カテゴリー: ま行

モモンガ

モモンガといえば、手足を広げて飛ぶイメージがありますね。最近では、ペットとしても人気のある動物です。
皆さんの中には、モモンガと聞くと「フクロモモンガ」を想像する人もいるのではないでしょうか?実は、モモンガとフクロモモンガは仲間ではなく別の種類の動物です。
モモンガに近い仲間はリスで、フクロモモンガに近い仲間はカンガルーです。見た目が似ている動物なので、勘違いしてしまいますね。
モモンガはどのような動物なのか詳しく探ってみましょう!

マントヒヒ

マントヒヒは日本に生息しておらず、あまり馴染みのないサルと言えるでしょう。そのため動物園では珍しさからそこそこの人気があり、足を止めて見る観光客も多く見られます。
ちょっと滑稽な顔の形をしていますが、見た目に反して気性が荒い性格です。
一般的にはあまり知られていないマントヒヒの生態。どんな生物なのか一緒に見ていきましょう。

マグロ

「好きな動物は?」と聞かれれば、多くの人が何かしらの動物を思い浮かべると思います。
しかし「好きな魚は?」と聞かれて、何かを思い浮かべるのは困難ではないでしょうか。もし思い浮かんだとしても、食材としての魚のことも。
食材としての魚では、海外から「日本人はマグロが好き」と思われています。たしかにマグロは、一般家庭や飲食店でも身近な食材です。
しかしマグロの生態について、詳しく知っている人は多くない印象を受けます。そこでマグロについて、生態を詳しく見ていきましょう!

マヌルネコ

あなたはマヌルネコという、もふもふの毛皮とずんぐりした体型が特徴のネコ科動物を知っていますか?
限られた動物園でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いた人や実際に見たことがない人も多いことでしょう。
マヌルネコは“世界最古のネコ”とも呼ばれ、時にマイナス50℃にもなる環境に適応して暮らすとても面白い動物です。
この記事でマヌルネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

マンボウ

マンボウと言えば大きな体と、愛嬌のある顔で人気のある魚です。一般的な魚と違う独特のフォルムは、一度見たら忘れられないほどのインパクト。
よく知られている魚ですが、実はその生態はまだまだ謎に包まれています。現在までに知られている生態を詳しく見ていきましょう。

マングース

本州ではあまり見かけることが少ないものの、沖縄など南方面で有名な動物のひとつとして知られている生き物といえば・・・
そう、マングースです!見た目はイタチのようで少し可愛らしい感じもするのですが、
実は地域によってはマングースによってとんでもない事態が引き起こされているって知っていましたか?
このページをきっかけにマングースとの付き合い方について考えてもらえたら嬉しいです!

ミーアキャット

あなたはミーアキャットという、後ろ足で立ち上がる姿がかわいい動物を知っていますか?
多くの動物園で飼育されているため、実際に見たことがあるよ!という人も多いかもしれません。
そんなミーアキャットはとっても家族思いである反面、実は気性が荒いことから「砂漠のギャング」という異名を持っている動物でもあります。
この記事でミーアキャットにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

モルモット

まんまるの体につぶらな瞳を持つかわいいモルモットは、ペットとしても人気の高い動物です。
動物園のふれあいコーナーでさわったり、抱っこしたりしたことがある人もいるのではないでしょうか?
身近な動物であるモルモットですが、実は意外と知られていない歴史や秘密を持っている動物でもあります。
それではモルモットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!