プレーリードッグ

あなたはプレーリードッグという、北アメリカに生息している草食動物を知っていますか?
プレーリードッグは地上で生活するリスの1種で、地面に大きな巣穴を掘って仲間と一緒に暮らしている動物です。
動物園でよく飼育されていること、ときおりペットとして飼っている人がいることから「見たことがあるよ!」という人も多いのではないでしょうか。
この記事でプレーリードッグにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

アルパカ

あなたはアルパカという、もこもこしたやわらかい毛が特徴的な動物を知っていますか?
動物園や牧場で飼育されていることも多いため、実際に見たことがある人も多いことでしょう。
アルパカはヒツジに似ていますが実はラクダの仲間で、なんと数千年も前から人間と一緒に生活してきたという長い歴史を持つ動物です。
この記事でアルパカにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

モモンガ

モモンガといえば、手足を広げて飛ぶイメージがありますね。最近では、ペットとしても人気のある動物です。
皆さんの中には、モモンガと聞くと「フクロモモンガ」を想像する人もいるのではないでしょうか?実は、モモンガとフクロモモンガは仲間ではなく別の種類の動物です。
モモンガに近い仲間はリスで、フクロモモンガに近い仲間はカンガルーです。見た目が似ている動物なので、勘違いしてしまいますね。
モモンガはどのような動物なのか詳しく探ってみましょう!

マントヒヒ

マントヒヒは日本に生息しておらず、あまり馴染みのないサルと言えるでしょう。そのため動物園では珍しさからそこそこの人気があり、足を止めて見る観光客も多く見られます。
ちょっと滑稽な顔の形をしていますが、見た目に反して気性が荒い性格です。
一般的にはあまり知られていないマントヒヒの生態。どんな生物なのか一緒に見ていきましょう。

ペッカリー

あなたはペッカリーという、主に南アメリカに生息するイノシシに似た動物を知っていますか?
ペッカリーはイノシシにそっくりですが、実はイノシシとは全く違う不思議な動物です。
もしかしたら古代エクアドルの土偶をモチーフとするゆるキャラ「ペッカリー」から、名前だけは知っているよ!という人もいるかもしれません。
この記事でペッカリーにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

アイアイ

あなたはアイアイという、マダガスカル島だけに生息する原始的なサルの仲間を知っていますか?
有名な童謡「アイアイ」で歌われているので、名前だけは知っているという人が多いのではないでしょうか。
アイアイは童謡で歌われているかわいらしいイメージとは裏腹に、実は生息地では悪魔の化身と恐れられている動物でもあります。
この記事でアイアイにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

プロングホーン

あなたはプロングホーンという、主に北アメリカに生息している草食動物を知っていますか?
プロングホーンは陸上の動物ではチーターに次いで足が速く、時速80キロものスピードで走ることができます。
しかし日本の動物園では飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いのではないでしょうか。
この記事でプロングホーンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

スナドリネコ

あなたはスナドリネコという、水辺に生息する「漁」が得意なネコ科動物を知っていますか?
日本では限られた場所でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。
しかし「ぼのぼの」というアニメ(漫画)に登場するため、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。
この記事でスナドリネコはどんな動物でどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ドール

あなたはドールという、赤茶色の毛が特徴で中型犬くらいの大きさの野生イヌ科動物を知っていますか?
ごく一部の動物園でしか飼育されていないことから、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。
ドールはまだわからないことがたくさんあるにもかかわらず、絶滅してしまうのではないかと心配されている動物でもあります。
この記事でドールにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!

アルマジロ

アルマジロといえば、体を丸めて身を守るイメージがある動物ですね。
敵に襲われても反撃(はんげき)することなく、動かずに丸まって攻撃を耐えます。可愛らしい姿をしているので守ってあげたい気持ちになりますね。
実は、アルマジロはペットとして飼育することができます。小さな足でチョコチョコと小走りで歩き回る姿を見ると、虜(とりこ)になってしまいますよ。
アルマジロについて詳しく探ってみましょう!