?その中にチェシャ猫というキャラクターが出てくるのですが、ブリティッシュ・ショートヘアはそのモデルになったといわれているネコなんです! 最近は日本でも人気が出てきているので名前を聞いたことがある!という方がいるかも知れませんね。 そんなブリティッシュ・ショートヘアの可愛い秘密について探っていきましょう!
プレーリードッグ

プレーリードッグ

あなたはプレーリードッグという、北アメリカに生息している草食動物を知っていますか? プレーリードッグは地上で生活するリスの1種で、地面に大きな巣穴を掘って仲間と一緒に暮らしている動物です。 動物園でよく飼育されていること、ときおりペットとして飼っている人がいることから「見たことがあるよ!」という人も多いのではないでしょうか。 この記事でプレーリードッグにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
フレミッシュジャイアント

フレミッシュジャイアント

皆さんは「フレミッシュジャイアント」というウサギを知っていますか?世界には大きさも色もさまざまなウサギが存在していますが、フレミッシュジャイアントは最も大きなウサギのひとつとして数えられています。 基本的にウサギは、一度の出産で8匹前後の赤ちゃんを産みますが、フレミッシュジャイアントはなんと、一度に18匹もの赤ちゃんを出産した記録が残っているんだとか。 そんなビッグウサギの秘密について、早速覗いてみましょう!
フレンチロップ

フレンチロップ

たれ耳&ずんぐりむっくり体型が特徴的のフレンチロップです!垂れ耳ウサギは他にも数種類いますが、フレンチロップは一番大きい垂れ耳ウサギと言われています。 ホーランドロップのような小型うさぎもかわいいですが、フレンチロップはまるで大きなぬいぐるみ!隠されたその魅力について探ってみませんか?
プロングホーン

プロングホーン

あなたはプロングホーンという、主に北アメリカに生息している草食動物を知っていますか? プロングホーンは陸上の動物ではチーターに次いで足が速く、時速80キロものスピードで走ることができます。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いのではないでしょうか。 この記事でプロングホーンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ペッカリー

ペッカリー

あなたはペッカリーという、主に南アメリカに生息するイノシシに似た動物を知っていますか? ペッカリーはイノシシにそっくりですが、実はイノシシとは全く違う不思議な動物です。 もしかしたら古代エクアドルの土偶をモチーフとするゆるキャラ「ペッカリー」から、名前だけは知っているよ!という人もいるかもしれません。 この記事でペッカリーにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ペルシャ

ペルシャ

マンガやアニメなど・・・お金持ちの家で飼われているペットのイメージが強いネコといえば?そう、ペルシャです! 時々キャットフードのCMにも出てくることが多いペルシャは、優雅なネコであるイメージが強いですよね。 そんなペルシャの意外な性格や、実は「ネコの王様」ともよばれている理由について、一緒に探ってみませんか?
ベンガル

ベンガル

皆さんはベンガルというネコを知っていますか? ペットショップで見かけることはほとんど無いため、初めて名前を聞いたという方も多いはず。 ベンガルの一番の特徴といえば体にあるロゼット柄ですが、ヒョウ柄といった方が分かりやすいかも知れませんね。 野性味あふれる見た目が魅力的なベンガルは、ネコ好きの間で人気が高まっている品種のひとつなんです! そんなベンガルの性格や誕生の歴史などをみていきましょう!
ホーランドロップ

ホーランドロップ

小柄なサイズ感とたれ耳がキュートなホーランドロップです! ペットとしても人気がある、かわいいウサギのひとつですが、 面白い特徴もあり、さらにカラー豊富なウサギなんですよ! もし今度どこかで見かけた時は、ここに書いてあることに注目しながら観察してみて下さいね!
ホッキョクギツネ

ホッキョクギツネ

あなたはホッキョクギツネという、全身の毛が真っ白で耳が小さいキツネを知っていますか? その名前の通り北極圏周辺に生息するホッキョクギツネは、日本の動物園ではあまり見かけることのない動物です。 そのため「初めて名前を聞いた」、「実際に見たことがない」という人も多いかもしれません。 ホッキョクギツネを知っている人も知らない人も、この記事で彼らにどんな特徴や秘密があるのか一緒に見ていきましょう!
ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

あなたはホッキョクグマという、白くて大きい体が特徴のクマの1種を知っていますか? ホッキョクグマは動物園やテレビ番組などで見かける機会も多く、いろいろなキャラクターのモチーフにもなっているので「ホッキョクグマが好き」という人も多いかもしれません。 そんなホッキョクグマの体には、とても寒い北極の地で生き抜くための面白い秘密がたくさん隠されています。 この記事でホッキョクグマにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ボノボ

ボノボ

あなたはボノボという、チンパンジーにそっくりな類人猿の1種を知っていますか? 日本の動物園では飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人もいるのではないでしょうか。 彼らは遺伝子的に人間に近くてとても知能が高く、争いを避ける平和主義な動物であることが知られています。 この記事でボノボにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ボブキャット

ボブキャット

あなたはボブキャットという、体の割に短いしっぽが特徴のネコ科動物を知っていますか? ボブキャットは北アメリカに生息するヤマネコの仲間で、体の大きさはペットの猫の2~3倍もあります。 彼らは絶滅が心配される動物が多い中、今でも生息数を増やしていると考えられているたくましい動物でもあります。 この記事でボブキャットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
マーモット

マーモット

二本足で立つかわいい姿が魅力のマーモット。スイスなどアルプス地方では、マーモット人形がお土産に並ぶほど人気です。しかしマーモットは可愛い姿から想像できないような、すごい叫び声をあげることもあるんです。 マーモットの魅力や驚くような生態は、他にもいっぱい!マーモットのこと調べに行きましょう。
マーラ

マーラ

あなたはマーラという、ウサギやカピバラに似たなんとも不思議な動物を知っていますか? マーラは南アメリカに生息する、「テンジクネズミ」と呼ばれる動物の1種です。 マーラは意外と多くの動物園で飼育されていますが、見たことがあってもどんな動物なのか思い出せない…という人も多いのではないでしょうか。 この記事でそんなマーラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
マヌルネコ

マヌルネコ

あなたはマヌルネコという、もふもふの毛皮とずんぐりした体型が特徴のネコ科動物を知っていますか? 限られた動物園でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いた人や実際に見たことがない人も多いことでしょう。 マヌルネコは“世界最古のネコ”とも呼ばれ、時にマイナス50℃にもなる環境に適応して暮らすとても面白い動物です。 この記事でマヌルネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
マングース

マングース

本州ではあまり見かけることが少ないものの、沖縄など南方面で有名な動物のひとつとして知られている生き物といえば・・・ そう、マングースです!見た目はイタチのようで少し可愛らしい感じもするのですが、 実は地域によってはマングースによってとんでもない事態が引き起こされているって知っていましたか? このページをきっかけにマングースとの付き合い方について考えてもらえたら嬉しいです!
マンクス

マンクス

しっぽの短いネコといえば、ジャパニーズボブテイルという品種がいます。実は「マンクス」という品種も、しっぽがとっても短いネコなんですよ! しかし、日本で見ることはほぼ無いため、初めて名前を聞いた!という方も多いはず。果たしてマンクス誕生にはどんな謎が隠されているのか?そしてしっぽが短い理由は? 早速、その秘密をひも解いてみましょう!
マンチカン

マンチカン

短い手足で繰り出すネコパンチや、おしりをフリフリさせながら歩く姿がかわいいと評判のマンチカンです! 他のネコにはない、少し変わった姿が魅力のひとつですよね。 ペットショップで見かけることも多いのですが、そもそもどうして足が短いのか・・・ あまり知らないことも多いはず。マンチカンのことをよく知っている人も、あまり知らない人も一緒にひみつを探ってみませんか?
マントヒヒ

マントヒヒ

マントヒヒは日本に生息しておらず、あまり馴染みのないサルと言えるでしょう。そのため動物園では珍しさからそこそこの人気があり、足を止めて見る観光客も多く見られます。 ちょっと滑稽な顔の形をしていますが、見た目に反して気性が荒い性格です。 一般的にはあまり知られていないマントヒヒの生態。どんな生物なのか一緒に見ていきましょう。
ミーアキャット

ミーアキャット

あなたはミーアキャットという、後ろ足で立ち上がる姿がかわいい動物を知っていますか? 多くの動物園で飼育されているため、実際に見たことがあるよ!という人も多いかもしれません。 そんなミーアキャットはとっても家族思いである反面、実は気性が荒いことから「砂漠のギャング」という異名を持っている動物でもあります。 この記事でミーアキャットにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
ミニレッキス

ミニレッキス

小さな体でありながら、見た目も美しいウサギといえば?そう!「ミニレッキス」です。日本でもミニレッキスが好き!という方がいるため、一度名前を耳にした人もいるのではないでしょうか。 カラーバリエーション豊富、ペット用としても向いていることから、初心者の方でも飼いやすいウサギといわれています。 そんなミニレッキスの秘密について、早速探りに行きましょう!
ミニロップ

ミニロップ

皆さんはミニロップというウサギを知っていますか?人気のある垂れ耳ウサギのひとつですが、ホーランドロップよりも大きく、フレンチロップよりも小さいので並べてみると「大、中、小」といったような面白い感じになります ミニというのにホーランドロップよりもひと回り大きい不思議なウサギ。そんなミニロップの生態について詳しく探ってみましょう!
ミヌエット

ミヌエット

さてここで問題です。マンチカンとペルシャの良いとこ取りをした、人気急上昇中のネコといえば?そう、ミヌエットです! 初めてこの名前を聞いた!という方もいるのではないでしょうか?実はこのネコ、最近登録されたばかりで新しめの品種なんです。 そしてその名前については少し面白い歴史も隠されています。そんなまだ見ぬミヌエットの世界について、早速ご案内しましょう!
メインクーン

メインクーン

さていきなりですが問題です。「ジェントルジャイアント」や「世界一大きいネコ」といわれている品種のネコといえば何でしょう? 答えは「メインクーン」です!よく「メークイン」と間違われることがあるのですが、メークインはじゃがいもの種類になります。ちなみにこの2つは特に関係性はありません。 そんなネコの「メインクーン」ですが、最近日本でも人気が出てきている品種のひとつになります。 意外な性格や特徴など・・・不思議がつまったメインクーンのひみつを見ていきましょう!
モグラ

モグラ

モグラは土を掘り、地中で生活する動物です。その珍しい習性から知名度は高く、知らない人は少ないと思います。 しかし、生涯のほとんどを地中で過ごすため、見たことがない人も多いはず。そのためか、「土を掘る」という習性以外で、モグラの生態はあまり知られていません。 そこで今回は知られざるモグラの生態を一緒に見ていきましょう。動物界の大工さんであるモグラ、実は私たち人間の知らないところで激しい合戦が行われているのです。
モモンガ

モモンガ

モモンガといえば、手足を広げて飛ぶイメージがありますね。最近では、ペットとしても人気のある動物です。 皆さんの中には、モモンガと聞くと「フクロモモンガ」を想像する人もいるのではないでしょうか?実は、モモンガとフクロモモンガは仲間ではなく別の種類の動物です。 モモンガに近い仲間はリスで、フクロモモンガに近い仲間はカンガルーです。見た目が似ている動物なので、勘違いしてしまいますね。 モモンガはどのような動物なのか詳しく探ってみましょう!
モルモット

モルモット

まんまるの体につぶらな瞳を持つかわいいモルモットは、ペットとしても人気の高い動物です。 動物園のふれあいコーナーでさわったり、抱っこしたりしたことがある人もいるのではないでしょうか? 身近な動物であるモルモットですが、実は意外と知られていない歴史や秘密を持っている動物でもあります。 それではモルモットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ヤギ

ヤギ

突然ですが、ここでクイズです。2本のツノを持っていてメーメーと鳴く動物といえば誰でしょうか?正解はそう、ヤギです。 ヤギはとても身近で、さまざまな歌やキャラクターのモチーフにもなっている動物です。 牧場や動物園などで飼われていることも多いので、実際に見たことがある人も多いのではないでしょうか。 しかしそんな身近な動物であるヤギがどんな暮らしをしているのか、歴史を持っているのか意外と知らない人も多いことでしょう。 この記事ではヤギにはどんな特徴や秘密があるのか、面白いヤギの世界について説明していきます。
ヤブイヌ

ヤブイヌ

あなたはヤブイヌという、「最も原始的」といわれるイヌ科動物を知っていますか? ヤブイヌは中央~南アメリカに生息している動物で、イタチやダックスフントのような胴長短足の体型が特徴です。 日本の動物園ではあまり飼育されていないため、見たことがないという人も多いのではないでしょうか。 ヤブイヌを知っている人も知らない人も、この記事で彼らにどんな特徴や秘密があるのか一緒に見ていきましょう!
ヤマアラシ

ヤマアラシ

ヤマアラシといえば、鋭い棘(とげ)を背負っているイメージの強い動物ですね。多くの方が想像するヤマアラシは、モヒカンのように棘を立たせている姿だと思います。 しかし、全てのヤマアラシが同じ姿をしているわけではありません。実は、ヤマアラシは大きく2つのグループに分かれているのです。 皆さんがよく知っているヤマアラシは、アジアやアフリカに分布している種類です。もう1つの種類は、アメリカに分布し棘が短くあまり知られていません。 ヤマアラシという動物の生態を、知らない人の方が多いと思います。この機会に、一緒にヤマアラシについて詳しく調べてみませんか?
ユキヒョウ

ユキヒョウ

あなたはユキヒョウという、白い毛皮と太くて長いしっぽが特徴の大型ネコ科動物を知っていますか? 動物園で飼育されているほか、SNSで話題になることもあるので見たことがある人もいることでしょう。 ユキヒョウはネコ科動物の中で唯一高山帯での暮らしに適応し、最も標高が高いところで生活する特徴的な動物です。 この記事でユキヒョウにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
ラーテル

ラーテル

ラーテルという名前の動物を知っていますか? 初めて名前を知る方も多いのではないでしょうか。 ラーテルは「世界一怖いもの知らずの動物」としてギネスブックに載っている動物です。見た目は強そうに見えませんが、積極的に周りにいる動物に攻撃をするのです。 そのため、ライオンやゾウなど体が大きい動物であってもラーテルを避けています。そんなに恐れられている動物がいるなんて興味が湧きますね。 ラーテルはどんな生き物なのか詳しく探ってみましょう!
ライオン

ライオン

百獣(ひゃくじゅう)の王と呼ばれているライオン! 肉食動物の世界ではとても強いため、子どもたちにも人気がある動物のひとつですが、 そんなかっこいいライオンでも、きびしい自然の中で生きていくは色々と大変なようです。 ライオンが普段どんな暮らしをしているのか見てみよう!!
ライオンヘッド

ライオンヘッド

皆さんはライオンヘッドというウサギを聞いたことがありますか? 直訳すると「ライオン?頭?」という意味ですが、名前からして何だか迫力ありそうな感じ!そう思った方もいるかも知れませんね。 でも実はその外見、小さなオスライオン!といった感じのかわいらしいウサギなんですよ。 日本では、見かけるチャンスがあまりないライオンヘッド。その隠された秘密をのぞいてみませんか?
ラガマフィン

ラガマフィン

今回このページでご紹介するのは「ラガマフィン」というネコです。ネコ種としてはまだ新しく、お家で見かけることはあまりないかも知れませんね。 第一印象は柔らかそうなふわふわのネコといった感じですが、実はこの外見、ラグドールと大きな関係があるんですよ。 ラガマフィンとラグドールの関わりも含めたネコの秘密、こっそり覗いてみませんか?
ラグドール

ラグドール

ふわふわの毛並みにモフモフしたしっぽが特徴的なネコといえば・・・ そう!ラグドールです!触り心地がよさそうな体に、キレイな青い瞳はなんともかわいらしいネコですよね。 そんなラグドールについて、少し意外な歴史や名前のひみつなどを探ってみませんか?
ラッコ

ラッコ

水族館での人気動物のひとつでもある、かわいいラッコです! 見た目はキュートでありながらも、その生態は意外なことも隠されているのですよ。 そんなラッコの面白い姿を探ってみませんか? もし次にラッコを見かけたら、ちょっとだけ見方が変わるかも?
ラパーマ

ラパーマ

皆さんはラパーマというネコを知っていますか?まだ日本での知名度は低く、初めて名前を聞いた!という方も多いはず。 ここで簡単にご説明すると、見た目はセルカークレックスによく似ている巻き毛ネコですが、「世界一美しい猫たち、ラパーマ」という写真集も存在し、その外見に見惚れてしまう方もいるんだとか。 そんなラパーマの魅力的な特徴や秘密について、早速探りに行きませんか?
ラマ

ラマ

皆さんはラマ(リャマ)というとどんなイメージを思い浮かべますか? アルパカともよく似ている動物ですが、アルパカはかわいい感じがするけど、 ラマはツバを吐きかけるっていうし、あんまりいいイメージがない・・・ そう思った人もいるのではないしょうか?確かに少し癖のある動物にも見えてしまいがちですが、ラマには意外な性格も隠れているんですよ。 このページを見たら前よりもラマのことが好きになるかも知れませんね!
リカオン

リカオン

あなたはリカオンという、アフリカに生息するぶち模様が特徴のイヌ科の野生動物を知っていますか? 彼らは非常に社会性が高くて家族の絆が強く、狩りが上手なアフリカ最強のイヌ科動物といわれています。 そんなリカオンは人間に迫害されてきた歴史を持ち、時に「汚い犬」という不名誉な名前で呼ばれることもあります。 この記事でリカオンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!
リス

リス

せっせとどんぐりを運ぶ姿やふんわりとしたしっぽが可愛いリス! 可愛いイメージの強いリスですが、意外とリスの事は知らないのでは? 私と一緒にリスについて詳しく知ってみましょう!
レッキス

レッキス

皆さんはレッキスというウサギを知っていますか?知ってる、聞いたことある!という方は、なかなかのウサギ通かも? 実はこのウサギ、日本で見かけることはほとんどなく、飼っているお家を見つけたらラッキーといえるでしょう。 このページでは、そんなレッキスの知られざる秘密をご紹介しています。早速、その秘密を覗いてみませんか?
レッサーパンダ

レッサーパンダ

しましまのしっぽに眉毛のような白い毛、まんまるの目など見た目がかわいいことで有名なレッサーパンダ。 そんなレッサーパンダは動物園の中でも人気が高く、ファンが多い動物の1つです。 しかしレッサーパンダの生態やどんな特徴があるのか考えてみると、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? レッサーパンダにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
ロシアンブルー

ロシアンブルー

高級じゅうたんのような毛並みと、気品あふれるスラリとした体型。皆さんも一度は耳にしたことがあるのでは? その名もネコのロシアンブルーです!ペットショップでも見かけることが多いのでメジャーな品種のひとつになります。 一見すると冷静で何事にも応じない落ち着いた雰囲気の持ち主に見えるのですが、実はロシアンブルーには・・・ 意外な性格が隠れているのです!

鳥類(ちょうるい)

季節によって住む場所を変え、空を飛びまわり、時には水辺で泳ぎながら卵を産み育てる動物の仲間といえば?そう!鳥類です!
鳥は私たちヒトと同じように肺呼吸をしながら生きていますが、卵を産み孵化(ふか)させてからヒナを育てるという違いがあります。どうして卵からヒナを育てるのかというと、空を移動することが多い鳥類は少しでも体を軽くする必要があるので、お腹の中で育てるより卵で産んだ方が負担が減らせるのです。
子育てもオスが積極的に参加する場合が多く、動物界のイクメンとも呼ばれる鳥類。そんな子煩悩の一面を持つ、不思議な鳥たちの世界について詳しく触れてみませんか?

アデリーペンギン

アデリーペンギン

さてここで問題です。JR東日本のICカード乗車券Suicaのキャラクターモデルとなったペンギンの正体は何でしょう?答えは「アデリーペンギン」です。Suicaを持っている方はぜひ、確認してみてください! さて、アデリーペンギンは体にタキシードをまとい、目の周りには白いアイラインを引いたような見た目が特徴的なペンギンです。 このページではそんなアデリーペンギンにまつわる不思議な秘密について、たくさんまとめています。早速、覗いてみましょう!
アヒル

アヒル

おもちゃのデザインになっていたり、キャラクターのモチーフになっていたり、私たちが何かと目にすることが多いアヒルです! 身近な鳥なのは知っているけど、アヒルのあれこれについて詳しく知る機会はなかなかないですよね。 このページをを見て一緒にアヒルのひみつを探ってみませんか?
イエローアイドペンギン

イエローアイドペンギン

別名「失われた森の住人」。今回このページでご紹介するのはイエローアイドペンギンという、ちょっと珍しい鳥です。 頭部や目が黄色に輝き、とても神秘的な姿をしているペンギンといえるでしょう。ちなみに、ニュージーランドの5ドル札にも描かれているため、ニュージーランドでは最も有名なペンギンなんだとか。 日本から遠く離れた国で彼らはどんな生活を送り、命を繋いでいるのでしょうか? 早速、その秘密を覗いてみましょう!
ウズラ

ウズラ

あなたはよくお弁当や中華丼に入っている、小さい卵を産む鳥の名前を知っていますか? ニワトリの卵に比べるとずいぶんと小さいこの卵を産むのは、キジの仲間である鳥「ウズラ」です。 ウズラの卵は見たことがあるけれどウズラについては良く知らない、見たことがない、という人もいるのではないでしょうか? ウズラにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にウズラの世界をのぞいていきましょう。
エミュー

エミュー

突然ですが、「世界で2番目に大きな飛べない鳥は誰でしょう?」と聞かれたらあなたはなんと答えますか? このクイズの答えは動物園や牧場などでよく飼われている、オーストラリア出身の飛べない鳥「エミュー」です。 飛べない鳥といえばダチョウが有名ですが、ダチョウとエミューにはどんな違いがあるのでしょうか? エミューにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にエミューの世界をのぞいていきましょう。
エレクトクレステドペンギン

エレクトクレステドペンギン

飾り羽がついているペンギンは何種類かいますが、今回は「エレクトクレステドペンギン」についてご紹介します。別和名「マユダチペンギン」とも呼ばれており、ペンギン好きの方ならご存知かも知れませんね! ですが、実際このペンギンを間近で見た経験のある方は少ないようです。 それもそのはず。実はある秘密が隠れているためといわれています。果たしてその秘密とは一体何なのか? 早速、探りに出かけましょう!
エンペラーペンギン

エンペラーペンギン

ドキュメンタリー映画の主人公にもなったり、最近ではコウペンちゃんという可愛いキャラクターも登場しているのでペンギンといえばこの姿を思い浮かべる方も多いのでは?それが今回ご紹介する「エンペラーペンギン」です。 そんなエンペラーペンギンには、とあることが一番といわれています。果たしてそれは一体何なのか? 早速、その秘密を探ってみましょう!
カナリア

カナリア

赤色や黄色、白色の美しい見た目とさえずりが特徴のペットとして飼われる小鳥、カナリア。 カナリアはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。 しかしいつの間にか飼育する人が少しずつ減り、ペットショップでその姿を見かけることも少なくなってしまいました。 そんなカナリアにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!
カモ

カモ

テレビのニュースでカモのお散歩姿を見たことがある人もいるはず!私たちのすぐそばで暮らしていることが多いカモです! 池や川などで泳いでいる姿はかわいらしいですよね。あの有名なことわざの意味やカモの知らなかった秘密など・・・ このページを見て、もっとカモに興味をもってくれたら嬉しいです!
カラス

カラス

あなたは「真っ黒いくちばしと羽を持つ鳥といえば?」と聞かれたら、なんと答えますか? おそらく街中でも良く見かける身近な鳥、「カラス」と答える人が多いのではないでしょうか。 不吉や汚いといった悪いイメージを持たれがちなカラスですが、実際彼らはどんな生活を送っているのでしょうか? この記事でカラスはどんな生態の動物なのか、どんな特徴や秘密があるのか一緒にのぞいていきましょう!
カワセミ

カワセミ

カワセミは私たち人間にとっても身近な鳥で、人間の生活圏で観察できます。スズメやカラスと違って、鮮やかな体を持つカワセミは愛好家の間でも人気がある鳥です。 そんなカワセミが、実は宝石のヒスイと深い関わりがあることをご存じですか?鮮やかな青色の体ですが、実は青くないということをご存じですか? 本記事ではカワセミのさらなる魅力に迫ってみたいと思います。
キジ

キジ

突然ですが、あなたは日本の国鳥を知っていますか? 意外と知られていませんが、日本の国鳥はツルでもトキでもなく、実は桃太郎のおともとして有名な鳥「キジ」です。 キジは目にも鮮やかな色合いが特徴の野鳥で、古くからさまざまな物語に登場するなど、私たち日本人にとっては比較的身近な存在です。 そんなキジにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
キュウカンチョウ

キュウカンチョウ

人の言葉を上手にまねしておしゃべりすることで有名な鳥、キュウカンチョウ。 キュウカンチョウはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。 しかしとある事情から捕獲が禁止され、今ではほとんどその姿を見ることはできなくなってしまった鳥でもあります。 そんなキュウカンチョウにはどんな特徴や歴史があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!
キングペンギン

キングペンギン

今回このページでご紹介するのは、世界で2番目に体が大きいといわれている「キングペンギン」です!日本各地の水族館で見られるキングペンギンですが、その生態や秘密についてたくさんまとめてみました。 「なんでキング(王様)っていう名前なの?」「ヒナがずんぐりむっくりで可愛い!けど、理由はあるの?」などなど。 そんなキングペンギンの秘密について、早速覗いてみましょう!
クジャク

クジャク

目にも鮮やかな青色の体、そして目玉模様(めだまもよう)がある立派な羽が特徴の鳥といえば誰でしょうか? 答えは動物園や学校で飼われていることが多いひそかな人気者、「クジャク」です。 しかしよく考えてみるとクジャクを見たことはあっても、その生態や特徴については知らないことも多いのではないでしょうか? クジャクにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にクジャクの世界をのぞいていきましょう。
コクチョウ

コクチョウ

あなたは全身の色が真っ黒な、不思議なハクチョウ(白鳥)がいることを知っていますか? コクチョウ(黒鳥)と呼ばれる黒色のハクチョウは、オーストラリアやニュージーランドに生息しています。 彼らはかつて存在するはずがない生き物だと考えられ、無駄な努力の象徴にされていた時期もあったそうです。 そんなコクチョウにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
コンドル

コンドル

実際にコンドルを見たことがなくても、「コンドルは飛んでいく」という曲は知っているという人も多いことでしょう。 コンドルはアンデスの先住民にとって、非常に神聖な生き物だとされています。 そんな彼らはエクアドルとコロンビア、チリの国鳥に指定されていて、アンデスの神話にも登場します。 この記事で世界最大級の空を飛ぶ鳥、コンドルの特徴や秘密をのぞいていきましょう!
サイチョウ

サイチョウ

「カスク」と呼ばれる突起は非常に大きく、一度その姿を見たら忘れられないという人も多いことでしょう。 なんとも不思議な鳥、サイチョウにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
ジェンツーペンギン

ジェンツーペンギン

体長がコウテイペンギン、キングペンギンの次に大きいペンギンといえば?そう、「ジェンツーペンギン」です。 ジェンツーペンギンは、同族のアデリーペンギンやチンストラップペンギンのなかで国内飼育数が最も多く、「このペンギン水族館で見たことある!」そんな方もいるのではないでしょうか? 体長が上から3番目に大きいだけでなく、実はペンギン界のなかであることが1番速い!という秘密も隠れています。 そんなジェンツーペンギンの不思議な世界について、早速覗いてみましょう!
シジュウカラ

シジュウカラ

私たち人間にとってもっとも身近な鳥といえば、何を思い浮かべますか? スズメ? はたまたカラスでしょうか。 しかし、忘れてはいけないのが、シジュウカラ。たしかに、スズメやカラス、ハトなどと比べると知名度は高くないかもしれません。パッと姿を思い出せない人もいるでしょう。 しかし、実はシジュウカラの模様はかなり印象的。一度、「シジュウカラだ!」と判別できるようになれば、きっと街中で見かける増えるはず! 今回はスズメに負けず愛らしいシジュウカラについて、生態やすごい能力を紹介します。街中で見かけたときは、ぜひ思い出してくださいね。
スズメ

スズメ

日本でもっとも身近な鳥と言えば、スズメを想像する人も多いのではないでしょうか。スズメはカラスやハトと並んで、日本で多く生息する鳥類です。小柄なその体はとても愛くるしく、「かわいい」と感じる人もいるでしょう。 しかし、これだけ身近な鳥であるにもかかわらず、一般的に知られていないことがたくさんあります。 今回は身近な鳥、スズメの知られざる生態を見ていきましょう。
スネアーズペンギン

スネアーズペンギン

今回はマカロニペンギン属のひとつ「スネアーズペンギン」についてご紹介します。 このスネアーズペンギン。実はある諸島にしか生息していない貴重な鳥のため、ご存知の方はとてもペンギン好きといえるでしょう。 このページでは「どうしてスネアーズペンギンっていうの?」「スネアーズペンギンってどんな性格?」など、たくさんのなぜ?をまとめてみました。 それでは早速、その秘密を探りに行きましょう!
タカ

タカ

タカやワシは空の王者と呼ばれるほど、空を飛ぶたたずまいは優雅で誰もが心を奪われます。 空を飛べない人間にとって、鳥は自由の象徴のように扱われることが多く、中でもタカのような猛禽類は強さも魅力的です。強靭な爪やくちばしで空から急襲する姿は、まさにハンター。 人間と古来から付き合いのあるタカは、普段どんな生活をしているのでしょうか。タカの生態を一緒に見ていきましょう。
ダチョウ

ダチョウ

皆さんはダチョウといえば?と聞かれたとき、どんなことをイメージしますか とても足が速い鳥!と思い浮かべる人も多いはず。もちろんそれがダチョウにとって一番の特徴でもあり、有名なことでもあるのですが・・・このページには、ダチョウの面白い姿が他にものっています! ダチョウの不思議な世界をさぐってみませんか?
チンストラップペンギン

チンストラップペンギン

皆さんは「チンストラップペンギン」という鳥を知っていますか?実はこの名前、日本でいう「ヒゲペンギン」のことなんです! 世界中にいるペンギンのなかで1、2位を争うほどの個体数が多いといわれているチンストラップペンギン。ですが意外にも日本で飼育している数は少なく、初めて名前を聞いたという方も多いのではないでしょうか? そんなチンストラップペンギンの面白おかしい秘密について、早速覗いてみましょう!
ツバメ

ツバメ

寒い冬も終わりを見せ始め、季節が春へと移り変わるころに見られる鳥といえば・・・ そう、ツバメです!ツバメが巣を作り始めたり、忙しそうに空を飛んでいる姿を見ると季節の変化を感じますよね。 そんなツバメですが、なぜ春から夏にかけてしか見る事ができないのか?秋から冬にかけては一体どこへ行くのか・・・気になりませんか? それでは・・・そんなツバメの不思議について一緒に探っていきましょう!
ニワトリ

ニワトリ

現代人にとってもっとも身近な鳥はニワトリと言えるでしょう。 スズメやカラスのほうが身近だ、という意見もあるかもしれません。たしかに街中ではニワトリよりスズメやカラスのほうがよく見かけるでしょう。 しかし食生活を考えてみてください。玉子に鶏肉、ニワトリの恩恵がない日のほうが少ないのではないでしょうか。 ニワトリが身近であるにもかかわらず、ほとんどの人はニワトリの生態を知りません。そこで今回はニワトリの生態について、一緒に学んでいきましょう。
ハクチョウ

ハクチョウ

湖の上を静かに泳いでいたり、ある時は童話にも出てくる有名な鳥だったり・・・ 白鳥の湖なんてバレエ音楽もあるぐらいですから、やっぱり性格も大人しくておしとやかなのでは?と思っている人も多いはず。 確かに見た目は美しい鳥なのですが、意外な性格も隠れている不思議な鳥です。 このページを見ればハクチョウについてのイメージが少し変わるかも知れませんね!
ハシビロコウ

ハシビロコウ

ハシビロコウといえば、「動かない鳥」として有名です。大きなクチバシにキリッとした鋭い目が特徴的ですね。 性格はキツイ部分もありますが、飼育員さんに甘えるような可愛らしい一面も秘めています。 その見た目とのギャップから、ハシビロコウの虜(とりこ)になってしまう方もいるのです。 ハシビロコウの魅力(みりょく)をより多くの方に知っていただくために、一緒に詳しく探っていきましょう!
ハト

ハト

ハトというと、皆さんはどんなイメージを持ちますか? 公園や駅、街の中でもよく見かけるハトは、私たちにとって、とても身近な鳥。オリーブの葉を加えた白いハトは、平和の象徴であり、また幸運のしるしとも言われ良いイメージですよね。 さらに鳩は、その飛翔能力(ひしょうのうりょく)と帰巣本能(きそうほんのう)が優れているため、を古代より伝書鳩として通信の分野で用いられてきました。 しかし、また鳩は、迷惑な害鳥(がいちょう)として嫌われている鳥でもあります。知ってるようで知らないハトのこと、ハトとわたしたち人間との関係について調べてみましょう。
パフィン(ツノメドリ・ニシツノメドリ・エトピリカ)

パフィン(ツノメドリ・ニシツノメドリ・エトピリカ)

パフィンという鳥を知っていますか? 大きくてカラフルなくちばしと、ちょっと困ったような顔がユーモラスで可愛い海鳥です。パフィンは鳥だけど、海の中を飛ぶように泳ぐこともできるんですよ。 パフィンのこと、まだまだ知らないこと、いっぱいありそうですね。調べてみよう!
フィヨルドランドペンギン

フィヨルドランドペンギン

皆さんは「森の妖精」と呼ばれているペンギンをご存知ですか? ペンギンといえば氷上の上で暮らしている光景を思い浮かべるものの、今回このページでご紹介する「フィヨルドランドペンギン」は、珍しいことに森の中でひっそりと暮らしている鳥なんです。 そのためミステリアスな部分も多く、まだ解明されていない部分も多いんだとか。 森の妖精と呼ばれる彼らは普段どんな暮らしをしているのでしょうか?早速、覗いてみましょう!
フクロウ

フクロウ

フクロウは映画「ハリー・ポッター」シリーズに登場したことから、日本でも人気ぶりに拍車がかかっています。 昔はなかった「フクロウカフェ」がオープンし、触れられる機会も多くなりました。 しかし野生のフクロウは狩りがうまく、大きくてつぶらな瞳やおとなしい様子からは想像できません。 夜の狩人と称されるフクロウの生態や、素朴な疑問を解説します。
フクロウオウム

フクロウオウム

皆さんは「フクロウオウム」という生き物を知っていますか?別名を「カカポ」とも呼び、こちらの方が聞き慣れているかもしれません。世界で唯一飛ぶことのできないオウムだと言われています。 オウムなのに飛べないのは不思議に感じますね。フクロウオウムは、珍しい生態を数多く持っている生き物です。また、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に含まれており保護されているのです。 フクロウオウムは、人間にも求愛(きゅうあい )行動をするほどに人懐っこい性格をしています。しかし、実際に見ることが難しい動物のため知っている人は多くありません。1人でも多くの人に、フクロウオウムの魅力(みりょく)を知っていただきたいです。 フクロウオウムについて、一緒に詳しく探ってみましょう!
フラミンゴ

フラミンゴ

美しい羽色とスラっとした長い脚が特徴的のフラミンゴです! 色鮮やかな体をしたフラミンゴですが、その裏では色々と不思議なことが隠されているんですよ。 皆さんが知らなかったフラミンゴの世界について、一緒に探ってみませんか?
ブンチョウ

ブンチョウ

ぴょんぴょんと可愛い姿がペットとしても大人気!手のりなど人に慣れやすく心癒されるパートナーです。 そんな愛らしいブンチョウと穏やかな日々を送ってみませんか?
ペンギン

ペンギン

よちよち歩く姿がかわいい、水族館でも人気のあるペンギンです! 水族館の人気者だけじゃない!ペンギンの意外な性格や姿など・・・ これは知らなかったというペンギンのひみつがあるかも知れませんね! ペンギンの不思議な世界を一緒にのぞいてみませんか?
マカロニペンギン

マカロニペンギン

イワトビペンギンやロイヤルペンギンなど、全部で6種類のペンギンが属するグループをマカロニペンギン属といいますが、今回ご紹介するのはグループ名の代表的な鳥ともいえる「マカロニペンギン」です! まずマカロニペンギン属といえば、全員頭に「冠羽(かんう)」が生えているのが特徴ですが、よく観察してみると冠羽の生え方もそれぞれ個性がみられます。 ではマカロニペンギンの外見的特徴は?どんな性格をしているの?いろいろ気になりますよね! 早速覗きに行きましょう!
ヨタカ

ヨタカ

あなたは日本にも生息している、「ヨタカ」という野鳥を知っていますか? ヨタカは夜行性なうえに地味な色をしていることから、実際に見たことがあるという人は少ないことでしょう。 一見地味に見えるヨタカですが、実は驚くほど口が大きく開く、ヒゲが生えているなど、なんとも面白い特徴を持った鳥でもあります。 ヨタカにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にヨタカの暮らしをのぞいていきましょう。
ライチョウ

ライチョウ

ライチョウは、高山帯に生息する鳥で、日本では特別天然記念物に指定されています。 個体数が少なく、街中で見かけないので、一般的になじみ深くありません。しかし、特徴的な姿は昔から登山者に愛されています。 本記事では、あまり知られていないライチョウの生態や特徴を解説しています。一緒にライチョウの魅力に触れてみましょう。
ロイヤルペンギン

ロイヤルペンギン

皆さんは「ロイヤルペンギン」というペンギンをご存知ですか?名前にロイヤルがついてるせいか、どことなくエレガントなペンギンを想像しちゃいますよね! 優雅で争いにも無縁なイメージのロイヤルペンギンですが、実はつい100年ほど前まで、ロイヤルペンギンにとってとても辛いことが起きていました。 一体何がペンギンたちを苦しめていたのでしょうか?そして、私たち人間が忘れてはいけない出来事とはなんでしょうか? この機会に、早速ロイヤルペンギンの秘密について掘り下げてみませんか?
ワシ

ワシ

ワシは人間が強く憧れる動物のひとつ。強くて威風堂々としたたたずまいから、空の王者などと呼ばれることもあります。多くの国や組織からマークとして使われることもあり、まさに強さの象徴です。 日本にも何種類かワシが生息しており、各地で見られます。しかしスズメやカラスと違い、街中で見ることは多くありません。 普段のワシの生態や特徴を見てみましょう。

両生類(りょうせいるい)

水辺で卵を産み、小さな頃は水中でエラ呼吸、成長すると陸上での肺呼吸に変わり、なんと皮膚呼吸もできる動物の仲間といえば?そう!両生類です!
そもそも両生類はなぜ皮膚呼吸をするのかというと、成長しても肺だけでは体に酸素を送ることができないので、皮膚呼吸で不足分を補う必要があるからといわれています。また、心臓のつくりが2心房1心室だったり、外の気温で体温が変化する体質を持っているのも特徴です。
鳴き声やにおいが少ないので、最近はペットとしても人気があるみたいですね!そんな両生類の新しい魅力について一緒に探してみませんか?

ウーパールーパー

ウーパールーパー

くりくりとした目とおとぼけたような顔、ひらひらとしたエラ、少し前にペットとして大流行を巻き起こしたウーパールーパー、実は詳しく知っている人は少ないのではありませんか? ウーパールーパーをよく知っていくときっとあなたも飼いたくなること間違いなしです!

爬虫類(はちゅうるい)

うろこにおおわれた体を持ち、陸上で卵を産み育て、外気温によって体温が変化し、寒い季節は冬眠をする動物の仲間といえば?そう!爬虫類です!
爬虫類は私たち人と同じく背骨を持つ生き物ですが、有名なのはワニやヘビなどです。え!ヘビに骨があるの!?と思われた方もいるかも知れませんね。骨があるのにクネクネ動きができるのは、実はちょっとした秘密があり、それ以外にも心臓のつくりが2心房1心室だったり、乾燥に強い卵を産むなどの特徴があるんですよ。
可愛い姿からカッコいい姿まで、幅広い爬虫類の世界についてご紹介します!

アルマジロトカゲ

アルマジロトカゲ

あなたはアルマジロトカゲという、トゲトゲのウロコを持つドラゴンのようなトカゲを知っていますか? ときおり動物番組やSNSで話題になることがあるので、名前は知っているよという人もいるかもしれません。 アルマジロなのかトカゲなのかわからない、なんとも不思議な名前を持った彼らは他のトカゲにはない面白い特徴をたくさん持っています。 この記事でアルマジロトカゲがどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒に見ていきましょう!
イグアナ

イグアナ

あなたはイグアナという、主に南アメリカに生息する恐竜のような見た目をした大型のトカゲを知っていますか? テレビ番組やSNSに登場したり動物園で飼育されたりしているため、姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。 イグアナはペットとして人気がある反面、飼いきれなくなって捨てられてしまうという悲しい事例が多い動物です。 この記事でイグアナがどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒に見ていきましょう!
カメ

カメ

カメといえばゆっくりとした動作と甲羅(こうら)が特徴的ですね。 ペットとして飼うこともできる身近な生き物でもあります。 しかし、飼育放棄や外来種の増加など問題を抱えています。 そんなカメについて詳しく探っていきましょう。
トカゲ

トカゲ

トカゲの種類はどのくらい存在しているのか知っていますか? 実は、トカゲは4000種類以上いるといわれています。かなりの数の多さに驚かされますね! そして、トカゲの魅力(みりょく)といえば「個性」が豊かです。体の大きさ・顔つき・体格・特徴・肌質など、トカゲの種類によって大きく変わります。 個性が豊かだからこそ、トカゲはペットとしても人気があるのかもしれませんね。トカゲについて詳しく探ってみましょう!
ヘビ

ヘビ

爬虫類といえばヘビをイメージする人が多いのではないでしょうか。 好き嫌いが分かれやすい動物ですね。最近では、ペットとして飼う人も増加しています。ヘビにはどんな魅力があるのか探っていきましょう!
ヤモリ

ヤモリ

日本でもっとも身近な爬虫類と言えば、ヤモリが挙げられます。昔から日本に生息し、窓の外側に張り付く姿にビックリしたことがある人も多いのではないでしょうか。 「爬虫類」というだけで苦手意識を持つ人は多いですが、クリッとした目と小柄な体から「かわいい」と人気があることも事実です。 しかし、身近でありながらも一般的にヤモリの生態はあまり知らない人がほとんど。そこでヤモリの生態や、ちょっとした疑問を見ていきましょう。
ワニ

ワニ

大きな口とごつごつとした体を持つワニです! 本当にただ凶暴なだけの生き物なのでしょうか?そして実はワニの肉って思わず食べたいと思うような隠された秘密が! それではワニについて詳しく見ていきましょう!

節足動物(せっそくどうぶつ)

体が3つまたは2つの部位に分かれていて、関節のある脚を持ち、クチクラという外骨格におおわれている動物の仲間といえば?そう!節足動物です!
今現在、なんと地球にいる生き物の80%以上が、この節足動物の仲間だと確認されているって知っていましたか?基本的に節足動物には骨がないので、硬い外骨格が骨の代わりです。そんな外骨格も体が大きくなるにつれて、窮屈になるため脱がなければなりません。これがいわゆる脱皮と言われる行動です。種類豊富な節足動物の世界、意外なあの動物も、実は仲間だったの?そんな新しいワクワクを見つけにいきませんか?

クモ類(くもるい)

体が頭と腹部の2つに分かれ、8本の脚を持ち、実は珍しいペットとして飼う人もいるという動物の仲間といえば?そう!クモ類です!
名前のとおり、最も代表的なのはクモですが、他にもサソリやダニもクモ類の仲間で、そして節足動物にも分類されます。一部の毒クモや毒サソリ、またダニに刺されると感染症の原因になるため、悪者だと誤解されやすいクモ類ですが、意外と強い毒を持つものは少なく、実はこっそり害虫退治してくれることもあるんです!
好みが分かれやすいクモ類ですが、私たちの知らない場所でどんな風に暮らしているのか、これから調べにいきませんか?

クモ

クモ

クモといえば「スパイダーマン」のモデルとなった生き物ですね。 スパイダーマンはカッコ良くて人気があります。 しかし、実際のクモには苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?8本の長い手足を持った独特な姿を見ると、近づくことに抵抗を感じてしまいますね。 クモの巣を作られると取り除く手間もかかるため、あまり良いイメージはありません。ですが、クモはゴキブリなどの害虫を食べてくれているのです。 クモは実際どんな生き物なのか一緒に探ってみましょう!

多足類(たそくるい)

体は細長く、胴体にたくさんの脚を持ち、時には害虫扱いされてしまう、見た目のインパクトが強い動物の仲間といえば?そう!多足類です!
多足類の代表的なものは、ムカデやヤスデ、ゲジです。とくにムカデは毒があり刺されると大変なので、嫌われるケースが多くみられます。ちなみにダンゴムシも脚がたくさんありますが、多足類ではなく甲殻類なんですよ!また多足類も節足動物に分類されています。
そして驚くことに、現時点で多足類は地球で初めて誕生した陸生生物ともいわれているのです。ちょっとマニアックな多足類の世界、こっそり覗いてみませんか?

昆虫類(こんちゅうるい)

主に陸上で生息し、体全体が頭、胸、腹の3つに分かれ、胸部には6本の脚と2枚の羽を持っている動物の仲間といえば?そう!昆虫類です!
そして昆虫と虫って、実は区別されていることを知っていましたか?有名な昆虫はカブトムシやチョウなど人気のある種類が多く、反対にクモやムカデなど脚がたくさん生えているものは昆虫ではなく、虫のクモ類や多足類なんです。でも脚が4本しか生えていないのに、昆虫分類されている場合もあり、さらに昆虫類は節足動物にも分類されています。
それでは、ひとことで語りつくせない昆虫ワールドへご案内しましょう!

アリ

アリ

普段、何気ない日常でどこにでもいるアリ。そんなアリにも、まだまだ知られていないことはたくさんあります。 アリは私たち人間のように、仲間をつくり、社会を築いて行動します。 そんな興味深いアリたちの秘密を、一緒に探っていきましょう!
カマキリ

カマキリ

昆虫の中でも最強クラスのハンター「カマキリ」は、昆虫好きにはたまらない人気者。 ジッと身を潜め、獲物に瞬時に襲い掛かり、鎌で押さえつけムシャムシャと食べる獰猛(どうもう)な姿。翅を広げて威嚇する妖怪チックな姿。 なぜか見つめられてるみたいな不思議な複眼。美しい花や枯葉そっくりの驚くような擬態・・・等々、知れば知るほど不思議の宝庫! カマキリのワンダーな世界へご案内しましょう。
チョウ

チョウ

ひらひらと花から花へ飛ぶ美しい蝶は、青虫や毛虫だった幼虫時代とは全く違った姿をしています。幼虫から蛹(さなぎ)へ、蛹から蝶へと変化していく蝶の体には、不思議がいっぱい!どうしてそんなこと知ってるの?どうしてそんなことができるの?と思わず叫びたくなる蝶の不思議を、探しに出かけましょう!
トンボ

トンボ

子どもが大好きなトンボ。お父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんも、トンボを追いかけたりつかまえて遊んだことがきっとあるはず。 そんな身近なトンボだけど、じつは知らないこともいっぱい! きみはトンボのこと、どれだけ知っているかな?
ハチ

ハチ

甘くておいしはちみつを作ってくれる虫であり、小さな体でありながら人を死に追いやることもできる虫! ハチは人にとって味方なのでしょうか?敵なのでしょうか?全てのハチに人を殺す力があるのでしょうか? あなたは小さな虫であるハチの事をどれくらい知っていますか?

甲殻類(こうかくるい)

主に海や川などに生息し、体はキチン質の硬い殻におおわれ、水中ではエラ呼吸をしながら生きている動物の仲間といえば?そう!甲殻類です!
甲殻類と言えばアレルギーでも有名なエビやカニが代表的ですが、他にもヤドカリやオキアミも甲殻類の仲間で、さらに節足動物にも分類されます。また、顕微鏡で見た経験があるかも知れないミジンコも、実は甲殻類なんですよ!よく見ると体はちゃんと殻でおおわれており、節足動物としての特徴もあるので甲殻類とされています。
私たちが栄養としていただいていることも多い甲殻類、今まで知らなかった生態を調べにいきませんか?

エビ

エビ

エビといえば何を想像しますか?お寿司などの食べ物のエビを想像する人もいれば、観賞用ペットのエビを想像する人もいると思います。 人によって想像するエビが違うのは、それだけ様々なエビが私たちの身近にいる証拠(しょうこ)ですね。 実は、エビは世界に3000種類ほど存在しています。意外と種類が多いことに驚かされてしまいますね。エビは身近に生息していますが、私たちは知識として知っている情報は少ないのではないでしょうか? エビについて一緒に詳しく探ってみましょう!

魚類(ぎょるい)

体中にうろこを生やし、海や川など水のある場所に住んで卵を産み、エラ呼吸をしながら泳いで暮らしている動物の仲間といえば?そう!魚類です!
そもそも魚はなぜエラ呼吸をするのかというと、基本的に魚は肺がないので、その代わりエラを使って水中の酸素を取り込んでいるといわれています。ですが!実は肺呼吸ができる不思議な魚も存在するんですよ!それ以外にも、子どもの頃と大人になってからの生息場所が変わる魚もいたり、うろこのない魚も新しく発見されている魚の世界。
あの美味しい魚や、ちょっと怖い魚のことまで、魚類の知りたい?を発見しにいきましょう!

アンコウ

アンコウ

「深海魚」と聞いて、イメージする魚は何でしょうか。深海魚の種類や名前を知らない人がほとんどだと思いますが、アンコウを思い浮かべる人が少なくないはず。 アンコウは、グロテスクなフォルムを持っています。日本では食用にされるほどメジャーな魚でもありますが、種としての生態を知っている人は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、食用にもなる身近な深海魚であるアンコウについて、詳しく見てみましょう! なお、日本でアンコウといえば、ホンアンコウ(別名:キアンコウ)とクツアンコウ(別名:アンコウ)を指します。本記事では、特別な記載がない限り、クツアンコウを取り上げます。
エイ

エイ

エイと言えば、魚らしくない体と羽ばたくような泳ぎ方を想像する人が多いのではないでしょうか。 その優雅な姿は水族館でも人気があり、食い入るように見る子どももいるほど。大きな姿は見る人に感動を与えますが、実は10cm程度の小さなエイがいることをご存じでしょうか。 実はエイの種類は非常に豊富で、一般的に知られてないことはたくさんあります。たくさんの不思議を持つエイの生態を少しずつ見ていきましょう。
クマノミ

クマノミ

クマノミといえばディズニーの映画「ファインディングニモ」で有名になった魚ですね。 オレンジ色に模様が入った鮮やかな色合いをしている種類が多いです。 クマノミはいつもイソギンチャクに隠れているイメージがありますね。恥ずかしがりや魚なのでしょうか? クマノミは実際どんな魚なのか一緒に探って行きましょう。
サメ

サメ

アメリカの映画でも良く出てくる海のギャング「サメ」 とても怖いイメージが強いサメですが本当にそんなに怖い生き物なのでしょうか? サメの事をとてもよく知っていくともしかすると・・・それほど怖い生き物では無いかもしれません。 サメとはいったいどんな生き物なのか、一緒に見ていきましょう!
タツノオトシゴ

タツノオトシゴ

「魚」と聞いて思い浮かべる形は平べったくて、流線型のあの「魚」でしょう。そして、その形状とはまったく違う魚として、タツノオトシゴが存在します。 タツノオトシゴは、名前から竜を連想できるため、子どもから人気がある種類です。 「魚」と言われてもなかなかピンとこないタツノオトシゴの生態を一緒に見ていきましょう。
チンアナゴ

チンアナゴ

砂の中から長い体をひょろりとのぞかせるチンアナゴ! しましまな模様やオレンジ色など見た目もとても可愛いく水族館の隠れた人気者ですが、チンアナゴはどうして砂の中に潜っているかどんなご飯を食べて過ごしているか知っていますか? 可愛いチンアナゴについて詳しく知っていきましょう!
マグロ

マグロ

「好きな動物は?」と聞かれれば、多くの人が何かしらの動物を思い浮かべると思います。 しかし「好きな魚は?」と聞かれて、何かを思い浮かべるのは困難ではないでしょうか。もし思い浮かんだとしても、食材としての魚のことも。 食材としての魚では、海外から「日本人はマグロが好き」と思われています。たしかにマグロは、一般家庭や飲食店でも身近な食材です。 しかしマグロの生態について、詳しく知っている人は多くない印象を受けます。そこでマグロについて、生態を詳しく見ていきましょう!
マンボウ

マンボウ

マンボウと言えば大きな体と、愛嬌のある顔で人気のある魚です。一般的な魚と違う独特のフォルムは、一度見たら忘れられないほどのインパクト。 よく知られている魚ですが、実はその生態はまだまだ謎に包まれています。現在までに知られている生態を詳しく見ていきましょう。

原生動物(げんせいどうぶつ)

小さすぎて肉眼で見るのは難しく、ひとつの細胞で体が作られ、顕微鏡でならその姿を確認できる。そんな動物の仲間といえば?そう!原生動物です!
顕微鏡で見ないと分からないくらい、とっても小さい原生動物は、ゾウリムシやミドリムシ、アメーバなどがあります。ミドリムシの学名はユーグレナともいいますが、なんとミドリムシの栄養素がすごい!ということで、未来の食べ物として期待されているんですよ!
原生動物は、地球に住む生き物の生命誕生きっかけになったともいわれているんだとか。
そんな原生動物のミステリアスワールドへ、さっそく出かけませんか?

アメーバ

アメーバ

アニメやゲームではよく見かけスライムとも表現されるアメーバですが、架空の生き物だと思っていませんか? 実はアメーバは現実世界に実在する生物なんです! 想像とはちょっと違うかもしれないアメーバについて詳しくご紹介します。

軟体動物(なんたいどうぶつ)

海や陸上に生息し、関節と背骨がないため体がとても柔らかく、種類によっては貝殻に包まれている面白い動物の仲間といえば?そう!軟体動物です!
軟体動物というとイカやタコが有名ですが、それ以外にも貝類や陸上にいるカタツムリなんかも同じ仲間といえます。また、生息場所でエラ呼吸もしくは肺呼吸だったり、心臓の数がみんなバラバラだったりと、同じ軟体動物の仲間でもひとくくりにできないのが特徴です。魚屋さんに並んでいる美味しそうな貝が、実は軟体動物だったなんてこともよくあるみたいですね!
知れば知るほど面白くなる、軟体動物ワールドへご案内します!

イカ

イカ

最近何かと話題になるダイオウイカ、お刺身、フライ、焼き、するめなどの家庭料理などでもよく見かけるイカ! なじみ深い生き物であるイカですが、あなたはイカについてどれくらい知っていますか? イカについてより深く知っていきましょう!
ウミウシ

ウミウシ

皆さんは「ウミウシ」という生き物を知っていますか?不思議な生き物として話題になったこともあるので、名前を聞いたことある人もいると思います。 色鮮やかな見た目と特徴的な体つきから注目されるようになりました。カラフルな色合いが本当に美しく「海の宝石」とも呼ばれています。 ウミウシは何の生き物の仲間だと思いますか?実は「巻貝」の仲間なのです。しかし、貝殻(かいがら)が見当たらないので信じ難いですよね。 ウミウシの貝殻は退化してしまった種類が多いですが、一部のウミウシの中には貝殻を背負っている種類も残っています。 他にはどのような生態が隠されているのでしょうか。ウミウシについて一緒に探ってみましょう!
タコ

タコ

タコは海に棲息する軟体動物で、うねうねと腕をくねらせる姿が印象的です。あまりに特異なその姿が影響して、ファンタジー作品の怪物として登場することも珍しくありません。 私たち一般の家庭では食用とされることが多く、生きているタコを見ることは少ないでしょう。つまりタコのことをほとんど知らないとも言えます。 タコの特徴として強力な吸盤やスミを吐き出すことは知られていますが、タコを知れば知るほど不思議な生物ということがわかります。 ぜひ多くの人に知ってもらいたいので、一緒にタコの生態を探っていきましょう。

棘皮動物(きょくひどうぶつ)

姿は皆バラバラ、でもよく見ると左右対称、なんと脳や心臓が無いのに生きることができる、摩訶不思議な動物の仲間といえば?そう!棘皮動物です!
といってもあまりピンとこない方が多いと思うので、代表的なものをあげると、ウニやヒトデ、ナマコなどが棘皮動物の仲間といわれています。特にウニは高級食材として有名なのでびっくりですよね!元々は棘(トゲ)がある動物のみが棘皮動物でしたが、範囲が広がりウニと近い関係にあるものは同じ仲間となりました。
表情が見えない分、今まで知らなかった棘皮動物の世界をじっくり覗いてみませんか?

Ads

参考文献