バーニーズ・マウンテン・ドッグ

皆さんは「バーニーズ・マウンテン・ドッグ」というイヌの名前を聞いたことがありますか?
マウンテン、英語で山というぐらいですから、なんだか山犬っぽくて強そうなイヌを思い浮かべますね!
確かにこの犬種は、山岳地帯(さんがくちたい)で暮らしていた歴史のある大型犬なので、たくましいイヌだということは間違いありません。
その一方、顔が愛くるしいというギャップもあるため、人気大型犬のひとつにも数えられています。
そんなバーニーズ・マウンテン・ドッグについて、もっと知りたくありませんか?
では、一緒にこのページで秘密を覗いてみましょう!

フェネック

フェネックはイヌ科の中でも最も身体が小さく、毛や体の構造が生息域に適しており、特徴的な大きな耳とキツネのような愛くるしい顔立ち、巣穴を掘るのが得意な動物です。
フェネックは野生や動物園だけではなく、ペットとしても近年人気になってきており、エキゾチックアニマルとしてペットショップで販売されるようになりました。
今回はフェネックの生息地や特徴などの生態を始め、フェネックの様々な魅力についてご紹介していきます。

柴犬(しばいぬ)

柴犬は、日本犬の中でもっとも人気があるといわれます。凛々しさと可愛らしさを兼ね備えたルックスで、今や海外でも柴犬を飼う人は増加中です。犬らしい忠実な性格で、とても賢い犬種でもあります。歴史の古い犬種で、1936年に天然記念物に認定されている日本を代表する犬です。
柴犬の歴史や特徴、飼い方について徹底解説していきます!

サモエド

ふわふわな白い毛が特徴的なサモエド。口角をキュッとあげた「サモエドスマイル」は、こちらまでつられて笑顔になってしまうぐらいの愛らしさがあります。極寒の地・シベリアで誕生し、被毛が多く寒さに強い犬種です。
サモエドの歴史や特徴、飼い方について徹底解説していきます!

スッポン

スッポンといえば、亀と見分けがつかない!という人も多いですよね。また、噛みついたら離さない怖い生き物と言うイメージが強いのではないでしょうか?
でも、実はスッポンはとても身近な存在であり、面白い生き物なんです!
この記事では、スッポンがどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒に見ていきましょう!

リスザル

リスザルはサル科の中でも最も身体が小さく、体色や身軽に木の上を移動する様子からリスに似ているためにリスザルと呼ばれるようになり、クリっとした眼が特徴の愛くるしい顔立ちと小さい体でちょこまかと動く様がとても可愛らしい動物です。
リスザルは野生や動物園だけではなく、ペットとしても近年人気になってきており、エキゾチックアニマルとしてペットショップで販売されるようになりました。
今回はリスザルの生息地や特徴などの生態を始め、リスザルの様々な魅力についてご紹介していきます。

犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)

皆さんは「犬の遠吠え」ということわざを聞いたことがありますか?
犬の遠吠えって、「ウォーン!」って鳴くあの遠吠え?そもそもことわざにあったの?そんな風に思った方もいるのではないでしょうか。
一体どうしてこの行為がことわざになったのか、気になりますよね!早速、その秘密を探りに出かけましょう!

馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ)

日本で有名な馬の耳に念仏ということわざ。一度は聞いたことがあるものの、詳しい成り立ちまでは知らないという方も多いはず。
そもそもなぜ馬?念仏?不思議な言葉の組み合わせですよね。
この機会に馬の耳念仏について、詳しく見ていきましょう!

馬耳東風(ばじとうふう)

皆さんは馬耳東風ということわざを知っていますか?もしかすると、馬の耳に念仏なら知ってる!という方も多いかも知れませんね。
実はこの二つ、とても深い関連性があるんですよ。
馬耳東風はもちろん、馬の耳に念仏についてもこの機会に秘密を探ってみませんか?

馬の耳に風(うまのみみにかぜ)

皆さんは馬の耳に風ということわざを知っていますか?え、馬の耳に念仏なら知っているけどこの2つはどこが違うの?なんて思った方も多いはず。
確かに両方とも「馬」そして「耳」が出てくることわざですが、実は少し意味が異なります。
それでは早速、成り立ちや意味などを一緒に見比べていきましょう!