ペットとしても大人気のネコ。
気まぐれで、マイペースな生き物だと思われているネコも、私たちを幸せにしてくれる大切な生き物です。
そんなネコの魅力を一緒に覗いてみましょう!

ネコについて知ってみよう!

ネコ

ネコ

猫カフェブームに火がつき、最近はペットとしての人気が高いネコです!ネコといえば、気まぐれでマイペースな性格が有名ですよね。ペット人気があるのは分かるけど、ネコ本来(ほんらい)の生態(せいたい)については詳しく知らないことも多いはず。 不思議がつまったネコのひみつを一緒に探ってみませんか?

Ads

ネコの個別種を見てみよう!

アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘア

タビーのしま模様がきれいな、日本でも人気のあるアメリカン・ショートヘアです! ネコに詳しくなくても、名前は聞いたことある!という人も多いはず。 人気があるのは知っているけど、性格や歴史までは分からないなぁ・・・そんな風に思った方もいるのではないでしょうか? では一緒に、アメショともよばれているネコの魅力をのぞいてみましょう!
アメリカンカール

アメリカンカール

くるんとカールした耳がチャームポイントのアメリカンカールです! 実は「ネコのピーター・パン」ともよばれているんですよ。 ペットショップなどで見かけることは少ないため知る人ぞ知る品種ともいえますが、このページをきっかけにアメリカンカールについて興味をもってもらえたら嬉しいです!
エキゾチック・ショートヘア

エキゾチック・ショートヘア

皆さんはエキゾチック・ショートヘアとういうネコを知っていますか? 名前だけではピンとこなくても、愛嬌たっぷりの顔を見れば「どこかで見たことあるかも!」なんていう風に思い出すかも知れませんね。 それもそのはず、最近はテレビCMなどでペットタレントとして活躍しているネコなんです!その独特の顔立ちから「ブサカワ猫」とよばれていたりします。 ブサカワだけじゃ終わらせない!そんなエキゾチック・ショートヘアのひみつを探ってみませんか?
オシキャット

オシキャット

ワイルドな外見はまるで野生ネコのよう。日本で見かける機会があまりないため、その名前を知っている方は少ないかも知れませんね。今回このページでご紹介するのは「オシキャット」です! 草むらや森の中で暮らしていそうな雰囲気を想像させるオシキャットですが、実は意外な性格や秘密が隠れているんですよ。そんなオシキャットの詳しい生態について早速覗いてみましょう!
オリエンタル・ショートヘア

オリエンタル・ショートヘア

丸っこくてモフモフしたネコも良いけど、スレンダーボディでスタイルの良いネコはいかがですか?今回ご紹介するのは「オリエンタル・ショートヘア」です。 その外見はまさに、ネコ界のモデル体型!といったところでしょう。少しずつ知名度も上がってきている品種ですが、まだまだ知らないことも多いはず。 そんなオリエンタル・ショートヘアのさまざまな謎についてたくさんまとめてみました。早速、覗いてみましょう!
コーニッシュレックス

コーニッシュレックス

いきなりですが、ここでクイズを出します。スラリと伸びた手足&小顔の持ち主。別名、「ネコのグレーハウンド」とも呼ばれている動物は何でしょう? 答えはコーニッシュレックスです!日本で見かける機会は少ないため、初めて名前を聞いた。という方も多いはず。ちなみに、スタイルが良いほか、巻き毛の被毛をまとっているのも特徴なんですよ。 それ以外にも、このページにはコーニッシュレックスに関するたくさんの秘密が隠れています。早速、その秘密を探りに行きませんか?
コラット

コラット

日本でも有名な「ロシアンブルー」、少しむっちり体型の「シャルトリュー」、そして今回ご紹介するのは「コラット」です。 この三種類はあわせて「ブルーキャット御三家」とも呼ばれているんですよ。そんなコラットですが、実ははるか昔から「幸運を招くネコ」として可愛がれてきた歴史があります。 それ以外にも、このページ内ではコラットの秘密についてたくさんまとめてみました。早速、探ってみましょう!
サイアミーズ

サイアミーズ

皆さんは「シャム猫」を見たことがありますか?実はそのネコ。世界では「サイアミーズ」として知られている品種なんです。不思議なことに、シャム猫と呼んでいるのは日本だけなんだとか。 このページではサイアミーズ、つまりシャム猫についてご紹介していきます。一時は日本でもブームが起きたようですが、歴史や性格など、まだまだ知られていないことも多いはず。 早速、そんなサイアミーズの秘密を探ってみましょう!
サイベリアン

サイベリアン

ボリューミー&モフモフ毛並みがチャームポイントのサイベリアンです! サイベリアンってなに?とあまり聞いたことがない人も多いはず。 確かにペットショップでもなかなか見ない品種のひとつなのですが、 このページをきっかけにサイベリアンのかわいさを知ってもらえると嬉しいです!
ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイル

皆さんは「招き猫」のモデルといわれているネコを知っていますか?実はこのページで紹介するジャパニーズボブテイルがモデルになったといわれているんですよ!最近は洋ネコに人気が集まりがちですが、日本生まれの貴重なネコについて誕生秘話を一緒に探ってみませんか?
シャルトリュー

シャルトリュー

名前がとってもおしゃれなネコといえば?そう、シャルトリューです! とはいっても「シャルトリュー?聞いたことないなぁ。」そう思ってしまう方も多いと思います。 日本ではあまり馴染みのないネコですが、フランスでは「じゃがいもにつまようじを刺したようなネコ」なんて面白可愛く表現されているんですよ。 またロシアンブルー、コラットと並んで「ブルー御三家」とよばれています。 そんなシャルトリューの不思議な秘密やちょっと悲しい歴史を一緒にのぞいてみませんか?
シンガプーラ

シンガプーラ

皆さんはシンガプーラというネコを知っていますか? 日本であまり見かけることは少ないので、知る人ぞ知るネコ・・・といった感じかも知れませんね。 なんといっても特徴的なのは小さな体つき!その外見から「小さな妖精」なんてよばれることもあるんですよ。 でも小さな体の中にはたくさんの秘密がつまっています。一緒にシンガプーラの誕生秘話をのぞいてみませんか?
スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

近年の一緒に暮らしたいネコランキングで上位を独占している、スコティッシュ・フォールドです! 丸い顔に折れ曲がった耳がかわいい!と有名ですよね。そんなスコティッシュ・フォールドもかわいいだけじゃなく、 色々と大変な一面があるようです。もし今度見かけることがあったら、このページを参考にして観察してもらえると嬉しいです!
スナドリネコ

スナドリネコ

あなたはスナドリネコという、水辺に生息する「漁」が得意なネコ科動物を知っていますか? 日本では限られた場所でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。 しかし「ぼのぼの」というアニメ(漫画)に登場するため、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。 この記事でスナドリネコはどんな動物でどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!
スナネコ

スナネコ

別名「砂漠の天使」ともよばれているかわいい動物といえばなんでしょう? そう、スナネコです!2020年には国内で初めての赤ちゃんが誕生したことで話題になりましたね。 そのかわいい姿を見てスナネコに興味を持った人もたくさんいると思います。 ですがスナネコはただかわいいだけではなく、その一方で様々な問題が隠れています。 このページをきっかけに、スナネコに対しての考え方を深めてもらえたら嬉しいです!
スフィンクス

スフィンクス

皆さんは「スフィンクス」というネコを知っていますか?名前を聞いたことがある方も、無い方も、インパクトのある外見を見たら驚くかもしれませんね! 「え!本当にネコなの?」なんて声が聞こえてきそうです。 見た目は好き嫌いがはっきり分かれそうなスフィンクスですが、好きな人にはたまらない品種なんだとか。 では実際、スフィンクスには一体どんな魅力が隠されているのか?早速ご紹介していきましょう!
セルカークレックス

セルカークレックス

別名「羊の皮を被ったネコ」とも呼ばれ、トイプードルのような、くるくる巻き毛が特徴のネコといえば?そう、セルカークレックスです! モフモフカール&ちょっと珍しい見た目が特徴的で、飼うなら皆と被りたくないネコが欲しい!と考える人から最近注目を集めています。 他にも巻き毛を持つネコはコーニッシュレックス、デボンレックスがいますが、セルカークレックスは羊ネコといわれるだけあって、巻き毛ネコ種では最もボリューミーな被毛の持ち主です。 ちょっと不思議なセルカークレックスの秘密について、早速覗いてみましょう!
ソマリ

ソマリ

美しい毛色とふわふわのしっぽが可愛いネコといえば?そう!ソマリです! 知る人ぞ知る人気のネコでもありますが、ちょっと悲しいことにソマリ誕生の歴史では「できそこない・・・」なんていう風に思われていたこともあったようです。 最初は不名誉なことをいわていたソマリですが、ちょっとした出来事をきっかけに人気が出るようになったんですよ! そんなソマリのひみつについて、じっくりひも解いてみませんか?
ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラ

皆さんは「ターキッシュアンゴラ」というネコを知っていますか?美しい毛並みと優雅なたたずまい。その姿は、まるでお金持ちの家に出てきそうな雰囲気をまとっています。 ですがペットショップで見かける機会はほとんどないため、初めて聞いた!という方も多いのでは? 少し聞きなれないターキッシュアンゴラですが、その歴史はとても古く、たくさんの秘密が隠されているんですよ。 それでは、そんなターキッシュアンゴラの世界について早速探りに行きましょう!
ターキッシュバン

ターキッシュバン

水が苦手な動物といえば、ネコを思い浮かべる方も多いはず。しかし、なかには水を得意とするネコがいるって知っていましたか?それが「ターキッシュバン」です! 日本で見かけることはほとんどないため、もしブリーダーや知り合いの家で発見したらとてもラッキーといえるでしょう。そんなターキッシュバンの歴史は面白く、いろいろな不思議が隠れているんですよ。 早速その秘密について、一緒に探ってみましょう!
デボンレックス

デボンレックス

ただ可愛いだけじゃなくて、個性的なネコが好きな方にはピッタリの品種かも?今回は、ちょっと不思議な外見をしているデボンレックスをご紹介します。 個性的な外見を持つ品種は他にも存在しますが、デボンレックスもその内のひとつ。セルカークレックスと同様、巻き毛の被毛をまとっていますが、セルカークレックスのようにモフモフした感じでなく、ボリュームは控えめです。 まだまだ日本での知名度は低めのネコですが、実はたくさんの秘密がつまっています。早速その秘密を探りに行きましょう!
トイガー

トイガー

「トイガー??」ネコ好きでもあまり馴染みのない品種のひとつなので、聞いたことも見たこともないという方が多いかも知れません。 それもそのはず、トイガーは最近誕生したばかりの新しい品種なので、日本での知名度はまだまだ低い希少なネコなんですよ! ですがトラにそっくりなその外見は、ひと目見れば忘れることのできないとても印象的なルックスの持ち主です。 あまり知られていないトイガーのひみつについて、じっくり探ってみませんか?
ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

さて、ここでクイズです。別名「森に住む妖精」と呼ばれているネコの名前は何でしょう?正解は「ノルウェージャンフォレストキャット」です! 最近は日本でも人気が上昇中なので、見たことある!という方がいるかも知れませんね。 メインクーンやサイベリアンと同じく、大型ネコ種であるノルウェージャンフォレストキャットの隠された秘密について、早速探ってみませんか?
バーマン

バーマン

皆さんは「バーマン」というネコを知っていますか?どこかのマンガに出てきそうな名前の品種ですが、関係性は全くありません。ですが原産国のミャンマーには、バーマンに関する不思議な言い伝えが存在しているんです。それはまるで、マンガのようなお話なんだとか。 その他このページでは、バーマンについていろいろな特徴をご紹介しています。 一緒に、秘密を覗いてみませんか?
ヒマラヤン

ヒマラヤン

あれ、この動物、色がたぬきっぽい!しかもモフモフしている!いえいえ、それは「ヒマラヤン」という品種のネコです。ちなみに、ウサギにもヒマラヤンとう種類がいますが、見つかったのはウサギの方が先なんだとか。 ペルシャにも似ているけど、ペルシャとは一味違う優雅な雰囲気のヒマラヤン。 そんなヒマラヤンの知られざる秘密について、早速覗いてみませんか?
ブリティッシュ・ショートヘア

ブリティッシュ・ショートヘア

皆さんは「不思議の国のアリス」という物語を知っていますか?その中にチェシャ猫というキャラクターが出てくるのですが、ブリティッシュ・ショートヘアはそのモデルになったといわれているネコなんです! 最近は日本でも人気が出てきているので名前を聞いたことがある!という方がいるかも知れませんね。 そんなブリティッシュ・ショートヘアの可愛い秘密について探っていきましょう!
ペルシャ

ペルシャ

マンガやアニメなど・・・お金持ちの家で飼われているペットのイメージが強いネコといえば?そう、ペルシャです! 時々キャットフードのCMにも出てくることが多いペルシャは、優雅なネコであるイメージが強いですよね。 そんなペルシャの意外な性格や、実は「ネコの王様」ともよばれている理由について、一緒に探ってみませんか?
ベンガル

ベンガル

皆さんはベンガルというネコを知っていますか? ペットショップで見かけることはほとんど無いため、初めて名前を聞いたという方も多いはず。 ベンガルの一番の特徴といえば体にあるロゼット柄ですが、ヒョウ柄といった方が分かりやすいかも知れませんね。 野性味あふれる見た目が魅力的なベンガルは、ネコ好きの間で人気が高まっている品種のひとつなんです! そんなベンガルの性格や誕生の歴史などをみていきましょう!
ボンベイ

ボンベイ

日本ではあまり馴染みのないネコ。それが今回ご紹介する「ボンベイ」です! 一見、ごく普通の黒ネコにも見えますが、ボンベイの誕生秘話にはある一人の女性が大きく関わっています。 果たしてボンベイの歴史にはどんな秘密が隠されているのか?そしてボンベイという名前の由来は? 一緒にそのワクワクを覗いてみませんか?
マヌルネコ

マヌルネコ

あなたはマヌルネコという、もふもふの毛皮とずんぐりした体型が特徴のネコ科動物を知っていますか? 限られた動物園でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いた人や実際に見たことがない人も多いことでしょう。 マヌルネコは“世界最古のネコ”とも呼ばれ、時にマイナス50℃にもなる環境に適応して暮らすとても面白い動物です。 この記事でマヌルネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!
マンクス

マンクス

しっぽの短いネコといえば、ジャパニーズボブテイルという品種がいます。実は「マンクス」という品種も、しっぽがとっても短いネコなんですよ! しかし、日本で見ることはほぼ無いため、初めて名前を聞いた!という方も多いはず。果たしてマンクス誕生にはどんな謎が隠されているのか?そしてしっぽが短い理由は? 早速、その秘密をひも解いてみましょう!
マンチカン

マンチカン

短い手足で繰り出すネコパンチや、おしりをフリフリさせながら歩く姿がかわいいと評判のマンチカンです! 他のネコにはない、少し変わった姿が魅力のひとつですよね。 ペットショップで見かけることも多いのですが、そもそもどうして足が短いのか・・・ あまり知らないことも多いはず。マンチカンのことをよく知っている人も、あまり知らない人も一緒にひみつを探ってみませんか?
ミヌエット

ミヌエット

さてここで問題です。マンチカンとペルシャの良いとこ取りをした、人気急上昇中のネコといえば?そう、ミヌエットです! 初めてこの名前を聞いた!という方もいるのではないでしょうか?実はこのネコ、最近登録されたばかりで新しめの品種なんです。 そしてその名前については少し面白い歴史も隠されています。そんなまだ見ぬミヌエットの世界について、早速ご案内しましょう!
メインクーン

メインクーン

さていきなりですが問題です。「ジェントルジャイアント」や「世界一大きいネコ」といわれている品種のネコといえば何でしょう? 答えは「メインクーン」です!よく「メークイン」と間違われることがあるのですが、メークインはじゃがいもの種類になります。ちなみにこの2つは特に関係性はありません。 そんなネコの「メインクーン」ですが、最近日本でも人気が出てきている品種のひとつになります。 意外な性格や特徴など・・・不思議がつまったメインクーンのひみつを見ていきましょう!
ラガマフィン

ラガマフィン

今回このページでご紹介するのは「ラガマフィン」というネコです。ネコ種としてはまだ新しく、お家で見かけることはあまりないかも知れませんね。 第一印象は柔らかそうなふわふわのネコといった感じですが、実はこの外見、ラグドールと大きな関係があるんですよ。 ラガマフィンとラグドールの関わりも含めたネコの秘密、こっそり覗いてみませんか?
ラグドール

ラグドール

ふわふわの毛並みにモフモフしたしっぽが特徴的なネコといえば・・・ そう!ラグドールです!触り心地がよさそうな体に、キレイな青い瞳はなんともかわいらしいネコですよね。 そんなラグドールについて、少し意外な歴史や名前のひみつなどを探ってみませんか?
ラパーマ

ラパーマ

皆さんはラパーマというネコを知っていますか?まだ日本での知名度は低く、初めて名前を聞いた!という方も多いはず。 ここで簡単にご説明すると、見た目はセルカークレックスによく似ている巻き毛ネコですが、「世界一美しい猫たち、ラパーマ」という写真集も存在し、その外見に見惚れてしまう方もいるんだとか。 そんなラパーマの魅力的な特徴や秘密について、早速探りに行きませんか?
ロシアンブルー

ロシアンブルー

高級じゅうたんのような毛並みと、気品あふれるスラリとした体型。皆さんも一度は耳にしたことがあるのでは? その名もネコのロシアンブルーです!ペットショップでも見かけることが多いのでメジャーな品種のひとつになります。 一見すると冷静で何事にも応じない落ち着いた雰囲気の持ち主に見えるのですが、実はロシアンブルーには・・・ 意外な性格が隠れているのです!

Ads

ネコにまつわることわざを見てみよう!

猫にまたたび(ねこにまたたび)

猫にまたたび(ねこにまたたび)

「猫の大好物はまたたび!」という事実を知っている方は多いと思いますが、実はことわざとしても使われているんです。 意味も分かりやすく覚えやすいので、このページで探ってみた後、明日から早速、日常会話に取り入れてみるのはいかがでしょうか?
猫に小判(ねこにこばん)

猫に小判(ねこにこばん)

一度は聞いたことのある、有名なことわざのひとつですよね。 小判というと昔のお金なので、ちょっとありがたいイメージがわいてきそうですが、実際はどんな意味が隠れているのでしょうか? それでは一緒に、意味や成り立ちを探ってみましょう!
猫の手も借りたい(ねこのてもかりたい)

猫の手も借りたい(ねこのてもかりたい)

皆さんは仕事や家事が忙しいとき、猫の手も借りたい!そんな風に思ったことはありませんか? 使ったことや聞いたことはあっても、具体的な意味などを知らない方も多いはず。 ここで改めて、意味や成り立ちを探ってみませんか?
猫の目(ねこのめ)

猫の目(ねこのめ)

ことわざといえば、猿も木から落ちるや犬も歩けば棒に当たるなど、ちょっとした文章になっているものが多いですよね。 でも実はとても分かりやすく、体の部位をあわらしているだけのものもあるって知っていましたか?それが「猫の目」です。 簡単で覚えやすく、ちょっとした会話のなかにも取り入れやすいので、是非今日から一緒に覚えてみませんか?
猫も杓子も(ねこもしゃくしも)

猫も杓子も(ねこもしゃくしも)

「何かが流行ると、皆して真似し出すこと多いよねー。」「まさに猫も杓子もって感じ?」皆さんはこのような会話をドラマや漫画で見聞きしたことはありませんか? 猫は分かるけど、杓子って何?と疑問に思った方も多いはず。実は杓子って、ご飯をすくうしゃもじのことなんです。 さて、杓子の正体が分かったところで、一体なぜこの2つがことわざとして使われているのか?早速その秘密を探りに行きましょう!
豚に念仏猫に経(ぶたにねんぶつねこにきょう)

豚に念仏猫に経(ぶたにねんぶつねこにきょう)

動物が2つ出てくることわざは他にもありますが、「豚に念仏猫に経」は知る人ぞ知ることわざのひとつに数えられています。 豚や猫は分かるけど、そもそも念仏って何?経との違いはあるの?なんて疑問も掘り下げながら、一緒に探っていきましょう!

Ads