カテゴリー: か行

クリリアンボブテイル

クリリアンボブテイルは、美しい毛並みとウサギのような短い尻尾(しっぽ)、足が短いルックスが印象的な猫です。
おっとりとした雰囲気があり上品な見た目ですが、実は活発で泳ぎを得意とする意外な一面を持ち合わせています。
そんな意外性のある猫・クリリアンボブテイルについて紹介します。

カモメ

カモメは海辺を優雅に飛んでいる姿を見かけることの多い、我々にとっても身近な存在の鳥です。
今回はカモメの生息地や特徴などの生態を始め、カモメの様々な魅力についてご紹介していきます。

蚊(か)

「蚊」というと、夏になるとプーンと嫌な音を立てて飛び回り、刺されるととてもかゆくてイライラさせられてしまう生き物ですよね。
倒そうと思っても跳んで逃げまわり、悔しい思いをしたことがある人も多いと思います。
でも、そんな身近な蚊がどんな特徴をもった生態なのか知っている人は少ないはずです。
今回は、そんな蚊について詳しく紹介していきたいと思います。

コモンマーモセット

コモンマーモセットはサルの中でも身体が小さく、両耳に生えた白い毛が特徴で、知能が非常に高いことから人間に近いと言われている動物です。
コモンマーモセットは野生や動物園だけではなく、ペットとしても近年人気になってきており、エキゾチックアニマルとしてペットショップで販売されるようになりました。
今回はコモンマーモセットの生息地や特徴などの生態を始め、コモンマーモセットの様々な魅力についてご紹介していきます。

紀州犬(きしゅうけん)

静かで落ち着いた性格の紀州犬(きしゅうけん)は、真面目な性格を持っている犬種です。そのため、他の日本犬よりもがっちりとしています。
生まれは、和歌山県、三重県付近の山岳地帯でウサギやたぬき、鹿・イノシシを狩る狩猟犬(しゅりょうけん)でもありました。
土地によって呼び名が変わり、「那智犬(なちいぬ)」「太地犬(たいじいぬ)」「熊野犬(くまのいぬ)」「奥吉野犬(おくよしのいぬ)」とも呼ばれていたそうです。
現在は、「紀州犬」に統一されており数少ない犬種となっています。真っ白い毛色に、きりりとした美人顔の紀州犬。
早速、紀州犬の世界を覗いていきましょう。

クラゲ

海中をふわふわと漂うクラゲは、とても幻想的です。しかし、海水浴でクラゲに刺された人も多いはず。
比較的身近な生物のクラゲ。身近な割に、意外と生態を知らないという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、クラゲの生態を一緒に観ていきましょう。
なお、本記事で取り扱うクラゲは、日本で一般的なミズクラゲです。特別な記載がない限りは、ミズクラゲを指しているのでご了承ください。

クイナ

クイナという鳥をご存じでしょうか?
私たち人間の生活圏ではあまり見られないので、「よく知らない」「聞いたことがない」という人も多いと思います。
一方で、「ヤンバルクイナ」という鳥を聞いたことがある人は多いでしょう。クイナはクイナ科の総称を示す場合と、クイナ科クイナ属の個別種を示す場合があります。
本記事では個別種のクイナという鳥を取り扱います。クイナが一体どんな鳥なのか、生態を探ってみましょう!

甲斐犬(かいけん)

甲斐犬(かいけん)は、しっかりとした脚と体格を持つ中型の日本犬です。耳は立ち耳でしっぽは、巻き尾または差尾(さしお)が特徴です。
毛色は、黒虎毛・赤虎毛・虎毛の3種類。全て縞模様(しまもよう)で、黒虎毛は黒がベースの赤茶の模様(もよう)、赤虎毛は赤みを帯びた茶色で黒の模様がはいっています。中には、虎毛ではない単色の子も生まれるようですが、公式の甲斐犬とは認められてないようです。
舌の色は、北方起源(ほっぽうきげん)のスピッツ同様(チャウチャウや北海道犬など)、青黒い個体の甲斐犬も存在しています。
性格は、「冷静」「勇敢」「一代一主(いちだいいっしゅ)」。気が荒いイメージもある甲斐犬ですが、じつは温厚で愛される家庭犬としても人気です。さっそく、甲斐犬の世界を覗いてみましょう!

コウノトリ

「コウノトリが赤ちゃんを運んできてくれる」という言い伝えで有名なコウノトリですが、実際はコウノトリではないのです。
違う鳥をコウノトリと思い、そのまま言い伝えられ有名になってしまいました。
それでは本当のコウノトリはどんな鳥なのか紹介していきます。

カメレオン

今では、ペットショップや爬虫類専門店で手軽に購入することができるようになったカメレオン。不思議な動きをする目玉や、様々な色に変化する体、くるくるうずまきのかわいいしっぽなど、魅力が多い生き物です。今回は、そんなカメレオンの不思議を徹底解説していきます。家で飼うにはどんな準備をすればよいのかも紹介します。