カテゴリー: 哺乳類

ビーグル

ビーグル犬は漫画・スヌーピーのモデルとなった犬種。やんちゃで好奇心旺盛、垂れ耳で甘えん坊のビーグルは、家庭犬としても人気です。
クンクン臭いを嗅ぎながら歩く姿、耳をはためかせて走る姿は愛嬌たっぷり!家庭犬として人気のビーグルですが、実は昔から猟犬(りょうけん)として活躍してきた犬種でもあるんです。
魅力に満ちたビーグルの世界を覗いてみましょう。

ワオキツネザル

あなたはワオキツネザルという、キツネのような顔と白黒で長いしっぽを持った個性的なサルを知っていますか?
ワオキツネザルはアフリカのマダガスカル島にのみ生息する、非常に原始的なキツネザルの1種です。
日本国内の動物園ではよく見かけるワオキツネザルですが、実は野生では数を減らしてしまい、絶滅の危機に瀕しています。
この記事でワオキツネザルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

甲斐犬(かいけん)

かいけん)は、しっかりとした脚と体格を持つ中型の日本犬です。耳は立ち耳でしっぽは、巻き尾または差尾(さしお)が特徴です。
毛色は、黒虎毛・赤虎毛・虎毛の3種類。全て縞模様(しまもよう)で、黒虎毛は黒がベースの赤茶の模様(もよう)、赤虎毛は赤みを帯びた茶色で黒の模様がはいっています。中には、虎毛ではない単色の子も生まれるようですが、公式の甲斐犬とは認められてないようです。
舌の色は、北方起源(ほっぽうきげん)のスピッツ同様(チャウチャウや北海道犬など)、青黒い個体の甲斐犬も存在しています。
性格は、「冷静」「勇敢」「一代一主(いちだいいっしゅ)」。気が荒いイメージもある甲斐犬ですが、じつは温厚で愛される家庭犬としても人気です。さっそく、甲斐犬の世界を覗いてみましょう!

デグー

ペットとして飼いやすく、飼い主にもよくなつくので日本でも人気が高まっているデグー。
頭がよくて、好奇心旺盛(こうきしんおうせい)。でも、本当はとてもさみしがり屋な一面もあります。
そんなかわいいデグーは野生ではどんな暮らしをしているのか、また、おうちで飼うための準備や気をつけることをまとめて紹介します。

ポッサム

あなたはポッサムという動物を知っていますか?
くりくりとした愛らしい大きい目でとても可愛らしい動物なのですが、保護の対象になっている国と、駆除の対象になっている国があるのです。
好かれているのか嫌われているのかわからないポッサム。そんなポッサムを紹介していきます。

秋田犬(あきたいぬ)

秋田犬(あきたいぬ)といえば「忠犬ハチ公の物語」を思い出す人も多いですよね?渋谷駅の銅像になっている秋田犬が「忠犬ハチ公」です。
忠犬ハチ公こと、ハチは主人で合った大学教授の斉藤氏が、講演の途中に倒れて帰らぬ人になってしまった後も、渋谷駅で主人を待ち続けていた犬として、有名になりました。
忠実な性格の秋田犬の特徴を感じられ、物語や映画になったほど。
優しい顔に、どっしりとした体格。どんな特徴や性格なのでしょうか?早速、秋田犬の世界を覗いてみましょう!

アイスランド・シープドッグ

アイスランド・シープドッグという犬を知っていますか?名前を聞いたことがない方もいるのではないでしょうか。日本ではブリーダーがいないのでその姿もほとんど見られません。ですが日本犬に似ているので馴染みがあるような見た目です。そんなアイスランド・シープドッグを紹介します。

ジャコウネコ

ジャコウネコという動物を知っていますか?「ネコ」という名前が入っていますがネコとは全く種類の違う動物なんです!
これだけではなく、ジャコウネコはコーヒーや香水とも深い関係がある動物です。全く想像がつかないですよね。
そんな謎の多いジャコウネコを紹介していきます!

ハリモグラ

ハリモグラって知っていますか?
ハリネズミに、名前も姿も似ているけれど、ネズミともモグラとも違う、卵を産む珍しい哺乳類(ほにゅうるい)です。
珍獣とか生きた化石とも呼ばれるハリモグラには、不思議なことがいっぱいあるんですよ。ハリモグラの不思議を探しに行こう。

シタツンガ

あなたはシタツンガという、不思議な名前の草食動物を知っていますか?
シタツンガは全身に入る白い模様と、オスにだけ生えるねじれたツノ、そして水辺での暮らしに適応した体が面白い動物です。
日本国内でも一部の動物園で飼育されていますが、シカだと思ってよく観察しなかった人もいるのではないでしょうか?
この記事でシタツンガにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!