アメリカン・ショートヘア

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/543259/

タビーのしま模様がきれいな、日本でも人気のあるアメリカン・ショートヘアです!
ネコに詳しくなくても、名前は聞いたことある!という人も多いはず。
人気があるのは知っているけど、性格や歴史までは分からないなぁ・・・そんな風に思った方もいるのではないでしょうか?
では一緒に、アメショともよばれているネコの魅力をのぞいてみましょう!

Ads

~基本情報~

原産国 アメリカ

体長 40~60cm 
体重 オス:4~7kg メス:3~6kg

起源はヨーロッパからアメリカへ船で渡る際、同行した数匹のネコがいました。目的はペット用ではなく、船の中にいるネズミを捕まえるために連れて行ったとされ、後にこのネコたちが、現在のアメリカン・ショートヘアにあたる先祖となります。ネコたちはアメリカへ住み着くと、いろいろな土着ネコと交配を繰り返しながら活動範囲を広めていき、知名度が上昇したため、その結果CFA(アメリカ猫愛好家協会)に品種として正式に登録が認められました。

しかし、当時つけられた名前は「ドメスティック・ショートヘア」という名前で、「国内もしくは国産品種」という意味をもちますが、雑種と勘違いされることも多く、この名前ではあまり人気が出なかったようです。ですがぺルシャとの交配をきっかけに、「アメリカン・ショートヘア」と改名され、少しずつ人気も高まり、現在では人気品種ランキング上位に位置するほどの有名なネコとなりました。

アメリカ生まれの短毛種(たんもうしゅ)なので日本ではアメショと呼ばれていますが、原産国では「マウサー」とも呼ばれています。マウサーには「ネズミを捕る動物」という意味があり、船でネズミ捕りをしていた名残りのあるアメリカン・ショートヘアにはピッタリですね!

出典:https://unsplash.com/photos/TFCn5M9QICI

Ads

アメリカン・ショートヘアのQ&A

アメリカン・ショートヘアの名前の由来は?

原産国であるアメリカとショートヘアは短い毛という意味なので、2つの言葉を合わせて「アメリカン・ショートヘア」と呼ばれる様になりました。

出典:https://unsplash.com/photos/sMt4EfGJR4E



アメリカン・ショートヘアのカラーバリエーションは?

■ボディカラーの種類

ブルー、ブラック、クリーム、ホワイト、レッド、シルバーがあります。

■模様や配色の種類

・ソリッドカラー
顔や体、脚やしっぽなど体全体が単色

・タビー
全体的にしま模様や斑点(はんてん)模様がある

・シルバー&ゴールデン
毛先のみに色がつき、根本は白色もしくは淡い色の構成

・スモーク&シェーデッド
オーバーコートの先端1/2に色がつき、残りの1/2は白色の構成

・パーティーカラー
2色の毛色がランダムに入っている

・キャリコ&バイカラー
体の1/2、もしくは1/3が白色で残りは2色以上の毛色構成

・タビー&ホワイト
体の1/2、もしくは1/3が白色で残りはしま模様や斑点模様の構成

■アイカラーの種類

ブルー、ゴールド、グリーン、ヘーゼル、オッドアイがあります。

■毛種

アメリカン・ショートヘアは短毛種(たんもうしゅ)のみです。

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/479009/


アメリカン・ショートヘアの外見はどんな感じ?

頭の形は大きく、横幅より少し縦幅の方が長めで頬が張り、体型はセミコビーと呼ばれています。アーモンドのような形をしている目は大きくてくりくり、耳は中くらいの大きさでやや離れ気味、脚も中くらいの長さですが筋肉質体型です。特に肩や胸、下半身はがっしりしています。毛並みは硬めですが、密度が高い被毛に覆われてるので寒い日や悪天候の日にも強い体つきといえるでしょう。

さらにアメリカン・ショートヘアには、脇腹から膝にかけて「プライモーディアルポーチ、またはルーズスキン」が発達していることがあります。脂肪とは別物なので、太ってるからお腹がたるんでいる?という訳ではないのでご注意を。ちなみに、日本語では「皮ひだや、原始的な袋」という意味になります。そんなプライモーディアルポーチの役割ですが、今のところ下記の2点が考えられます。

①外敵にお腹を噛まれたとき、内臓を守るため
②後ろ脚に柔軟性を持たせ、素早く走る動きを鈍らせないようにするため

またベンガルやエジプシャンマウにも、同様のプライモーディアルポーチが見られるようです。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:GC_Yatfung%27s_Brown_Cobra.jpg


アメリカン・ショートヘアの模様や配色はどうしてたくさんあるの?

恐らくですが、アメリカン・ショートヘアは色々なネコと交配を繰り返し繁殖数が増えていったため、その結果バリエーションも豊富になったのでは?と考えられています。ちなみに、アメリカン・ショートヘアの基礎といわれているのがブリティッシュ・ショートヘアです。アメリカン・ショートヘアの鼻が短いのは、その血を引いているからなんですね。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:AmericanShorthairCat.JPG

アメリカン・ショートヘアを購入するにはどれくらいかかるの?

ブリーダーやキャッテリーから購入する場合は、8~30万円ほどかかります。購入を検討する際、お気に入りの子が見つかったら、一度見学に行くのが良いでしょう。

ペットショップの場合は5~30万円と、ブリーダーから購入するより若干価格を抑えることができます。ですが、なかにはむやみに繁殖させている場合もあるので、繁殖元がはっきりしないお店からの購入は避けた方が良いかも知れません。

さらに、ブリーダーの上段資格である「キャッテリー」から購入する場合、一般ブリーダーよりも高値になることがあります。キャッテリーは、血統書発行団体である「CAF」、「TICA」の認定が必要なので、この資格を持っているブリーダーは信頼度も高く、付加価値がつくといえるでしょう。高値の理由は、信頼の証という訳です。

それ以外にも、値段に幅が出てしまう条件について、何点か紹介します。

・子ネコであること
・血統が優秀であること
・珍しいカラーや模様を持っていること

他に条件はあるものの、特に上記条件に当てはまると高額になるようです。 また、大人になったアメリカン・ショートヘアの里親を募集している場合もあります。値段も病院にかかる費用として数万円で収まる場合が多いので、ぜひ候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

アメリカン・ショートヘアの性格や特徴をもっと詳しく知りたい!

①元気いっぱいで明るい性格

アメリカでネズミ捕り動物として暮らしてきた名残りのある、活発なネコです。人懐っこくて頭も良く、元気いっぱいで明るい性格ですが、優しくて穏やかな一面もあるので、他のネコや動物もしくは小さなお子さんとも同居可能です。

②運動神経も抜群!

反射神経が良く、俊敏で柔軟性もあることから身体能力に恵まれています。そのため部屋の中を元気に走り回り、時には家具や柱などを爪で引っかいてしまうこともあるようです。これを予防するには、子ネコのときから爪切りに慣れさせて、大人になっても定期的にお手入れしてあげるのがベストです。

③頭も良いので初心者向きの品種

お留守番をさせるときは、ひとりでも遊べるおもちゃを置いてあげるのが良いでしょう。比較的トイレや食事などのしつけもしやすく、ネコを初めて飼う初心者向きの品種となっています。

④抱っこされるのは少し苦手かも

個体差もありますが、抱っこは苦手かも知れません。これはアメショ以外のネコも同じことがいえますが、陸地や草むらを走りまわることが多かったアメショにとっては、特に地面から足が離れてしまうと不安に感じる場合があります。ですが飼い主さんが床に座っている際、ひざの上に乗って甘えてくることはあります。そんなときは無理に抱き上げようとせず、座ったまま体や頭をなでてあげてくださいね。

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:American_shorthair_blotched_tabby.jpg


アメリカン・ショートヘアのかかりやすい病気ってなに?

アメリカン・ショートヘアのかかりやすい病気は「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」、「下部尿路疾患(かぶにょうろしっかん)」、「慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)」があります。

①肥大型心筋症

心臓の筋肉が厚くなり、それによって心臓の収縮が上手くいかなくなってしまう病気です。遺伝が原因で発症することが多いため、具体的な予防法はまだ見つかっていません。

発病後、目立った症状が出ない場合もあるため、気づいた時には血栓症(けっせんしょう)を併発していることもあり、最悪の場合死に至るケースもあります。では、病気を早期発見するためにはどうすれば良いのでしょうか?結論としては定期健康診断を受けるのが重要になります。

肥大型心筋症はまだ画期的な治療法がないので完治は難しいですが、早ければ早いほど対症療法(たいしょうりょうほう)によって病気の進行を遅らせることは可能です。

②下部尿路疾患

もともとネコは昔からの名残で、水をたくさん飲む習慣がありません。その結果腎臓に負担をかけてしまい、尿路疾患になってしまうことが多いのです。

具体的には、腎臓で作られた結石が尿道などで詰まり、体の組織を傷つけてしまう「尿路結石(にょうろけっせき)」や「膀胱炎(ぼうこうえん)」があります。トイレに行く回数が減っている、もしくは血尿が出る、尿の色がいつも違うといった症状が表れたら、早めに病院を受診してください。

普段の食事や、水をあげる回数に気をつけていれば予防可能ですが、どんなに気をつけていてもかかってしまう場合があるため、できれば定期的に健康診断を受けることをオススメします。

③慢性腎臓病

腎臓に負担がかかりやすいということは「慢性腎臓病」を発症する可能性もあります。腎臓が老化など何らかの原因によって炎症が起きてしまい、最終的には機能しなくなってしまう病気です。

慢性腎臓病を予防するには、定期的な健康診断の受診が鍵となります。現時点では画期的な治療法がないため完治は難しいですが、早く見つければその分だけ対症療法(たいしょうりょうほう)にて進行を遅らせることは可能です。

また普段できる対策として、循環タイプの給水器を使う、水分を多く含むウエットタイプのエサを与える、そしておやつはあげすぎない。といった日々の習慣で予防できる場合もあります。ぜひ心がけてみてくださいね。

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/479007/

アメリカン・ショートヘアの寿命は?

アメリカン・ショートヘアの寿命は12~13年といわれています。一般的なネコの寿命は12~16年なので、平均より短いといった感じです。

Ads



参考文献

猫との暮らし大百科
https://www.anicom-sompo.co.jp/nekonoshiori/

みんなの猫図鑑
https://www.min-nekozukan.com/

Pet Smile news for ネコちゃん
http://psnews.jp/cat/

子猫のへや
https://www.konekono-heya.com/sitemap.html

いぬと暮らす、ねこと暮らす。アクサダイレクト
https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/5924/

ねこちゃんホンポ
https://nekochan.jp/

公益社団法人 埼玉県獣医師会
https://www.saitama-vma.org/topics/猫の遺伝性疾患について/

ひだまり動物病院吉祥寺
http://www.hidamari-hosp.com/postcase/猫の下腹部のたるみ/

アイキャッチ画像
https://www.pexels.com/ja-jp/photo/479008/