カテゴリー: か行

カワセミ

カワセミは私たち人間にとっても身近な鳥で、人間の生活圏で観察できます。スズメやカラスと違って、鮮やかな体を持つカワセミは愛好家の間でも人気がある鳥です。
そんなカワセミが、実は宝石のヒスイと深い関わりがあることをご存じですか?鮮やかな青色の体ですが、実は青くないということをご存じですか?
本記事ではカワセミのさらなる魅力に迫ってみたいと思います。

コンドル

実際にコンドルを見たことがなくても、「コンドルは飛んでいく」という曲は知っているという人も多いことでしょう。
コンドルはアンデスの先住民にとって、非常に神聖な生き物だとされています。
そんな彼らはエクアドルとコロンビア、チリの国鳥に指定されていて、アンデスの神話にも登場します。
この記事で世界最大級の空を飛ぶ鳥、コンドルの特徴や秘密をのぞいていきましょう!

コクチョウ

あなたは全身の色が真っ黒な、不思議なハクチョウ(白鳥)がいることを知っていますか?
コクチョウ(黒鳥)と呼ばれる黒色のハクチョウは、オーストラリアやニュージーランドに生息しています。
彼らはかつて存在するはずがない生き物だと考えられ、無駄な努力の象徴にされていた時期もあったそうです。
そんなコクチョウにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

キジ

突然ですが、あなたは日本の国鳥を知っていますか?
意外と知られていませんが、日本の国鳥はツルでもトキでもなく、実は桃太郎のおともとして有名な鳥「キジ」です。
キジは目にも鮮やかな色合いが特徴の野鳥で、古くからさまざまな物語に登場するなど、私たち日本人にとっては比較的身近な存在です。
そんなキジにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

コーニッシュレックス

いきなりですが、ここでクイズを出します。スラリと伸びた手足&小顔の持ち主。別名、「ネコのグレーハウンド」とも呼ばれている動物は何でしょう?
答えはコーニッシュレックスです!日本で見かける機会は少ないため、初めて名前を聞いた。という方も多いはず。ちなみに、スタイルが良いほか、巻き毛の被毛をまとっているのも特徴なんですよ。
それ以外にも、このページにはコーニッシュレックスに関するたくさんの秘密が隠れています。早速、その秘密を探りに行きませんか?

キュウカンチョウ

人の言葉を上手にまねしておしゃべりすることで有名な鳥、キュウカンチョウ。
キュウカンチョウはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。
しかしとある事情から捕獲が禁止され、今ではほとんどその姿を見ることはできなくなってしまった鳥でもあります。
そんなキュウカンチョウにはどんな特徴や歴史があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

カナリア

赤色や黄色、白色の美しい見た目とさえずりが特徴のペットとして飼われる小鳥、カナリア。
カナリアはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。
しかしいつの間にか飼育する人が少しずつ減り、ペットショップでその姿を見かけることも少なくなってしまいました。
そんなカナリアにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

クモ

クモといえば「スパイダーマン」のモデルとなった生き物ですね。
スパイダーマンはカッコ良くて人気があります。
しかし、実際のクモには苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?8本の長い手足を持った独特な姿を見ると、近づくことに抵抗を感じてしまいますね。
クモの巣を作られると取り除く手間もかかるため、あまり良いイメージはありません。ですが、クモはゴキブリなどの害虫を食べてくれているのです。
クモは実際どんな生き物なのか一緒に探ってみましょう!

カラス

あなたは「真っ黒いくちばしと羽を持つ鳥といえば?」と聞かれたら、なんと答えますか?
おそらく街中でも良く見かける身近な鳥、「カラス」と答える人が多いのではないでしょうか。
不吉や汚いといった悪いイメージを持たれがちなカラスですが、実際彼らはどんな生活を送っているのでしょうか?
この記事でカラスはどんな生態の動物なのか、どんな特徴や秘密があるのか一緒にのぞいていきましょう!

クマノミ

クマノミといえばディズニーの映画「ファインディングニモ」で有名になった魚ですね。
オレンジ色に模様が入った鮮やかな色合いをしている種類が多いです。
クマノミはいつもイソギンチャクに隠れているイメージがありますね。恥ずかしがりや魚なのでしょうか?
クマノミは実際どんな魚なのか一緒に探って行きましょう。