ペンギン

出典:https://pixabay.com/images/id-1975157/

よちよち歩く姿がかわいい、水族館でも人気のあるペンギンです!
水族館の人気者だけじゃない!ペンギンの意外な性格や姿など・・・
これは知らなかったというペンギンのひみつがあるかも知れませんね!
ペンギンの不思議な世界を一緒にのぞいてみませんか?

Ads

~基本情報~

鳥網ペンギン目-ペンギン科

体長40~120cm 体重1.2~45kg

主に南極大陸のある南半球(みなみはんきゅう)やガラパゴス諸島に暮らしています。

飛ぶ力はほとんどなく、その代わり足にある水かきが発達したため水中での生活を得意としています。ほとんどの品種(ひんしゅ)は地上や地面の下に穴をほって巣を作ります。

繁殖期は品種によって異なりますが、ペンギンの場合集団繁殖(しゅうだんはんしょく)を始めることが多いです。なかには1年を通して繁殖できるペンギンもいます。

1度の産卵で産む卵の数は1~2個が多いです。基本的にオスとメスが交代で卵を温めるのですが、まず最初はオスから温める。ということがあります。

私たち人間や他の動物にもいえることですが、出産や産卵はとても疲れてしまう出来事なので終わった後体力はものすごく消耗(しょうもう)しています。ペンギンの場合、産卵を終えたメスは体力を消耗しているので回復させるためにエサを食べ始めなければなりません。

そこでメスが海へと行っている間にオスは卵を守る意味を含めて、待っている間卵を温めているという訳です。もちろん品種によっては、メスの方から先に温めるという場合もあるようです。だいたい30~70日後にはヒナが生まれます。

また、自分の親以外のペンギンが協力して子育てをする品種もいます。これを共同保育所(きょうどうほいくじょ)フランス語でクレイシと呼びます。

そしてペンギンの寿命は約20年ほどです。なかには26年と少しだけ長生きしたペンギンもいました。

ペンギンは主にイカやタコ、魚や動物プランクトン、エビやオキアミなどを食べる肉食動物です。ペンギンには噛み砕く歯がないので基本的に丸のみして食べます。

この時必ず頭の方から口に入れるのですが、これにもちゃんとした理由があります。

魚のウロコは頭の方からしっぽに向かって生えているので、もし仮にしっぽの方から飲み込んでしまうと魚のウロコがのどに引っ掛かってしまう可能性があります。それを防ぐためにも、ペンギンは必ず魚を頭の方から飲み込んでいるという訳です。

出典:https://pixabay.com/images/id-5509773/
出典:https://pixabay.com/videos/id-4105/

Ads

ペンギンのQ&A

ペンギンはどうして空を飛べないの?

鳥といえば大空を羽ばたいて生活しているイメージがありますが、ペンギンも鳥の一種なのになぜ空を飛べないのでしょうか?

理由のひとつに生息地である南半球が関係しています。基本的に南半球は北半球(きたはんきゅう)と比べて海が多いところです。

海にもペンギンを襲おうとする天敵(てんてき)はいるのですが、陸地(りくち)が多い北半球と比べると少ない方です。敵に襲われることが少ないこともあって、ペンギンは順調に繁殖することができました。

また海が多いということは、海中でエサを探す必要があります。そのためペンギンの羽は潜水(せんすい)に特化(とっか)できるよう進化してきました。

海にもぐり魚を捕まえて食べる生活が定着した結果、空を飛ぶ必要性がなくなったと考えられています。

出典:https://pixabay.com/images/id-5648716/





ペンギンは寒い場所でも暮らしていけるのはなぜ?

南半球といえば1年をとおしての平均気温がマイナスにもなるとても寒い場所です。そんな過酷(かこく)なところでもペンギンが生きていけるのはなぜなのでしょうか?

実はペンギンの体は分厚い皮下脂肪(ひかしぼう)とたくさんの羽毛におおわれています。脂肪と羽毛が体の熱を逃がさないようになっているので、とても寒い場所でも暮らしていけるという訳です。

そんなペンギンですが寒さを感じるときもあるようで、ペンギン同士が集まってハドルとよばれる円陣(えんじん)のおしくらまんじゅうを作り寒さをしのぐこともあるようです。

出典:https://pixabay.com/images/id-429127/



ペンギンの名前の由来は?

あまり深く考えたことはないかも知れませんが、そういえばどうしてペンギンはなんとか鳥・・・ではなくペンギンというのでしょうか?これについて有力な説は2つあります。

まずひとつはラテン語で「ピングウィス」、またはスペイン語で「ペングウィーゴ」が転じてペンギンになったのでは?と考えられています。「ピングウィス」は「太っている」という意味で、「ペングウィーゴ」は「太っちょ」という意味です。確かにペンギンは分厚い皮下脂肪におおわれているので、あっているような気もしますね。

そしてもうひとつは、古代ウェールズ語で「ペン・グィン(白い頭)」という言葉がペンギンになったのでは?という説です。

またその昔には、ペンギンの元祖(がんそ)になる鳥が存在していて、「オオウミガラス」とよばれていました。今では絶滅(ぜつめつ)してしまいましたが、本来ペンギンとよんでいたのは「オオウミガラス」のことであって、それが今生息している鳥(ペンギン)に引き継がれたのではないかという話もあるようです。

出典:https://pixabay.com/images/id-429134/




ペンギンの足が短いのどうして?

ペンギンが短い足でよちよち歩く姿はとてもかわいいですよね。でもペンギンの足って実は面白い仕組みになっているのです。

私たちが見えているペンギンの足はごく一部であり、本当は足が長い動物なのです。

体の中にある皮下脂肪に足が埋もれており、簡単にいうと足をおりたたんだ状態で立っていて、まるで人が空気イスに座っているかのようにも見えます。

あの羽毛の中に足が埋まっているなんて・・・そんな想像をしながらペンギンの姿を見るのも面白いですね。

出典:https://pixabay.com/images/id-3427135/




ペンギンってペットとして飼えるの?

かわいらしい姿が人気のペンギンですが、体もさほど大きくないですし、犬や猫のように家で飼育することはできるのでしょうか?

結論からいうと、可能です。しかしペンギンを飼育するのは色々と大変なことが多いようです。

まずペットショップでは売っていないので、探すことから始めなければなりません。南半球などに生息している野生のペンギンを捕まえることは禁止されているので、ペット用として飼育、もしくは繁殖したペンギンでなければなりません。めずらしい動物を輸入している代行業者(だいこうぎょうしゃ)などにお願いする必要があります。

いずれにしても登録票などの用意や時間と手間もかなりかかるようです。ちなみにお値段は1羽100万以上です。

出典:https://pixabay.com/images/id-429125/

水族館などでペンギンを見たことがあるなら分かるかも知れませんが、大量の水とエサも必要になります。

また主なエサとなる魚介類(ぎょかいるい)を毎日食べるのでうんちのにおいがとても臭いです。そして意外にも鳴き声が大きく、人によってはうるさいと感じてしまうぐらいです。

そして万が一ペンギンが病気にかかってしまった時、水族館とは異なるのでペンギンを診察してくれる獣医さんもなかなか見つけることができません。本当に覚悟がある場合でないと個人で飼育するのはとても大変なことなのです。



ペンギンの耳は良いって本当?

そもそもペンギンの耳ってどこにあるのか、よく分からない人もいると思います。

肉眼ではとても見にくいのですが、実は目の少し下横あたりに穴が開いていてそれがペンギンの耳と言われています。

タイトルにもあるとおりペンギンの聴力(ちょうりょく)はとても優れていて、群れの中にいても家族や仲間の鳴き声を聞き分けることができるといわれています。

出典:https://pixabay.com/images/id-329849/



ペンギンは人懐っこいって本当?

ペンギンの性格は基本的に人を怖がることが少ないといわれています。

もちろん品種によって性格は異なるので全てのペンギンが人間に寄ってくるという訳ではありません。

なぜそのような性格をしているのか?詳しいことはあまり分かっていないのですが、ほかのQ&Aでも紹介したように、ペンギンは天敵が少ない場所で暮らしています。

もし仮にそこへ立ち入ってくる人間がいたとすると、外敵に遭遇(そうぐう)する機会の少ないペンギンにとっては私たち人間のことを何だかよく分からない・・・謎の得体(えたい)の知れない動物と思われている可能性があります。

つまり人懐っこいというより、好奇心(こうきしん)のひとつとして人間に近づいているのでは?とも考えられています。

敵か味方かよく分からないけど、とりあえず近づいていって調べてみよう。味方だったらいいけど、もし敵だったら仲間を守らなきゃ!私たち人間はペンギンからそんな風に見られているのかも知れませんね。

出典:https://pixabay.com/images/id-2204569/

Ads

ペンギンの種類

・コウテイペンギン
・キングペンギン
・アデリーペンギン
・ジェンツーペンギン
・ヒゲペンペンギン
・ガラパゴスペンギン
・ケープペンギン
・フンボルトペンギン
・マゼランペンギン
・フィヨルドペンギン
・シュレーターペンギン
・スネアーズペンギン
・マカロニペンギン
・ロイヤルペンギン
・イワトビペンギン
・キンメペンギン
・コガタペンギン
・ハネジロペンギン



参考文献

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

PetPedia
https://petpedia.net/article/418/penguin

サンシャイン水族館
https://sunshinecity.jp/aquarium/animals/penguin.html

海遊館
https://www.kaiyukan.com/connect/blog/2017/09/post-1389.html

鳥の不思議な生活 築地書館 (2016/1/19)

ぺんたん
https://pentan.info/penguin/male_sitson_egg.html

万物の寿命まるわかり事典
http://www.lance4.net/banbutuno-jumyo/z0196.html

Penguin Library
https://www.hoshizaki.co.jp/penguin_island/penguin/html/giant.html

アイキャッチ画像
https://unsplash.com/photos/j-udI4zim2E