カテゴリー: あ行

ウミネコ

あなたはウミネコという、主に海辺に生息しているカモメの仲間を知っていますか?
ウミネコ最大の特徴、それは「ミャーオ」というまるで猫のような特徴的な声で鳴くことです。
しかしウミネコの鳴き声は知っていても、意外とそれ以外の生態については知らないという人も多いのではないでしょうか。
この記事で日本を代表するカモメの仲間、ウミネコの特徴や秘密に迫っていきましょう!

ウグイス

「ホーホケキョ!」
耳ごこちのいい鳴き声のウグイスは、春の風物詩として誰しも知る鳥です。美しい鳴き声は、わたしたち人間の間でも「ウグイス嬢」といった比喩に使われます。
そんな有名なウグイスですが、鳴き声以外の特徴を知っている人は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、ウグイスの生態について深掘りします。もっと詳しい鳴き声の秘密や意外な天敵などを見ていきましょう。

アカゲラ

「アカゲラ」という名前の鳥を知っていますか?「キツツキ」と聞くと思い浮かべやすいでしょうか。
そうです。そのキツツキの代表とされる鳥がアカゲラなのです。
一般にキツツキと言われる鳥には「ゲラ」や「ケラ」という名前がついていて、キツツキという鳥はいないのです。
名前の由来も気になるところですが、その生態についても紹介していきます。

秋田犬(あきたいぬ)

秋田犬(あきたいぬ)といえば「忠犬ハチ公の物語」を思い出す人も多いですよね?渋谷駅の銅像になっている秋田犬が「忠犬ハチ公」です。
忠犬ハチ公こと、ハチは主人で合った大学教授の斉藤氏が、講演の途中に倒れて帰らぬ人になってしまった後も、渋谷駅で主人を待ち続けていた犬として、有名になりました。
忠実な性格の秋田犬の特徴を感じられ、物語や映画になったほど。
優しい顔に、どっしりとした体格。どんな特徴や性格なのでしょうか?早速、秋田犬の世界を覗いてみましょう!

アイスランド・シープドッグ

アイスランド・シープドッグという犬を知っていますか?名前を聞いたことがない方もいるのではないでしょうか。日本ではブリーダーがいないのでその姿もほとんど見られません。ですが日本犬に似ているので馴染みがあるような見た目です。そんなアイスランド・シープドッグを紹介します。

アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャーは日本ではあまり見かけませんがとても歴史のある犬です。
鼻が低く、猿のような顔立ちをしているアーフェンピンシャーは愛嬌があり、国内でもファンが多いのです。
そんなアーフェンピンシャーを紹介していきます!

イタリアン・グレーハウンド

日本では「イタグレ」と略して呼ぶことも多いですが、姿を思い浮かべることができない方も多いのではないでしょうか。凛とした美しい佇まいをしている高貴なイタリアン・グレーハウンドを見てみましょう!

エゾナキウサギ

お目目がくりくりのとてもかわいい野生動物エゾナキウサギ!山登り中でも出会えたらラッキーと言われる珍しい動物です。
見た目の特徴や鳴き声など、ウサギらしくない特徴をたくさん持っています。小さい体でとても寒いところで暮らすエゾナキウサギについて紹介します。

アンコウ

「深海魚」と聞いて、イメージする魚は何でしょうか。深海魚の種類や名前を知らない人がほとんどだと思いますが、アンコウを思い浮かべる人が少なくないはず。
アンコウは、グロテスクなフォルムを持っています。日本では食用にされるほどメジャーな魚でもありますが、種としての生態を知っている人は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、食用にもなる身近な深海魚であるアンコウについて、詳しく見てみましょう!
なお、日本でアンコウといえば、ホンアンコウ(別名:キアンコウ)とクツアンコウ(別名:アンコウ)を指します。本記事では、特別な記載がない限り、クツアンコウを取り上げます。

イエローアイドペンギン

別名「失われた森の住人」。今回このページでご紹介するのはイエローアイドペンギンという、ちょっと珍しい鳥です。
頭部や目が黄色に輝き、とても神秘的な姿をしているペンギンといえるでしょう。ちなみに、ニュージーランドの5ドル札にも描かれているため、ニュージーランドでは最も有名なペンギンなんだとか。
日本から遠く離れた国で彼らはどんな生活を送り、命を繋いでいるのでしょうか?
早速、その秘密を覗いてみましょう!