ブリティッシュ・ショートヘア

出典:https://pixabay.com/images/id-5616820/

皆さんは「不思議の国のアリス」という物語を知っていますか?その中にチェシャ猫というキャラクターが出てくるのですが、ブリティッシュ・ショートヘアはそのモデルになったといわれているネコなんです!
最近は日本でも人気が出てきているので名前を聞いたことがある!という人もいるかも知れませんね。
そんなブリティッシュ・ショートヘアのかわいいひみつについて探っていきましょう!

Ads

~基本情報~

原産国 イギリス

体長 40~50cm 

体重 オス:4~8kg メス:3~5kg

ブリティッシュ・ショートヘアの歴史はとても古く、ローマ軍が戦争にてイギリスを襲いに行く際、一緒に連れて行ったネコが始まりといわれています。

その後イギリスにて農業を開始したもののネズミによる被害が発生し、作物を守るためネコたちにネズミ捕りをさせていたようです。

ネズミ捕り名人のうわさが広がったのか人間の生活においてとても重宝(ちょうほう)される存在(そんざい)となり、1820年ごろより改良(かいりょう)を並行しながらの繁殖(はんしょく)が積極的におこなわれるようになりました。

そして1871年ロンドンにてイギリス初のキャットショーが開かれ数々の賞を受賞し、ブリティッシュ・ショートヘアの人気は高まっていったことから、1900年代ごろには正式に品種登録されました。

そんなブリティッシュ・ショートヘアですが、実は2度の絶滅危機(ぜつめつきき)に襲われたことがあります。

出典:https://pixabay.com/images/id-4873444/

1度目は「第一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん)」によるものです。当時のイギリスは戦争によって物資や食料不足となってしまったため、ネコを保護したり育てたりする余裕が無くなってしまったのです。

町中にいるネコだけではなく、それはブリティッシュ・ショートヘアにも同様に襲いかかりました。戦後、イギリスはまもなくして数が減少してしまったブリティッシュ・ショートヘアを増やすために新たな交配を始めることとなりました。

このときは体つきや顔などがよく似ている「ペルシャ」を掛け合わせながら数を増やしていったようです。途中長毛種(ちょうもうしゅ)のネコが生まれることもあり、これを区別するため短毛種(たんもうしゅ)は「ブリティッシュ・ショートヘア」長毛種は「ペルシャ」と位置づけしていきました。

ここまでは順調に数を増やしていったブリティッシュ・ショートヘアですが、またもや絶滅の危機に襲われてしまいます。それは「第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん)」の始まりです。

やがて戦争は終結しましたが、数が減ってしまったブリティッシュ・ショートヘアを増やすために再度交配がおこなわれました。この時掛け合わせたネコはペルシャだけでなく「ロシアンブルー」も交配の対象になったようです。その結果、絶滅の危機から脱出することができました。

やがてアメリカに渡るとブリティッシュ・ショートヘアの人気がますます高まります。一時期は「ブリティッシュ・ブルー」とよばれていたこともありましたが、東洋系のネコとの交配が重ねられた結果、様々なカラーのネコが誕生したといわれています。

出典:https://pixabay.com/images/id-4768005/

Ads

ブリティッシュ・ショートヘアのQ&A

ブリティッシュ・ショートヘアの名前の由来は?

原産国であるイギリスのことをブリティッシュとよび、ショートヘアは短い毛という意味なので、2つの言葉をあわせて「ブリティッシュ・ショートヘア」とよばれるようになりました。

出典:https://pixabay.com/images/id-179842/



ブリティッシュ・ショートヘアのカラーバリエーションは?

■ボディカラーの種類

ブルー、ブラック、クリーム、ホワイト、チョコレート、レッドがあります。

■模様や配色の種類

・ソリッドカラー
顔や体、脚やしっぽなど体全体が単色

・タビー
全体的にしま模様や斑点(はんてん)模様がある

・シルバー&ゴールデン
毛先のみに色がつき、根本は白色もしくは淡い色の構成

・スモーク&シェーデッド
オーバーコートの先端1/2に色がつき、残りの1/2は白色の構成

・パーティーカラー
2色の毛色がランダムに入っている

・キャリコ&バイカラー
体の1/2、もしくは1/3が白色で残りは2色以上の毛色構成

・タビー&ホワイト
体の1/2、もしくは1/3が白色で残りはしま模様や斑点模様の構成

■アイカラーの種類

ブルー、ゴールド、グリーン、カッパー、ヘーゼル、オッドアイがあります。

■毛種

ブリティッシュ・ショートヘアは短毛種(たんもうしゅ)のみです。長毛種(ちょうもうしゅ)もいますがブリティッシュ・ロングヘアとして登録されています。

出典:https://pixabay.com/images/id-4144843/



ブリティッシュ・ショートヘアの外見ってどんな感じ?

頭の形は丸く、体型はセミコビータイプとよばれています。大きくて丸い目にふっくらとした頬、耳は中くらいの大きさです。頬がぷっくりとしているため、まるで首が埋もれているようにも見えます。

体の大きさに対して脚は短めですが、骨太で筋肉質な体格をしています。毛並みはやや硬めな手触りをしており、密度が高く厚めの被毛におおわれています。

出典:https://pixabay.com/images/id-3606029/

ブリティッシュ・ショートヘアの配色や模様はどうしてたくさんあるの?

恐らくですが、ブリティッシュ・ショートヘアは人気が出た後、色々なネコとの交配が繰り返されたため、その結果バリエーションも豊富になったのでは?と考えられています。

ちなみにアメリカン・ショートヘアの基礎がブリティッシュ・ショートヘアといわれています。確かに、アメリカン・ショートヘアとブリティッシュ・ショートヘアの鼻はよく似ていますよね。

出典:https://pixabay.com/images/id-2231434/

ブリティッシュ・ショートヘアの性格について詳しく知りたい!

穏やかで賢く、そして優しい性格をしているのでしつけもしやすく、時には飼い主さんのそばにそっと寄り添ってくれるようなネコです。

自立心が高く無駄に鳴くことも少ないため、その堂々たる姿はまるで有名なイギリスの政治家の名前を取って「ネコ界のウィンストン・チャーチル」ともよばれているほどです。

落ち着いた一面がある一方、ブリティッシュ・ショートヘアはおもちゃで遊ぶことが大好きなネコでもあります。がっしり体型のため運動能力は高く、色々なおもちゃで遊んでくれるといえるでしょう。

遊び好きになったのは恐らく、ネズミ捕りとして活躍していた時代の名残りが現在でも受け継がれているからだと考えられています。個体差もありますが、誰かと一緒に遊ぶよりも一人でひたすら遊びつくのが好きといったネコもいるようです。

子ネコの時は甘えん坊な性格が多いようですが、大きくなると自我が芽生えるので必要以上に抱っこされることや撫でられることを嫌がるようです。膝の上でじっとしているのが苦手なため、ソファでのんびり過ごす方が好きなようです。

そして騒がしい環境で暮らすのも苦手で、大家族や小さな子どもがいる家にはあまり向いていないといえるでしょう。飼えないこともないのですが、このような環境はネコにとってストレスになる可能性が高く、万が一の時は病気になってしまうこともありますので出来れば避けた方がベターです。

ブリティッシュ・ショートヘアの性格自体が我慢強く、とてもしっかりしているので1人でお留守番をさせるのも大丈夫なようです。

比較的メスの方が自立心が強く、クールビューティーな性格といえます。オスにも自立心はありますが若干メスよりかは薄く、ネコとの距離を縮めやすいかも知れません。もちろん真逆な性格のネコもいますので、あくまでも参考程度に覚えておくのが良いかも知れません。

出典:https://pixabay.com/images/id-788434/

ブリティッシュ・ショートヘアのかかりやすい病気ってなに?

ブリティッシュ・ショートヘアは遺伝性疾患(いでんせいしっかん)によってかかる病気はほとんどありません。

ですが「下部尿路疾患(かぶにょうろしっかん)」や「慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)」「糖尿病(とうにょうびょう)」には注意した方がいいでしょう。

まず下部尿路疾患についてですが、これはブリティッシュ・ショートヘアだけではなく全てのネコがかかりやすい病気の総称です。具体的な病気は「尿路結石(にょうろけっせき)」や「膀胱炎(ぼうこうえん)」などがあります。

もともとネコは昔からの名残りで水を多く飲む習慣がついていません。そのため腎臓に負担がかかりやすく、尿路疾患になってしまうことが多いのです。

腎臓に負担がかかりやすいということは「慢性腎臓病」を発症する可能性もあります。腎臓が老化など何らかの原因によって炎症が起きてしまい、最終的には機能しなくなってしまう病気です。

慢性腎臓病を予防するには期的に健康診断を受けることが望ましいです。

現時点では、画期的な治療法がないため完治させるのは難しいですが、早く見つければその分だけ対症療法(たいしょうりょうほう)により進行を遅らせることが可能です。

また普段からできる対策として循環タイプの給水器を使う、水分を多く含むウエットタイプのエサをあたえる、そしておやつはあげすぎない。といった日々の習慣で予防できる場合もあります。ぜひ心がけてみてくださいね。

糖尿病は肥満(ひまん)や運動不足によって引き起こされる病気です。特にブリティッシュ・ショートヘアの場合は体型がもともとがっしりしているため、少し太った程度だと見た目では気づきにくいかも知れません。

ネコが太っているかどうかは「ボディ・コンディション・スコア」というものでチェックすることが出来ますので体重計に乗せて管理するのはもちろん、目視でも時々確認してあげると良いでしょう。

※遺伝性疾患とは染色体(せんしょくたい)や遺伝子の変異(へんい)によって発生する病気です。

出典:https://pixabay.com/images/id-4814192/

Ads



参考文献

まるごとわかる猫種大図鑑 監修:CFA公認審査員 早田由貴子

世界中で愛される美しすぎる猫図鑑 監修 今泉忠明

猫との暮らし大百科
https://www.anicom-sompo.co.jp/nekonoshiori/

みんなの猫図鑑
https://www.min-nekozukan.com/

Pet Smile news for ネコちゃん
http://psnews.jp/cat/

子猫のへや
https://www.konekono-heya.com/sitemap.html

いぬと暮らす、ねこと暮らす。アクサダイレクト
https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/5924/

公益社団法人 埼玉県獣医師会
https://www.saitama-vma.org/topics/猫の遺伝性疾患について/

アイキャッチ画像
https://pixabay.com/images/id-1573559/