カテゴリー: 魚類

グッピー

グッピーと言えば有名な熱帯魚で、多くの人が知っているのではないでしょうか。さまざまな色を持つ体、大きく広がる美しい尾びれ、グッピーは魅力がたくさん詰まった熱帯魚です。
しかし、生態をよく知らない人も多いはず。そこで今回は、グッピーの秘密を紹介します。ぜひ一緒に見ていきましょう。

アンコウ

「深海魚」と聞いて、イメージする魚は何でしょうか。深海魚の種類や名前を知らない人がほとんどだと思いますが、アンコウを思い浮かべる人が少なくないはず。
アンコウは、グロテスクなフォルムを持っています。日本では食用にされるほどメジャーな魚でもありますが、種としての生態を知っている人は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、食用にもなる身近な深海魚であるアンコウについて、詳しく見てみましょう!
なお、日本でアンコウといえば、ホンアンコウ(別名:キアンコウ)とクツアンコウ(別名:アンコウ)を指します。本記事では、特別な記載がない限り、クツアンコウを取り上げます。

エイ

エイと言えば、魚らしくない体と羽ばたくような泳ぎ方を想像する人が多いのではないでしょうか。
その優雅な姿は水族館でも人気があり、食い入るように見る子どももいるほど。大きな姿は見る人に感動を与えますが、実は10cm程度の小さなエイがいることをご存じでしょうか。
実はエイの種類は非常に豊富で、一般的に知られてないことはたくさんあります。たくさんの不思議を持つエイの生態を少しずつ見ていきましょう。

チンアナゴ

砂の中から長い体をひょろりとのぞかせるチンアナゴ!
しましまな模様やオレンジ色など見た目もとても可愛いく水族館の隠れた人気者ですが、チンアナゴはどうして砂の中に潜っているかどんなご飯を食べて過ごしているか知っていますか?
可愛いチンアナゴについて詳しく知っていきましょう!

タツノオトシゴ

「魚」と聞いて思い浮かべる形は平べったくて、流線型のあの「魚」でしょう。そして、その形状とはまったく違う魚として、タツノオトシゴが存在します。
タツノオトシゴは、名前から竜を連想できるため、子どもから人気がある種類です。
「魚」と言われてもなかなかピンとこないタツノオトシゴの生態を一緒に見ていきましょう。

マグロ

「好きな動物は?」と聞かれれば、多くの人が何かしらの動物を思い浮かべると思います。
しかし「好きな魚は?」と聞かれて、何かを思い浮かべるのは困難ではないでしょうか。もし思い浮かんだとしても、食材としての魚のことも。
食材としての魚では、海外から「日本人はマグロが好き」と思われています。たしかにマグロは、一般家庭や飲食店でも身近な食材です。
しかしマグロの生態について、詳しく知っている人は多くない印象を受けます。そこでマグロについて、生態を詳しく見ていきましょう!

マンボウ

マンボウと言えば大きな体と、愛嬌のある顔で人気のある魚です。一般的な魚と違う独特のフォルムは、一度見たら忘れられないほどのインパクト。
よく知られている魚ですが、実はその生態はまだまだ謎に包まれています。現在までに知られている生態を詳しく見ていきましょう。

クマノミ

クマノミといえばディズニーの映画「ファインディングニモ」で有名になった魚ですね。
オレンジ色に模様が入った鮮やかな色合いをしている種類が多いです。
クマノミはいつもイソギンチャクに隠れているイメージがありますね。恥ずかしがりや魚なのでしょうか?
クマノミは実際どんな魚なのか一緒に探って行きましょう。

サメ

アメリカの映画でも良く出てくる海のギャング「サメ」
とても怖いイメージが強いサメですが本当にそんなに怖い生き物なのでしょうか?
サメの事をとてもよく知っていくともしかすると・・・それほど怖い生き物では無いかもしれません。
サメとはいったいどんな生き物なのか、一緒に見ていきましょう!