キュウカンチョウ

人の言葉を上手にまねしておしゃべりすることで有名な鳥、キュウカンチョウ。
キュウカンチョウはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。
しかしとある事情から捕獲が禁止され、今ではほとんどその姿を見ることはできなくなってしまった鳥でもあります。
そんなキュウカンチョウにはどんな特徴や歴史があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

カナリア

赤色や黄色、白色の美しい見た目とさえずりが特徴のペットとして飼われる小鳥、カナリア。
カナリアはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。
しかしいつの間にか飼育する人が少しずつ減り、ペットショップでその姿を見かけることも少なくなってしまいました。
そんなカナリアにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

クモ

クモといえば「スパイダーマン」のモデルとなった生き物ですね。
スパイダーマンはカッコ良くて人気があります。
しかし、実際のクモには苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?8本の長い手足を持った独特な姿を見ると、近づくことに抵抗を感じてしまいますね。
クモの巣を作られると取り除く手間もかかるため、あまり良いイメージはありません。ですが、クモはゴキブリなどの害虫を食べてくれているのです。
クモは実際どんな生き物なのか一緒に探ってみましょう!

カラス

あなたは「真っ黒いくちばしと羽を持つ鳥といえば?」と聞かれたら、なんと答えますか?
おそらく街中でも良く見かける身近な鳥、「カラス」と答える人が多いのではないでしょうか。
不吉や汚いといった悪いイメージを持たれがちなカラスですが、実際彼らはどんな生活を送っているのでしょうか?
この記事でカラスはどんな生態の動物なのか、どんな特徴や秘密があるのか一緒にのぞいていきましょう!

クマノミ

クマノミといえばディズニーの映画「ファインディングニモ」で有名になった魚ですね。
オレンジ色に模様が入った鮮やかな色合いをしている種類が多いです。
クマノミはいつもイソギンチャクに隠れているイメージがありますね。恥ずかしがりや魚なのでしょうか?
クマノミは実際どんな魚なのか一緒に探って行きましょう。

カラカル

あなたはカラカルという、耳の先に房状(ふさじょう)の毛が生えた野生のネコ科動物を知っていますか?
カラカルは特徴的な耳の毛やジャンプ力が優れていることで有名な動物で、日本でも一部の動物園で飼育されています。
そんな彼らは人になつきやすいため王族のウサギ狩りや鳥の猟に使われてきた、という変わった歴史を持っています。
この記事でカラカルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

カマキリ

昆虫の中でも最強クラスのハンター「カマキリ」は、昆虫好きにはたまらない人気者。
ジッと身を潜め、獲物に瞬時に襲い掛かり、鎌で押さえつけムシャムシャと食べる獰猛(どうもう)な姿。翅を広げて威嚇する妖怪チックな姿。
なぜか見つめられてるみたいな不思議な複眼。美しい花や枯葉そっくりの驚くような擬態・・・等々、知れば知るほど不思議の宝庫!
カマキリのワンダーな世界へご案内しましょう。

カモノハシ

みなさんはカモノハシという生き物を知っていますか?名前は聞いたことあるけど見たことはない人が多いのではないでしょうか。
カモノハシはオーストラリアにしか生息しておらず、取引を禁じられている動物なので日本の動物園で飼育されていません。そのため馴染みの少ない動物なのかもしれません。
カモノハシは見た目が変わっているだけでなく、珍しい生態もしています。
そのカモノハシについて詳しく探っていきましょう。

コウモリ

コウモリといえばバットマンのマークのモデルになった動物ですね。黒い翼(つばさ)を大きく広げながら飛び回ります。
休むときには逆さまになりぶら下がった状態で過ごすことができます。
コウモリは夜行性(やこうせい)で暗闇に溶け込んでしまうので、見かける機会は少ないかもしれません。しかし、意外と私たちの身近に生息しているのです。
コウモリはどんな生態をした生き物なのか探っていきましょう。

カワウソ

あなたはカワウソという、とてもかわいらしい顔をしたイタチの仲間を知っていますか?
SNSやテレビ番組で見かける機会が多いこと、多くの動物園や水族館で飼育されていることから実際に見たことがある、カワウソが好きだという人も多いのではないでしょうか。
そんなカワウソが、実はほんの少し前までは日本にも生息していたことを知っていますか?
この記事でカワウソにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!