ショウガラゴ

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Oji_zoo,_Kobe,_Japan_(34872702890).jpg

ショウガラゴはサルの中でも身体が小さく、ふわふわの毛とまん丸い大きな目、巣穴を掘るのが得意な動物です。
ショウガラゴは野生や動物園だけではなく、ペットとしても近年人気になってきており、エキゾチックアニマルとしてペットショップで販売されるようになりました。
今回はショウガラゴの生息地や特徴などの生態を始め、ショウガラゴの様々な魅力についてご紹介していきます。

Ads

~基本情報~

哺乳綱(ほにゅうこう)霊長目(れいちょうもく)-ガラゴ科-ショウガラゴ属

体長約16cm 体重200ℊ~300g

体長はガラゴ科の中でもかなり小さく、オオガラゴの半分程度の大きさしかありません。

毛色は銀灰色から褐色に近い色をしていて、短い毛が厚く生えており、触るとふかふかで柔らかいです。

四肢にはそれぞれ5本の指が生えており、長い指と平たい指先でしっかりと木の枝を握ることが出来る構造です。後肢(こうし)だけで木の枝にぶら下がって体を起こせるほどの強い握力を持っています。

完全な夜行性(やこうせい)であり、日中は木の穴に巣を作ってその中で休んでおり、夜になると餌を採取するために活発になります。

群れを作って生活しないスタイルで、メスは出産した子どもと生活し、オスは繁殖後は単独で生活するかオス同士の少数の群れを形成して生活します。

メスとオスでそれぞれの縄張りが分かれており、木に尿をかけてマーキングすることで縄張りを決めています。

繁殖は年に2回ほど行われ、妊娠期間は約2か月~2カ月半ほどで一回に1~2頭出産します。

生まれたばかりの子どもは目が半分しか開いておらず、自分で自由に動くことが出来ません。そのため、母親が子どもを口にくわえて移動し、母親が食事をしている間は近くに子どもを置いておきます。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ueno_zoo,_Tokyo,_Japan.jpg



Ads

ショウガラゴのQ&A

ショウガラゴの名前の由来は?

ショウガラゴの名前の由来はガラゴ科の中でも体が小さいため、ショウガラゴと名付けられました。

英語では「Lesser galago」と呼ばれており、より小さいという意味の「Lesser」とガラゴという意味の「galago」に由来しています。

学名は「Galago senegalensis」と呼ばれており、ガラゴという意味の「Galago」と熱帯という意味の「senegalensis」に由来しています。

ショウガラゴの別名は「ブッシュベイビー」や「セネガルガラゴ」とも呼ばれています。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Komba_ušatá2.jpg


ショウガラゴはどうしてそこに住んでいるの?

ショウガラゴの生息分布はセネガルからスーダン・エチオピア・ケニア・タンザニアにかけてのアフリカ大陸中部です。

様々な環境に適応できるため、生息域は「密生した森林地帯」、「水辺の森林地帯」、「荒れた草木地帯」、「多雨林地帯」など幅広く生息しています。

サルの仲間であるため、木の上で生活しています。

出典:https://pixabay.com/images/id-5512381/

ショウガラゴは何を食べているの?

ショウガラゴは雑食性であり、野生下では昆虫や小鳥、鳥の卵、果物、花の蜜や木の葉・種などを食べます。

ペットで飼育する場合はサル科なので、サルと同じモンキーフードや副食としてミルワームやバッタなどの昆虫、バナナやリンゴなどの果実、煮たサツマイモ、ゆで卵などを与えます。

モンキーフードは栄養バランスが良いため主食として与えて、おやつ程度に副食の昆虫や果実などの植物性の餌や動物性たんぱく質を与えましょう。

ショウガラゴは狩りが得意?

ショウガラゴは雑食性で昆虫を好んで食べますが、ショウガラゴは聴力が優れており昆虫が羽ばたく音を聞き分けて採取します。

昆虫を捕らえる時はジャンプして飛びついて捕らえることもありますが、じっと身を潜めて手を伸ばして捕らえることもあります。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Mohol_bushbaby_(Galago_moholi).jpg

ショウガラゴの大きな目はどんな役割がある?

ショウガラゴは大きな目が特徴ですが、この目には犬や猫にも見られる「輝膜(こうまく)」と呼ばれる反射層が備わっており、この輝膜によって光を増幅させて暗闇の中でも正確な位置で物を捕らえることが出来ます。

この構造から暗闇の中でショウガラゴの目に光を当てると目が光ります。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lesser_Galago_(Galago_moholi)_coming_to_drink_…_(33264684981).jpg

ショウガラゴは素早い動きが出来る?

ショウガラゴはかなり素早く動くことが出来るため、暗闇の中でも枝の間を敏捷(びんしょう)に飛び移れます。その動きは目では追えないほどの速さで動きます。

地上に降りて来ても俊敏な動きが出来、ジャンプ力に優れた後肢(こうし)でジャンプし、ジャンプできる高さは3ⅿ以上にも及びます。

一方で、短い距離は後肢(こうし)だけでピョンピョンと飛ぶように移動するのが特徴です。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lesser_Galago_(Galago_moholi)_(33352141606).jpg

ショウガラゴは鳴き声が可愛い?

ショウガラゴは別名でブッシュベイビーとも呼ばれています。その理由は鳴き声が高い音でチューチューというような声で鳴き、人間の赤ちゃんの泣く声と似ているからと言われています。

他にも様々な鳴き声を出し、警戒するときやコミュニケーションを取るときなど鳴き声を使い分けています。

怒った時や甘えたいときにも鳴き声が変わるため、注意して鳴き声を聞いてみるとショウガラゴのその時の気分が分かります。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bush_babies_rescued_by_CARACAL.jpg

ショウガラゴはどこの動物園で会える?

国内でショウガラゴを展示している動物園は数えるほどしかありません。

東京都の上野動物園、千葉県の千葉市動物園、愛知県の日本モンキーセンター、京都府の京都市動物園、兵庫県の王子動物園などの動物園でショウガラゴに会えます。

東京都の上野動物園では、小獣館(しょうじゅうかん)でショウガラゴが展示されており、ショウガラゴの生態や動き回る様子を観察することが出来ます。

愛知県の東山動物園では、2016年にショウガラゴの赤ちゃんが誕生しています。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Oji_zoo,_Kobe,_Japan_(45746489865).jpg

ショウガラゴはペットとして飼える?

近年、ペットショップでも販売されることになったショウガラゴですが、実際にペットとして飼えるのか気になりますよね。

ショウガラゴの飼いやすさはエキゾチックアニマルの中でも、上級クラスです。

ショウガラゴは夜行性(やこうせい)であるため、夜間に飛び跳ねたり動き回ったり鳴き声を上げることが多く、アパートなどの住宅密集地では飼育が難しいです。そのため、ショウガラゴを飼育する際は日中にしっかり散歩をさせて運動量を確保したり、ショウガラゴ専用の飼育部屋を設けるなど工夫をしてください。

ショウガラゴはジャンプ力に優れており、3ⅿ以上ジャンプすることも出来るため、広く高さのあるゲージを選ぶのがベストです。

手先が器用で頭も良いため、ゲージを自力で開けようとします。そのため、ゲージの入り口を開けられないようにナスカンやしっかり締められるものを使用して、入口をしっかりとロックしましょう。

ショウガラゴは木の上で生活するため、止まり木やハンモック、はしごなどを用意して、出来るだけ自然で生活する環境に近づけます。

アカシアの木を好むため、止まり木はアカシアのものがおすすめです。

また、ショウガラゴは野生下では木の上で生活しており、決まった場所でトイレが出来ないために飼育下でもトイレを覚えさせることは困難です。

ショウガラゴはマーキングする習性があり、一度自身の手足に尿をかけて部屋中を走って自分の匂いを付けていきます。

そのため、部屋中にマーキングされてしまわぬようにショウガラゴにオムツを履かせるか、こまめに部屋を掃除することで対策を取りましょう。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bush_baby_exhibit_CARACAL_in_Chobe_Botswana.jpg

ショウガラゴはどんな性格をしているの?

ショウガラゴは他のサル科の動物と比べて、比較的おとなしい性格をしています。

警戒しているときや怒っているときは驚いて嚙(か)みついてくることもありますが、基本的にショウガラゴが嫌がることをしなければ噛(か)みついてきません。

寂しがり屋の性格をしており、飼い主の匂いや声・顔などを覚えてくれるほど懐(なつ)けばずっと一緒に居てくれようとします。

ショウガラゴは臆病(おくびょう)な性格でもあり、聴力が優れているために大きな音に敏感です。大きな耳を丸めているときは怯(おび)えている証拠ですので、ショウガラゴを飼う際の環境は大きな音の出ない静かな環境で飼育しましょう。

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/ja-jp/photo/789488/

ショウガラゴを飼う上での注意点はある?

ショウガラゴは嫌なことをしなければ噛(か)みませんが、怒ったり警戒して驚いた時は噛(か)んでくる動物です。ショウガラゴの歯は細かくとがっており、一度噛(か)みつくと中々離してくれないため噛(か)まれた後は出血している可能性もあります。ショウガラゴは様々な菌を保有しているため、噛(か)まれた際はすぐに消毒して、場合によっては病院に行きましょう。

ショウガラゴは臆病(おくびょう)な生き物ですので、初対面の人と触れ合ったり他の動物と飼うことはショウガラゴに大きなストレスを与えるので控えてください。

また、寒さに弱いために冬場はペット用のヒーターやエアコンを付けて室内の温度調整を行うことが重要です。

あまり湿度が高い環境も好まないため、湿度60%ほどに保てるように除湿器を作動させたり、定期的に換気を行って新鮮な空気を取り入れましょう。

ショウガラゴの寿命と値段はどれくらい?

ショウガラゴの寿命は平均10~15年生きます。他のサルと比較すると短命に見えますが、餌や飼育環境を工夫すればより長生きします。

ショウガラゴの値段は輸入が出来ず、日本国内での繁殖でしか手に入らないなど珍しい貴重な存在であるため、取り扱っているペットショップは数少ないです。販売されているペットショップでは50~100万円前後で売られています。

国内のブリーダーが繁殖させた子どものショウガラゴだと、30~65万円ほどで取引されていますが、メスの方が繁殖させやすいためにオスよりもメスの方が高額で取引されています。

Ads

ショウガラゴの種類

•ショウガラゴ

参考文献

Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ショウガラゴ

ペットとしても飼育できるショウガラゴブッシュベイビーとも呼ばれる天使のようなおさるさん
https://www.osaruland.jp/tips/1700/

ショウガラゴはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?
https://er-animal.jp/pepy/32496#:~:text=ショウガラゴの分布域は,でも知られています。

動物図鑑/ショウガラゴ
https://pz-garden.stardust31.com/reichou-moku/syoujyou-garago-ka/shou-garago.html

大きな瞳が愛くるしいお猿さん!ショウガラゴの特徴と飼育方法を解説!https://psnews.jp/small/p/50885/

アイキャッチ画像
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Komba_ušatá.jpg