ネコ

出典:https://pixabay.com/images/id-5618328/

猫カフェブームに火がつき、最近はペットとしての人気が高いネコです!ネコといえば、気まぐれでマイペースな性格が有名ですよね。ペット人気があるのは分かるけど、ネコ本来(ほんらい)の生態(せいたい)については詳しく知らないことも多いはず。
不思議がつまったネコのひみつを一緒に探ってみませんか?

Ads

~基本情報~

食肉目-ネコ科-ネコ属

体長46 cm (しっぽを含まない) 

体重3.6 – 4.5 kg

私たちが普段よく見かける野良ネコや飼いネコは「リビアヤマネコ」という砂漠地帯で暮らしていた品種を家畜化(かちくか)したのが始まりといわれ、一般的には「イエネコ」とよばれています。

イエネコには特に決まった生息地はなく、都市部(としぶ)や町の中、あるいは島や森の中で暮らしています。

しなやかな体をもち、顔まわりにはたくさんのひげが生え、舌はさわるとザラザラしているのが特徴的です。爪は必要に応じて出し入れすることができますが、子ネコの場合、まだ体が成長途中なので出しっぱなしの場合が多いです。

出典:https://pixabay.com/images/id-1096821/

また、ネコは水をあまり飲まなくても生きていける動物なのですが、これは恐らく、砂漠で暮らしていたときの名ごりが体に残っているからでは?と考えられています。

砂漠には水がほとんどないため、限られた水分を上手に活用する必要があります。これに適応するため、ネコの体は少ない水分を効率よく使えるよう、腎臓(じんぞう)でおしっこを濃縮(のうしゅく)する力が強くなりました。

ですがその代償として、体にも負担がかかりやすくなってしまったのです。特に高齢(こうれい)ネコは慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)にかかってしまうことが多いといわれています。

飼育されているネコの場合、あげるエサによって左右されることもあるので、場合によっては水分を多く含むフードに切り替えた方がいいかも知れませんね。

出典:https://pixabay.com/images/id-2671903/

またネコは群れ(むれ)で暮らすのではなく、単独でなわばりを作って生活しています。なわばりの役割は主に、エサとして捕まえる獲物(えもの)の狩り場として使われます。

そして繁殖(はんしょく)するためにもなわばりは必要とされています。特にオスはなるべくたくさんの子孫(しそん)を残すために、メスよりもなわばりの範囲が広いといわれています。

繁殖期は春もしく秋ごろとなり、ネコの妊娠(にんしん)期間は約2か月ほどです。ネコが1度に産む子どもの数は4~8匹ほどです。

寿命は飼育されている場合だと12~16年ほどですが、野良ネコだとわずか2~3年しか生きられないことがほとんどです。なぜこんなにも差があるのかというと、これは野良ネコの生活環境が大きく関係しています。

外での生活はケガや病気をしやすく、カラスなどの敵に襲われる可能性もあります。また毎日決まったエサを食べられる訳ではないので、栄養失調(えいようしっちょう)になってしまうこともあります。

これらが原因となり命を落とす場合が多いので、野良ネコの寿命はどうしても短くなってしまうのです。

ちなみに飼育されたネコでは38年という、とても長生きしたケースがありました。

出典:https://pixabay.com/videos/id-32037/

ペット飼育としても人気な動物

ネコはもともと肉食動物なので、ペットとして飼われているイエネコでも狩り(かり)をしたいという本能(ほんのう)は残っています。

特に完全室内飼いの場合、ハンティングする必要がないので運動不足になってしまいます。それを解消するためにも、ねこじゃらしなどのおもちゃで遊んだりキャットタワーを置いてあげるとよいでしょう。

そしてなわばりを作る習性があるため、完全室内飼いの場合は家の中をなわばりとしていることが多いようです。そのため、急に知らないネコが家の中に入ってくると威嚇(いかく)して怒ることがあります。

ネコはキレイ好きな面もあるので、トイレが汚れたままだとうんちやおしっこを我慢してしまい、排泄(はいせつ)をしない場合があります。

ほうっておくと病気の原因にもなってしまいますので、気がついた時に汚れた猫砂を取りのぞいてあげるのがベストです。



家で飼う場合のごはんは何を食べる?

ネコの体には動物性たんぱく質が必要です。市販のキャットフードには動物性たんぱく質が入っているので、それらをあげるのがいいでしょう。

キャットフードには大きく分けて4種類あります。「総合栄養食(そうごうえいようしょく)」「一般食(いっぱんしょく)」「おやつ」「療法食(りょうほうしょく)」です。

基本は総合栄養食をベースにして、一般食、おやつなどと組み合わせるのがベストです。療法食は病院での診察が必要となります。



飼育環境について

完全室内飼いと放し飼いのパターンがありますが、両方にメリットとデメリットがあります。

完全室内飼いは病気や寄生虫(きせいちゅう)からの感染を予防できますし、
放し飼いの場合は運動不足になりにくいです。

ですが、完全室内飼いの方がいいところがたくさんあるので、最近はそのようにする人が増えています。

ケージを置くかについては迎え入れるネコの状態にもよりますが、安心できる場所を作ってあげるとネコのストレスをやわらげることができます。



その他注意点

ネコは高いところが好きなので、いろいろな場所によじのぼります。

コード類、人間の薬などを口にしてしまうと大変危険です。ユリなどの観葉植物(かんようしょくぶつ)を置くことも、ネコにとっては命にかかわる問題なので注意してください。

また爪とぎをする習性があるため、家の柱や家具などがボロボロになってしまうこともあります。

ある程度は爪切りをしてあげたり、爪とぎボードを置くことで対処できますが、完璧なしつけはできない動物なので、家の中が多少荒れてしまうのは仕方のないことかも知れませんね。



Ads

ネコのQ&A

ネコの名前の由来は?

ネコの名前の由来はたくさんあるので、絶対にこれだ!というものはありません。ですが有力な説や有力な説も含めて、いくつか紹介します。

一番メジャーなのは、いつも寝ているから「寝子」がネコになった話です。ネコは1日平均で14時間寝ているとのこと。驚きですよね。

また、ネコの鳴き声が「ネウネウ」と聞こえるので、いつしか「ネウコ」と呼ばれネコになった話や、ネズミを好むからネコ、中国からきた時は「ネコマ」という名前だったのに、マが無くなってネコになった。という話もあります。

名前の由来がこんなにもある動物は、なかなかめずらしいですよね。

出典:https://unsplash.com/photos/EOIL6hBE8tg


そもそもネコはどんな食べ物が好きなの?

ネコはネズミやウサギといった小動物を好み、捕まえて食べます。ですが生息地域差もあるので、全てのネコがウサギを食べる訳ではありません。

それ以外にもスズメなどの小鳥、バッタやセミなどの昆虫を捕まえて食べることもあります。これは野良ネコに限らず飼育されているネコでも同じことがいえます。

また、都会や町の中で暮らしている野良ネコは、人間が出したゴミをあさって食べる場合もあります。

ネコはなぜそこで暮らしているの?

基本情報でも紹介したとおり、ネコに決まった生息地はありません。自然あふれる島や森、あるいは私たち人間の住む町の中だったり、本当に色々な場所に住んでいます。

なぜそこで暮らしているのか?この具体的な理由については、実際のところよく分かっていないようです。

例えば町の中だと保護ネコとして扱われ、誰かがエサをくれることがあります。自然が多いところなら、小鳥や昆虫などの獲物がたくさん住んでいるので、狩りをしやすいといえます。

恐らくですがこのような理由があるため「そこで」暮らしているのかも知れませんね。

出典:https://unsplash.com/photos/AL2-t0GrSko

ネコのひげって何本生えているの?

ネコの顔にはたくさんのひげが生えていますが、場所ごとに名前がついています。

一番目につきやすいのは口元にはえているひげで、上唇毛(じょうしんもう)といいます。ちなみにこの口元部分はひげ袋(ウィスカーパッド)とよばれています。

それ以外にも眉上毛(びじょうもう)、頬骨毛(きょうこつもう)、下唇毛(かしんもう)口角毛(こうかくもう)と全部で5種類あります。

ネコのひげは大切なセンサーの役割があるので、抜いたり切ったりするのは絶対にしてはいけません。


ちなみに顔だけではなく、手首のあたりにも短い触毛(しょくもう)が生えています。

出典:https://pixabay.com/images/id-3699158/

猫の舌がザラザラしているのはなぜなの?

ネコに手を舐められたとき、何かくすぐったいような、ザラザラするような・・・?そんな経験をしたことはありますか?

実際、ネコの舌には「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」とよばれる突起のようなものがたくさんあります。

この糸状乳頭にはいくつか役割があるのですが、まずひとつめに、ネコはこまめに毛づくろいをおこなう動物です。

表面がツルツルの舌でも毛づくろいはできますが、突起がブラシのような働きをしてくれるので、毛づくろいの効果も高まります。

そして毛づくろいは、体を清潔に保つことだけでなく、体臭を消す効果もあります。

一体なぜ、体臭を消す必要があるのかというと、ネコは本来狩りをする動物です。臭いが強いと相手に見つかり逃げられてしまうので、毛づくろいによる消臭が大切なのです。

さらに獲物を捕まえて食べる際、ネコはあごの力が弱いので、骨についた肉を噛み切ることが苦手です。

そんなときは突起がフォークのようになり、肉をそぎ取ります。これにより、肉を食べやすくしているという訳です。

ちなみに、ネコだけでなくトラやライオンの舌にもこの突起があります。ハンターであるネコ科の動物に備わった面白い特徴といえますね。

出典:https://pixabay.com/images/id-323262/



しっぽの長いネコと短いネコがいるのはどうして?

ネコのしっぽは尾椎(びつい)という骨が18~20個ほど組み合わさってできています。この骨どうしがくついてしまったり、骨じたいが少なかったりすると、しっぽが短くなる傾向があるようです。

そしてオスかメス、どちらかがしっぽの短いネコだと子どもに遺伝(いでん)する可能性が高いといわれています。ちなみにこの短いしっぽを日本では「かぎしっぽ」とよびます。

特に日本に住んでいるネコは、遠い昔東南アジアや中国から来たとされ、これらのネコには「HES7」という遺伝子をもっていた可能性があるといわれています。

HES7の遺伝子をもつ個体はかぎしっぽのネコである場合が多く、このネコたちが日本に住みつき交配を重ねた結果、日本でもかぎしっぽをもつネコが増えたのでは?と考えられています。

出典:https://pixabay.com/images/id-2372106/


ネコの目に色々なカラーがあるのはどうして?

皆さんはネコの目をじっくりと見たことがありますか?瞳孔(どうこう)、つまり瞳(ひとみ)とよばれる部分はみんな黒なのに、それ以外はブルーやグリーン、カッパーなど様々なカラーがあるのは不思議ですよね。

実はこれ、体内にある「メラニン色素」の量によって色が決まるのです。

メラニン色素が少ないとブルーやグリーン系のカラーに、多いとイエローやカッパー系になるといわれています。そしてどちらかといえば、ブルー系の目は洋ネコに、イエロー系の目は和ネコに多いようです。

もし今度ネコを見かける機会があったら、目の色に違いがないか観察してみるのも楽しそうですね!

出典:https://pixabay.com/images/id-1044750/


昼と夜で目の大きさが変わるのはなぜ?

ネコの目が昼と夜とで違って見えるのは、瞳孔(瞳)の大きさが変わるからです。昼間は瞳孔が細くなり、夜は大きくまんまるになります。

なぜ瞳孔が変化するのかというと、それは「光」が関係しているためです。

ネコの目には「タペタム(輝板)」という部分があります。このタペタムは、少ない光の量で視界を見やすくする役割があります。

昼は日がさして明るいのですが、ネコにとってはまぶしすぎることがあります。そのため瞳孔を細くし入ってくる光の量を少なくしているのです。

反対に夜は暗いので光を多く取りいれる必要があります。そして瞳孔が大きくなるのです。

光の影響(えいきょう)以外にも、リラックスしている時は瞳孔が細くなり、ドキドキして怖がっている時にも瞳孔が大きくなるようです。

出典:https://pixabay.com/images/id-2969932/



ネコがふみふみしたりすりすりしたりするのはなぜ?

この行動知ってる!という方も多いのではないでしょうか?「ふみふみ」とは毛布などに前足を置いて交互に動かすことです。

何かをふんでいるような見た目から「ふみふみ」とよばれる事が多いですが、これは子ネコ時代のなごりなんですよ。

子ネコはおっぱいを飲むときに前足でもむようにして、ミルクをたくさん飲めるようにします。

それが大人になっても記憶に残っているのせいなのか、やわらかくてあったかい物が見つけるとふみふみをし始める事が多いようです。

体をこすりつけて「すりすり」する行動も、子ネコ時代に母親に甘えていたときのなごりなんだとか。

また、自分のにおいをつけるマーキングの意味もあります。飼い主さんにすりすりするのは自分のもの!と主張するためでもあるようです。

出典:https://pixabay.com/images/id-2358018/



ネコって本当にマタタビが好きなの?

ネコの好きなものといえば、マタタビを思い浮かべる人も多いはず。そもそも、なんでネコがマタタビ好きといわれるようになったのでしょうか?

マタタビは植物のひとつで、アクチニジンやマタタビラクトンなどの成分(せいぶん)がふくまれています。

おそらくこの成分が脳にある中枢神経(ちゅうすうしんけい)を刺激することによってネコが軽い興奮状態(こうふんじょうたい)になるため、その結果ネコがゴロゴロ転がったり、マタタビにメロメロになってしまうという訳です。

出典:https://pixabay.com/images/id-596418/

そして2021年にはこのマタタビとネコの関係について、新しい研究結果が発表されました。

マタタビには「ネペタラクトール」という成分が含まれていて、それがネコの蚊よけに役立っているのでは?というものです。

ネコはこの効果を知ってか知らずか、マタタビに体をこすりつけていますが、もしかしたらネペタラクトールという成分は、私たち人間の蚊よけ対策にも使えるのではないかと期待されています。

ちなみにネコ科動物のライオンや、トラにもマタタビでメロメロになることがあるようです。

なぜネコ科の動物にだけマタタビが効くのか?この辺りはまだ謎に包まれています。

ちなみに、マタタビがあまり好きではないネコもいますし、興奮状態ではなく攻撃的(こうげきてき)になってしまう場合もあります。少量ならストレス解消になりますが、あげすぎると病気の原因にもなってしまうので注意が必要です。

ネコに色々な模様があるのはどうして?

全身が真っ黒いネコや三毛ネコ、しま模様のトラネコなど、ネコにはたくさんのカラーや模様がありますが、一体どうして模様がこんなにも種類豊富なのでしょうか?

結論からいうと、イエネコの祖先であるリビアヤマネコのキジトラ模様が変化していったからといわれています。

もともとリビアヤマネコはしま模様しかいなかったのですが、家畜化されイエネコとなり、繁殖の途中どこかのタイミングで遺伝子変異(いでんしへんい)が起きました。

これによりしましまだけでなく、色々な模様のネコが誕生し始めたそうです。

また、ネコは両親の遺伝子によって子どもの模様が決まります。

ひとくちに遺伝といってもたくさんの組み合わせがあり、少し難しい話になってしまうので、遺伝についての詳しい解説はここでは省略しますが、例えばお母さんが白ネコで、お父さんが黒ネコでもまれに茶色の子ネコが生まれることもあります。

これは突然変異によるものなので、詳しい理由はまだ解明されていません。ネコにはまだまだたくさんの謎が残っていそうですね。

出典:https://pixabay.com/images/id-5074732/

ネコが香箱座りをするのはどんな時?

まるで置き物のような可愛らしい姿をした、ネコの香箱座り(こうばこすわり)を一度見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ちなみに英語ではパンのかたまりに似ていることから「catloaf」キャットローフ、もしくは「meatloaf」ミートローフともよばれています。昔の日本ではその姿がまるで香木などを収納(しゅうのう)する香箱に似ていたため、香箱座りと名づけられました。

香箱座りをするのはおもにリラックスしている時です。座る場所も日あたりの良いあたたかい場所や、ネコが落ち着きやすい部屋のスペースを選ぶようです。

飼い主さんのそばで香箱座りをしていたら、とてもリラックスしている証拠(しょうこ)ともいえますね。

そしてネコ以外にも香箱座りをする動物がいるのですが、それはウサギや犬です。また同じネコ科の動物であるライオンやトラなども、香箱座りをする姿が確認されています。

出典:https://pixabay.com/images/id-2262772/

Ads

ネコの種類

・アメリカンショートヘア
・スコティッシュフォールド
・ロシアンブルー
・エキゾチックショートヘア
・ブリティッシュショートヘア
・マンチカン
・ノルウェージャンフォレストキャット
・メインクーン
・ラグドール
・サイベリアン
・ペルシャ
・ミヌエット
・ベンガル
・アメリカンカール
・アビシニアン
・アメリカンボブテイル
・アメリカンワイヤーヘア
・エジプシャンマウ
・オシキャット
・オリエンタル
・キムリック
・コーニッシュレックス
・コラット
・ジャパニーズボブテイル
・シャム
・シャルトリュー
・シンガプーラ
・スノーシュー
・スフィンクス
・セルカークレックス
・ソマリ
・ターキッシュアンゴラ
・ターキッシュバン
・デボンレックス
・トンキニーズ
・バーマン
・ハバナブラウン
・バーミーズ
・バリニーズ
・ピクシーボブ
・ヒマラヤン
・ボンベイ
・マンクス
・ラガマフィン
・ラパーマ
・アメリカンキューダ
・アメリカンポリダクティル
・アメリカンリングテイル
・アラビアンマウ
・アルパインリンクス
・イジアン
・ウラルレックス
・エイジアン
・オイイーボブ
・オーストラリアンミスト
・オホサスレス
・オリエンタルバイカラー
・カラーポイントショートヘアー
・カリフォルニアスパングルド
・キプロスアフロディーテ
・キンカロー
・クリッパーキャット
・クリリアンボブテイル
・サバンナ
・サファリ
・ジャーマンレックス
・ジェネッタ
・シャンテイリー
・スクークム
・セイシェルワ
・セイロンキャット
・セレンゲティ
・ソコケ
・チートー
・チャウシー
・デザートリンクス
・テネシーレックス
・トイガー
・トイボブ
・ドウェルフ
・ドラゴンリー
・ドンスコイ
・ナポレオン
・ネベロング
・バーレイニディルムンキャット
・ハイランドリンクス
・ハバリ
・バンビーノ
・ピーターホールド
・フォールデックス
・ブラジリアンショートヘアー
・ブランブル
・ブリティッシュロングヘアー
・マンダレイ
・ミンスキン
・メコンボブテイル
・モハーベスポッテド
・モハーベボブ
・ユークレイニアンレフコイ
・ヨークチョコレート
・ヨーロピアンショートヘア
・ライコイ
・ラムキン




参考文献

世界中で愛される美しすぎる猫図鑑 監修 今泉忠明

デジタル大辞泉

環境省
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/hanshoku/full.pdf

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネコ

ユニ・チャームペット
https://jp.unicharmpet.com/ja/web-magazine/cat/kitten/010028.html

Pet Smile news forネコちゃん
http://psnews.jp/cat/

にゃんペディア
https://nyanpedia.com/

ポラン動物病院
https://www.polan-ah.com/2020/03/03/p_810/

さいたま市
https://www.city.saitama.jp/008/004/003/newsfromawmcenter/newstogeneralpublic/p040242.html

子猫のへや
https://www.konekono-heya.com/index.html

PETKOTO
https://petokoto.com/articles/3081

ねこびあ~猫のトリビア~
https://tetoan.com/

万物の寿命まるわかり事典
http://www.lance4.net/banbutuno-jumyo/aa-honyurui-dog-cat.html

アイキャッチ画像
https://pixabay.com/images/id-2641211/