カテゴリー: あいうえお順

あいうえお順用のカテゴリ

ビーグル

ビーグル犬は漫画・スヌーピーのモデルとなった犬種。やんちゃで好奇心旺盛、垂れ耳で甘えん坊のビーグルは、家庭犬としても人気です。
クンクン臭いを嗅ぎながら歩く姿、耳をはためかせて走る姿は愛嬌たっぷり!家庭犬として人気のビーグルですが、実は昔から猟犬(りょうけん)として活躍してきた犬種でもあるんです。
魅力に満ちたビーグルの世界を覗いてみましょう。

ウグイス

「ホーホケキョ!」
耳ごこちのいい鳴き声のウグイスは、春の風物詩として誰しも知る鳥です。美しい鳴き声は、わたしたち人間の間でも「ウグイス嬢」といった比喩に使われます。
そんな有名なウグイスですが、鳴き声以外の特徴を知っている人は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、ウグイスの生態について深掘りします。もっと詳しい鳴き声の秘密や意外な天敵などを見ていきましょう。

クラゲ

海中をふわふわと漂うクラゲは、とても幻想的です。しかし、海水浴でクラゲに刺された人も多いはず。
比較的身近な生物のクラゲ。身近な割に、意外と生態を知らないという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、クラゲの生態を一緒に観ていきましょう。
なお、本記事で取り扱うクラゲは、日本で一般的なミズクラゲです。特別な記載がない限りは、ミズクラゲを指しているのでご了承ください。

ワオキツネザル

あなたはワオキツネザルという、キツネのような顔と白黒で長いしっぽを持った個性的なサルを知っていますか?
ワオキツネザルはアフリカのマダガスカル島にのみ生息する、非常に原始的なキツネザルの1種です。
日本国内の動物園ではよく見かけるワオキツネザルですが、実は野生では数を減らしてしまい、絶滅の危機に瀕しています。
この記事でワオキツネザルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

クイナ

クイナという鳥をご存じでしょうか?
私たち人間の生活圏ではあまり見られないので、「よく知らない」「聞いたことがない」という人も多いと思います。
一方で、「ヤンバルクイナ」という鳥を聞いたことがある人は多いでしょう。クイナはクイナ科の総称を示す場合と、クイナ科クイナ属の個別種を示す場合があります。
本記事では個別種のクイナという鳥を取り扱います。クイナが一体どんな鳥なのか、生態を探ってみましょう!

甲斐犬(かいけん)

かいけん)は、しっかりとした脚と体格を持つ中型の日本犬です。耳は立ち耳でしっぽは、巻き尾または差尾(さしお)が特徴です。
毛色は、黒虎毛・赤虎毛・虎毛の3種類。全て縞模様(しまもよう)で、黒虎毛は黒がベースの赤茶の模様(もよう)、赤虎毛は赤みを帯びた茶色で黒の模様がはいっています。中には、虎毛ではない単色の子も生まれるようですが、公式の甲斐犬とは認められてないようです。
舌の色は、北方起源(ほっぽうきげん)のスピッツ同様(チャウチャウや北海道犬など)、青黒い個体の甲斐犬も存在しています。
性格は、「冷静」「勇敢」「一代一主(いちだいいっしゅ)」。気が荒いイメージもある甲斐犬ですが、じつは温厚で愛される家庭犬としても人気です。さっそく、甲斐犬の世界を覗いてみましょう!

グッピー

グッピーと言えば有名な熱帯魚で、多くの人が知っているのではないでしょうか。さまざまな色を持つ体、大きく広がる美しい尾びれ、グッピーは魅力がたくさん詰まった熱帯魚です。
しかし、生態をよく知らない人も多いはず。そこで今回は、グッピーの秘密を紹介します。ぜひ一緒に見ていきましょう。

デグー

ペットとして飼いやすく、飼い主にもよくなつくので日本でも人気が高まっているデグー。
頭がよくて、好奇心旺盛(こうきしんおうせい)。でも、本当はとてもさみしがり屋な一面もあります。
そんなかわいいデグーは野生ではどんな暮らしをしているのか、また、おうちで飼うための準備や気をつけることをまとめて紹介します。

コウノトリ

「コウノトリが赤ちゃんを運んできてくれる」という言い伝えで有名なコウノトリですが、実際はコウノトリではないのです。
違う鳥をコウノトリと思い、そのまま言い伝えられ有名になってしまいました。
それでは本当のコウノトリはどんな鳥なのか紹介していきます。

アカゲラ

「アカゲラ」という名前の鳥を知っていますか?「キツツキ」と聞くと思い浮かべやすいでしょうか。
そうです。そのキツツキの代表とされる鳥がアカゲラなのです。
一般にキツツキと言われる鳥には「ゲラ」や「ケラ」という名前がついていて、キツツキという鳥はいないのです。
名前の由来も気になるところですが、その生態についても紹介していきます。